FC2ブログ
8 時

今は地上波・BS・CS等々で様々なテレビ番組を楽しめますが、私のような昭和世代が子供の頃は「これっきゃない!」っていう番組がありました。 それは、


8時だョ! 全員集合


この延べ16年間、放送回数803回、最高視聴率50.5%叩き出した超人気お化け番組の第1回が放映されたのが、今からちょうど50年前の今日・1969(昭和44)年10月4日のことでした。


     


一時期を除いて、ほぼ毎週土曜の午後8時ジャスト・・・いかりや長介さんの「8時だょ!」という掛け声に、「全員集合!!」とブラウン管に向かって叫んでいた小学生の頃。


ドタバタコントや少年少女合唱隊、カトちゃんの「ちょっとだけョ」やヒゲダンス、荒井注の「なんだバカヤロウ」、また志村けんの『東村山音頭』等々・・・。


今から思えばほぼ同じネタの繰り返しなのに、毎週TVの前で笑い転げていた、単純なワタシ。


私の本棚には、この番組を育てた元TBSの名物プロデューサー・居作昌果氏による


 『8時だョ!全員集合伝説』 (双葉社・刊)


があります。


       


そしてもう一冊、リーダーのいかりや長介さんの著作も。

 
※この本を含めたいかりやさんに関する過去記事は、こちら。(↓)




この2冊を読み比べると、番組の制作責任者とグループのリーダーが、この番組に如何にして取り組んだか、また視聴者を笑わせ続けるために苦しんだ様子が微妙な立場の違いを通して立体的に伝わってきます。


ほぼ毎週の生放送の中で起こったケガや火災、そして停電。

メンバーの不祥事による欠員や入れ替え。

そして裏番組との激烈な視聴率競争等々・・・。


幾多の試練を乗り越えていくスタッフやメンバーからは、現在のように下請制作会社が番組を作ってVTR編集する製作スタイルからは想像がつかない程の緊張感やエネルギーが漲っていたのですネ。


この番組の、そしてドリフターズ・ファンだった方々には、是非ご一読をオススメします。 


いかりやさんといえば、若い方々には 『踊る!大捜査線』 のベテラン刑事役のイメージが強いかもしれませんが・・・私は番組オープニングでのハッピ&鉢巻姿が今でも脳裏に焼きついています。


そして荒井注さんの葬儀でしみじみとしたお別れの言葉を語りかけた彼の姿も忘れることができません。


そのいかりやさんも鬼籍に入り、カトちゃんが弔辞を読んだのはもう15年も前のこと。

 

・・・時の流れは早いです。うー


それでは昭和のギャグをご覧いただきつつ、昔を懐かしみましょう。



 


                人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック