FC2ブログ
後 方

今年2月から17年ぶりにゴルフを再開してから、5ヶ月が経過。

夕食抜きダイエットを続けて現在14kg減、おかげで身体のキレも戻ってきました。(とは言え、筋力の衰えは否めませんが・・・。)

そしてグリップも変えたことも、いい結果に繋がっています。



ということで、今月中旬からリハビリの最終段階に。

それは、バック・ティーを使用すること。

ゴルフをされる方に説明は不要でしょうが、通常アマチュア・ゴルファーは白マークすなわちフロント・ティーからプレーします。

ただし月例などクラブの公式戦では、その白ティーより後方にある青マーク=バック・ティーを使用するのが一般的。

コースによってフロントとバック・ティーの距離差は違いますが、私の所属するクラブはその差が比較的大きいんです。

例えばスタートの1番ホール・やや右ドッグレッグのPar4は、バック・ティーだと長い方で448ヤード。

    

フロント・ティーは30ヤード前ですから、右の斜面上を狙ってショートカット出来ますが、バックティーだとそれが出来ず。

ナイスショットしてもグリーンまで200ヤード前後残りますから、2打目がアイアンでは届かない、出だしからタフなホールに。


バック・ティーからコースを見ていただくと、距離の違いがお分かりいただけると思います。



白→がフロント・ティー。 


その前にある黄→はグランド・シニア・ティーで70歳以上の方が使用する金玉・・・いや金色マークですが、ウチの女王様はレディース・ティーより後ろにあるこのティーでプレーしています。

バック・ティーとの差は、約80ヤード。

また途中のパー5では、フロント・ティーからナイスショットすれば超えるフェアウェー真ん中の木(下写真緑〇)が、50ヤード後方のバック・ティーからは超えられず、前方を遮る障害物に・・・。



ちなみにここの金色マークは、バック・ティーより100ヤード以上前。

そして総トータルではフロントとバック・テイーの差が769ヤードで、1ホール平均42.7ヤード。

200ヤード前後のショートホールも2つありますから、ゴルフをなさる方なら如何にタフなコースに変身するか、想像いただけると思います。

故にセカンドショットはフェアウェイ・ウッドやユーティリティー、ミドルアイアンなどを多用せざるを得ず、しかも2グリーンで小さいため私のレベルではパー5以外殆どパーオンできません。

ですから、スコアメイクの決め手はアブローチ。

先日は運よく37・38の75でラウンドできましたが、ご覧の通り(赤↓の)パット数が10・11。

つまり殆どのホールを寄せワンで凌ぐという、我慢の連続でした。




まさに我が人生そのもの(?)のようなプレーでしたが、これも修行の一環ですネ。

おかげでアプローチだけは上達しそうですが、バック・ティーでバーディー取れるようになったら、リハビリ完了宣言・・・かナ?

(10年後に70歳になりますが、金色ティーでは意地でもプレーしたくないですワ。)

【おまけ】

そんな私を、小鹿のバンビがお出迎えしてくれました~。


      

って、近づいたら怯えるようにピョンピョン逃げちゃいましたけど・・・。


                人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック