FC2ブログ
深 夜

皆様の中には、若かりし頃毎晩のようにラジオの深夜放送に聞き入った方も多いと思いますが、今日はその深夜放送を初めて担当したといわれているアナウンサー、


 土居 まさる さん


の命日・没後20周年にあたります。


土居(本名:平川厳彦)さんは、1940年の愛知県生まれ。


立教大学に進学し、就職で悩んでいた徳光和夫さんに 「アナウンサーになれば?」 とアドバイス・・・そして本人も1964年に文化放送に入社することに。


野球の実況中継で数年間活躍した後、深夜放送のディスクジョッキーに転向。


担当した 『真夜中のリクエストコーナー』 が日本初の深夜放送ラジオ番組といわれています。


『セイ!ヤング』などの人気番組を担当した後、系列のフジテレビにも出演するようになると人気・知名度とも上昇。


1970年にフリー司会者 (※前出・徳光和夫さんのフリー転向は1989年とずっと後) となり、『TVジョッキー』等の司会を務め、本格的にテレビ進出。


       ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草


芸名の土居まさるは、後に文化放送の社長にもなったブロデューサー・峰岸慎一氏が、立教大学の後輩だった巨人軍の土井正三選手にあやかってつけたとのこと。


だからというわけではないでしょうが、毎週末 『プロ野球ニュース』 のキャスターも担当されました。


深夜放送を聴かなかった私が土居さんの存在を知ったのは、この番組からだったと思います。


そして最も印象深いのは、1979~1994年の長期にわたり司会を務めた 『象印クイズ ヒントでピント』 (テレビ朝日系列)。


モザイク模様など画像加工を駆使したり、中々レベルの高いクイズ番組で、私のお気に入りでした。


特に最後の16分割では、浅井慎平さんの鋭い回答にいつも感心させられたものですが・・・番組の進行が軽快で、いつもにこやかな土居さんの表情が印象的でした。


同番組終了後しばらくした1998年秋、体調を崩した土居さんが病院で診察を受けたところ、ガンにより余命半年という宣告を受けたといいます。


入退院を繰り返しながら仕事続けた土居さんでしたが、同年12月26日のラジオ録音が最後の仕事となり、年明けの1999(平成11)年1月18日・・・58歳で帰らぬ人となりました。

還暦の私よりも若くして亡くなっていたとは・・・。


それでは土居さん見事な司会ぶりを視聴しつつ、ご冥福をお祈りしたいと思います。(



               人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック