FC2ブログ
草 履

タイトルの漢字、実物を見たことがない若者の多くは読めないかもしれませんネ。 

今日は、その


 ぞうりの日

なのだそうです。


語呂合わせとか歴史的な出来事があったわけではなく、単に七五三や正月などこれを履く行事の多い時期が近いことからっていうのが、制定の理由なんですって。

草履とは、鼻緒がついた日本の伝統的な履物。
明治時代以降、洋靴が普及するまでは広く使用されていました。


       

昔は藁などの天然素材で作られていましたが、最近ではコルクやウレタン・ゴムなどのソールを皮革・布・ビニールなどで覆うものが主流。

とは言え、女性が和服を着る時以外、この草履を履く機会は殆どないかもしれません。


しかしこの草履・・・健康に良いってご存知ですか?

鼻緒を親指と人差し指で挟んで踏ん張ることで足の筋肉が鍛えられ、土踏まずの形成や外反母趾の防止に効果的なんですって。。

そして裸足で履くため蒸れず、水虫予防にも。

また靴底が厚いスニーカーなどに比べて安定性が高く、X脚やО脚になりにくく、美脚に効果的なのだそうな。

してみると、良いことづくめ・・・ご自宅でサンダルを利用されている方が多いと思いますが、是非草履に変えてみてはいかがでしょうか?

では、ここでクイズです。


【草履と草鞋(わらじ)の違いは?】


改まってそう聞かれると、ちょっと面食らいますょネ。

草履が鼻緒でひっかけるように履くのに対し、草鞋は全部から長い〝緒〟が出ており、それを側面の〝乳(ち)〟と呼ばれる小さな輪と、踵から出ている〝かえし〟と呼ばれる輪に通し、足首に巻いて縛るもの。

草履より長距離を歩きやすいため、昔の旅人は皆これを履いていたのです。


       


※余談ですが、私は草履と聞くとすぐに豊臣秀吉が信長に仕官した直後に草履取りを務めていた時、草履を懐で温めて信長の覚えがめでたくなった、という逸話を思い出します。

が、この話が初めて登場するのは江戸中期以降の 『絵本太閤記』 で、後日の創作である可能性が極めて高いとか。

私も作り話だと思ってますが・・・気配り上手の秀吉なら、本当にやりそうですょネ


                人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック