FC2ブログ
ハンチョ

一昔前、それまではニュースの1コーナーに過ぎなかったスポーツニュースが、『プロ野球ニュース』 の登場によってひとつの番組として独立・・・多くのプロ野球・スポーツファンを喜ばせました。


そのパイオニアともいえる番組に、当代随一のメジャーリーグ通の解説者として出演していたのが、


 伊東 一雄


アメリカ独立記念日の今日・7月4日が、奇しくも彼の命日なのです。


       

1934(昭和9)年に東京都豊島区巣鴨で生まれた伊東氏は、小さい頃から野球場に通ってスコアブックをつける程の野球好き。


ヤンキースの一員として来日したJ・ディマジオ選手からサインをもらって大感激すると、都立三高時代からFENの大リーグ中継を聞きながら独学で英語を学んだとか。


1959年、パシフィック・リーグ事務局に当時の中沢会長秘書として入局し、1976~91年にかけて広報部長を務めました。


パ・リーグ事務局を退職した後は、ラジオ番組の司会や、プロ野球ニュースのメジャーリーグ担当コメンテーターとして活躍。


メジャーリーグ通として名が通っていた伊東氏ですが、渡米した当初は関係者から全く相手にされなかったとか。


それにもメゲず球場に通いつめた伊東氏の姿勢がやがては信頼され、元阪急のスペンサーから賜った〝パンチョ〟の愛称で呼ばれるまでになりました。


現在日本選手が大量にメジャーリーグでプレーできる環境になったのも、複数の書籍を執筆した伊東氏の存在・貢献度は非常に大きかったはずです。

        


また、それ以上に彼の名を世に広めたのは、ドラフト会議の司会。


「第1回選択希望選手、読売・・・」


という名調子は、テレビ中継される会議のエンターテインメント性を高めました。


几帳面な性格から、読みにくい選手名の漢字を説明するのがお決まりでしたが・・・過去に益山性旭という選手の〝性〟を 「セックスの性」 と表現して会場が大爆笑になった事件(?)は、今でも関係者の語り草になっているとか。あせあせ


生涯独身を通した伊東氏が癌に侵され、68歳でこの世を去ったのは2002(平成14)年7月4日。


誰よりも愛したメジャーリーグで、イチロー選手の記録を更新する大活躍をその目で見られなかったことが、唯一の心残りだったかも・・・。

それでは懐かしいドラフト会議の模様をご覧ください。

これは今からちょうど30年前・1989年のドラフト会議。

あの野茂投手が史上最多・8球団から指名を受けた歴史的なドラフトでした。

もしこの時近鉄が野茂投手を引き当てなかった(というか最後まで残らなかった)ら、彼のメジャー行きはなかった可能性が高く、ひいてはイチロー選手の渡米も実現しなかったかもしれません。

またこの時に会場にいた複数の監督や球団関係者が鬼籍に入っていることを考えると、野球ファンとしては胸に迫るものがあります。



懐かしい名調子を聞きつつ、あらためて〝パンチョ〟伊東氏のご冥福を、心よりお祈り致します。笑3


              人気ブログランキング 

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック