FC2ブログ
冤 罪

我が国における四大死刑冤罪事件とは、免田事件・財田川事件・松山事件と、もうひとつ

 島田事件

ですが・・・皆さんは、この古い事件と裁判の経過をご存知でしょうか?

 ※最も有名な 『免田事件』 に関する過去記事は、こちら。(↓)




1954(昭和29)年3月10日、静岡県島田市の快林寺内の幼稚園で開催されていた遊戯会の最中に6歳の女児が行方不明になり、その3日後幼稚園から見て大井川の対岸付近の雑木林で遺体が発見されました。


    
                ×
印が遺体発見現場


当時静岡県内では少女暴行事件が頻発していたため警察は威信をかけて捜査に乗り出し、小児性犯罪前歴者・精神病歴者・知的障害者をマーク。

そして事件から1ヶ月半後の5月24日、
岐阜県鵜沼町の町外れを放浪していた住所不のAさん(当時25歳)が職務質問した上で容疑者として逮捕され、島田署に移送されました。

実はこの事件の関して9人の目撃者がおり、そのいずれもが 「若い勤め人風で、頭髪を七・三に分けスーツを着た若い勤め人風の男」 と証言していたのですが、逮捕時のAさんはそれらの証言は真逆・・・黒の学生服に裾の切れたカーキ色のズボンというボロボロの服装でした。

Aさんには3歳の時に罹患した脳症の影響で軽度の知能障害と精神病歴があり、2度の窃盗で少年院と刑務所に服役した前科がありました。

そのため周囲に馬鹿にされるなどして定職に就くことができず、放浪していたとのこと。

証言とは明らかに食い違っているのですが、しかし警察はAさんの名が容疑者リストに挙がっていたため、それを無視。

一旦釈放したものの再選泥棒の別件容疑で再逮捕すると、Aさんに手をねじり上げたりトイレに行かせないなどの拷問を加えて自白を強要。

5月30日、遂にAさんは警察が描いた絵図面通りに犯行を自白してしまいます。

この唯一の証拠を元に、静岡地裁は1958年5月に死刑判決を出し、1960年12月に最高裁が弁護側の上告を棄却し、判決が確定。


しかしその後弁護士や支援者らの尽力により、1983年5月に東京高裁が第4次請求棄却決定を取り消し静岡地裁に差し戻し、1986年年5月に静岡地裁での再審開始が決定。

そして今からちょうど30年前の今日・1989(平成元)年1月31日に静岡地裁は無罪判決を出し、逮捕されてから35年近く経って、ようやくAさんは釈放されたのです。


(※翌2月に検察が控訴を断念し、無罪が確定。)


       

                 釈放されたAさん 


この事件について詳しく知りたい方には、


『島田事件 司法制度の犯罪 (伊佐千尋・著 solaru・刊


        


のご一読をオススメします。

(当時の)警察が、いかに自白偏重の杜撰な捜査により、無実の人間を死刑寸前まで追い込んだかが、よく分かります。

裁判官が検察に近く、起訴された刑事事件の99%に有罪判決が出される日本の司法の現状を鑑みる時、警察のでっち上げや犯罪者捏造を許せば、殆ど逃げることが出来ません。

そして我々が身に覚えのない犯人に仕立て上げられる可能性はゼロではないのです。

冤罪を防止するためには、取り調べの100%可視化は絶対に必要だ・・・と、この著書を読むと痛感します。

余談ですが、無罪放免となって名古屋に在住していたAさんに2012年、名古屋地裁から裁判員裁判の裁判員選任手続きに関する呼び出し状が届いたそうな。

しかし70歳以上の対象者は裁判員を辞退できる規定があり、彼はその権利を行使して辞退。


質問票には辞退する理由として 「裁判所は信用できない」 と記したそうですが・・・その気持ちは、痛いほど分かります。
うー


               人気ブログランキング 

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック