FC2ブログ
即 応

形式的で不親切・非効率ぶりを揶揄する言葉・・・と言えば、〝お役所仕事〟。


過去に市役所や区役所などで遅かったり無責任な対応に怒りを感じた方は、私を含め多数いらっしゃるでしょう。


それでも一昔前に比べれば、窓口を訪れた人を〝お客様〟として扱うようになった役所が大分増えてきたようには感じます。


そういったサービス精神溢れる(?)お役所・・・というイメージのハシリとなった、有名なセクション

 すぐやる課

が千葉県の松戸市役所に誕生したのが、今からちょうど50年前の今日・1969(昭和44)年10月6日のことでした。


    


当時の松戸市は首都圏のベッドタウンとして人口が急増し、同年には23万人を突破する勢いでした。


これに道路・上下水道の整備が追いつかず、また市民からの苦情・要望に対して旧態然とした役所組織では、何重もの決済を経なければ対応できなかったとか。


そこで松戸市は、「市役所は〝市民に役立つ所・市民にとって役に立つ人がいる所〟」 をモットーとして、この日本初の即応部門を設置したのです。

この設置を発案したのが、当時の松本清・松戸市長。


        

そう、あのドラッグストアチェーン 『マツモトキヨシ』 の創業者その人だったんです。

 ※松本氏に関する過去記事は、こちら。(↓)



やはり立志伝中の人物・アイデアマンは、やることが一味違いますね。


同課の設置条例案が可決されたのが10月4日で、設置がその僅か2日後だったところも、すぐやる課の面目躍如と言ったところでしょうか。

初代課長は、元自衛官だった
臼井銀次郎さん。


そして初仕事は、「子供が熱を出したのに剣道大会に行っている夫と連絡が取れない」という要望で、お父さんを探すことだったとか。

携帯電話の無い時代ならでは、ですネ。

しかし当初は 「すぐやる」 を 「何でもやる」 と勘違いする市民が多かったそうで、結婚相談まで持ち込まれたことも。

当初は道路の穴埋めや側溝のつまり除去など土木関係の依頼が多かったそうですが、平成30年度の集計では出動件数・2,746
件 うち最も多かったのはスズメバチなどの巣の駆除 で1,663件と、全体の約60%を占めており、累計総件数は157,805件に上るとのこと。

この課に配属された職員は大変でしょうが、様々なことを体験・勉強できるでしょうネ。

このすぐやる課は世間の注目を集め、1977(昭和52)年にTVドラマ化されたこともあり、全国300以上の自治体に設置されたそうですが、中には東京・世田谷区のように廃止されたところも少なくないとか。

皆さんのお住まいの自治体には、この課は存在しているでしょうか?


あれば幸い・・・ですが、本来はこの課があろうがなかろうが業務をすぐやるのは当たり前なんですけどネ。うー


                人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック