FC2ブログ
稽 古

今日は6月6日・・・個人的にこの日を迎えるたび、6月6日午前6時に生まれた子供の運命を描いたオカルト映画 『オーメン』 を思い浮かべる私。

あまり良いイメージを持てない日なのですが、実はそれとは別に


 『楽器の日』・『邦楽の日』・『生け花の日』


でもあるのだそうな。 これらの日に何が共通するかは、もうお分かりですょネ。

そう、いずれも習い事に関連しているのです。

楽器や舞踊などの伝統芸能の世界では、〝稽古始め〟は6歳の6月6日が良いとされ、歌舞伎や能の世界でも、〝初稽古〟をこの日にする風習があるのだそうな。


ではなぜ、6歳の6月6日なのか?


これは、室町時代に活躍した猿楽師・世阿弥(1363?-1443)が遺した能の理論書 『花伝書(風姿花伝)』 に由来するとのこと。

その【第一 年来稽古条々】 の冒頭に、世阿弥はこう記しています。

『この芸において、大方七歳をもて初めとす。 このころの能の稽古、かならずその者自然といたすことに、得たる風体あるべし。

舞・はたらきの間、音曲、もしは、怒れることなどにてもあれ、ふとしいださんかかりを、うちまかせて心のままにせさすべし。

さのみに、善き悪しきさとは、教ふべからず。 あまりにいたく諌むれば、童は気を失ひて、能ものぐさくなりたちぬれば、やがて能は止まるなり。

ただ、音曲・はたらき・舞などならではせさすべからず。 さのみのものまねはたとひすべくとも、教ふまじきなり。

大場などの脇の申楽には立つべからず。 三番・四番の、時分のよからんずるに、得たらん風体をせさすべし。』


      


これを現代語訳にすると、こんな感じ。

『(芸)能においては、おおよそ七歳をもって稽古を始めさせるべき。  


この年頃の子供の稽古では、本人が何気なく行う仕草もが自然にやり出した中に、持って生まれた才能が見つかるもの。


舞いや演者の所作、また謡(うた)いは、たとえぎこちない動きでも、何気なくやり出したらそれを大切にして、まずはその子の心のままに、やりたいようにやらせてみること。


事細かに、これは良い、これは悪いと教えてはいけない。

あまり厳しく叱ると、子どもはやる気を失い、能を演じなくなってしまう。


そして基本動作以外はやらせてはいけません。 

複雑な物まねは、仮に出来ても教えるべきではない。


ましてや大舞台の幕開けの能には、立たせてはならない。

子供に相応しい場面で、まずは得意な芸をやらせるのが良い。』


・・・同書での7歳とは数えですので、実質的には6歳。

これに因み、日付も〝6〟合わせにして6歳の6月6日を稽古始めの日にした、というわけ。

まぁ日付はともかくとしても、6歳頃すなわち自我が目覚め始める小学生になる辺りからから習い事をするのがタイミングとしては良いのでしょう。

そういえば、私自身もピアノを習い始めたのは小学校1年からでした・・・が、まったく上手にはならず、野球一本になっていきましたけど。あせあせ


しかしこの世阿弥の教えは、その年齢は別にしても子供の教育法に関しても良いアドバイスになるのでは?

 ◆ 最初は自由にやらせ、厳しく叱ったりしない。

 ◆ 基本が大事。

 ◆ 背伸びをさせない。

リトルリーグやサッカーでも、子供より親が熱くなって勝負に拘ったり、「なんでそんなことが出来ないんだ!」と怒鳴っている光景を時々見かけますが、それは却って子供のためになりません。

幼稚園児や小学生をお持ちの若い親御さんには、世阿弥の言葉をかみしめて欲しいものです。




スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック