FC2ブログ
純 白

私が子供の頃だった昭和30年代後半から40年代前半・・・当時はコンビニもペットボトルもない時代。

暑い夏によく飲んだものといえば、オフクロが作ってくれた麦茶と


 カルピス


冷たい水で割った真っ白なカルピスの中に氷を入れるとキラキラ光って、見ているだけでも涼しげでしたっけ。

その昔懐かしいカルピスが発売されたのが、今からちょうど100年前の今日のことでした。


この画期的な商品を開発したのは、同社の創業者・三島海雲氏。


         


1878年に大阪・箕面市の教学寺の長男として生まれた彼は自身も得度した僧侶でしたが、同時にアイデアマンでもありました。


お寺に生まれながら英語教師になった彼は、編入した仏教大学で勧められて1902年に中国大陸へ渡り教師をしていましたが、やがて日華洋行という雑貨販売会社の経営を始めます。


その仕事の関係で内モンゴルを訪れた際に、遊牧民が毎日飲んでいた酸っぱい乳・・・『酸乳』 と出会います。


これを飲んで長旅の疲れを癒した三島氏は、帰国後の1917年にラクトー株式会社を設立。


様々な乳製品を開発・販売したのち、1919(大正8)年7月7日に日本初の乳酸菌飲料である 『カルピス』 を発売したのです。


            

                発売当初のカルピス


この商品名は、当初カルシウムの〝カル〟と古代サンスクリット語の最高に美味しい醍醐味という意味の〝サルピルマンダ〟から取って『カルピル』になる筈でしたが、語呂が悪いと却下され、『カルピス』に。


この命名に関して三島氏から相談を受けた音楽家・山田耕筰氏が


カルピスというのは、母音の組み合わせがとても開放的かつ堅実性があって良い。 発展性が感じられるから、きっと繁盛する。」


と太鼓判を押してくれたことで決定したとか。


広告に拘りを持っていた三島氏は、1922年には甘酸っぱいカルピスを当時としてはモダンな〝初恋の味〟というキャッチコピーで売り出して注目を集めました。(↓)

           


※この〝初恋の味〟というキャッチコビーも、文学寮時代の後輩だった驪城(こまき)卓爾から 「甘くて酸っぱいカルピスは初恋の味だ。これで売り出せば?」 と提案されたことがキッカケだったとか。


更に翌1923年に起きた関東大震災直後には、トラックを手配して被災者に冷たいカルピスを配ってその商品名は全国区に。。


さて若い方はご存じないかしれませんが、私を含めた中高年の方はカルピスといえば、このロゴマークをイメージするのでは? (


          ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草


これは、社名をカルピス製造株式会社に改称した1923年に、第一次世界大戦後のインフレで苦しむドイツや欧州各国の商業美術家救済事業として公募したポスターデザインに集まった1,400点以上の中から、第3位に選ばれたドイツ人オットー・デュンケルスビューラー氏の作品。


バナマ帽をかぶった黒人が笑顔でカルピスを飲んでいる姿が印象的です。


しかし長年親しまれてきたこのロゴは、黒人差別だという一部の団体の圧力に屈する形で1990年に姿を消してしまいました。


ちびくろ・さんぼ同様、私にはどこが差別なのか全く理解に苦しみます。


※ちびくろ・さんぼに関する過去記事は、こちら。(↓)
https://ameblo.jp/warmheart2003/entry-12327918939.html


むしろそれで騒ぐこと自体が差別だと思うのですが、大変残念な出来事ではありました。


一時低迷していた売り上げは、1991年に水で薄めず最初から飲めるようになった〝カルピスウォーター〟が大ヒットしたことで急回復。

現在でもこれが主力商品になっているようですが・・・私としては、


【カルピス=冷水で薄める飲み物】


という幼児体験から脱却できず、どうしてもウォーターを自販機で買って飲む気になりません。


逆にカルピスウォーターしか知らない若者は、水で薄める飲み方なんて気持ち悪いかもしれませんネ。

貴方は、薄める派? それとも、ウォーター派?
 あせあせ


                人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック