FC2ブログ
浮 遊

今日・9月20日は、

 空の日

なのだそうな。 


1940(昭和15)年に『航空の日』として制定されたものの、戦時中に中断。

1953(昭和28)年に復活し、これを運輸省(現・国交省)航空局が1992(平成4)年に『空の日』と改称しました。


記念日制定の由来となったのは、今から108年前の今日・1911(明治44)年9月20日に、国産飛行船が滞空時間1時間の東京上空一周飛行に成功したこと。

この飛行船を制作したのは、山田猪三郎という方。

       

彼は、1864(文久3)年に和歌山藩士の家に生まれました。

そして1886年に地元・和歌山県沖で起きた〝ノルマントン号事件〟で多くの犠牲者が出た事を知り、救命具の開発を志したと言います。

 ※ノルマントン号事件に関する過去記事は、こちら。(↓)


 



それを実現すべく、彼は1888年に大阪に出て外国人からゴムの性質や製造法を学ぶと、4年後に上京。

救命具の製作を始め、日清戦争が勃発した1894年に現在の大田区内に気球製作所を創業。

その後社名通り軍用気球の製作に転じて1900年には山田式気球の特許を取得すると、同社の気球は日露戦争でも用いられました。


そして1909年にアメリカ人のC・K・ハミルトンが飛行船の公開飛行をしたことを受け、彼も飛行船の開発に着手。

そして1910年9月に50馬力のエンジンをつけた山田式1号飛行船で自由飛行に成功すると、翌年2月には2号船で大崎から青山練兵場(現・神宮外苑)までの飛行に成功。


       

その2号船は強風により係留中に破壊されたものの、即座に3号船を制作して初飛行に成功すると、同船で1911(明治44)年9月20日に東京帝都巡回飛行に成功したのです。

山田氏はその2年後に逝去されましたが、彼が創業した気球製作所は現在でも気象庁・防衛省・JAXAなど多くの官庁・研究機関に観測用気球を納入しているそうです。

さて現在7月の第3月曜日が『海の日』、8月11日が『山の日』が祝日です。

もしかしたら、9月の 『空の日』 も祝日にして、9月第3月曜日の 『敬老の日』と 22~24日の 『秋分の日』 と合わせて〝秋のGW〟にしよう・・・なんて話が、出てくるかも?


                人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック