FC2ブログ
有名無実

〝悪法も法なり〟という言葉がありますが、今日はその典型的な・・・というか、殆ど名ばかりの法律が今からちょうど100年前の今日、アメリカで制定されました。 

それは、あの有名な


  禁 酒 法
    Prohibition


アメリカでは19世紀頃から規則正しい生活を勧めるメソジスト(プロテスタント)を中心に禁酒運動が盛んになり、既に州法によって禁酒法を制定した地方も一部にありました。


賛成・反対両派が拮抗する中で、第一次世界大戦が勃発。


反対派の主力だったドイツ系に対して反感が高まったこともあり、1919年1月16日に飲料用アルコール禁止を規定するアメリカ合衆国憲法修正第18条が3/4にあたる34もの州で批准され成立、1年後に施行されました。


            


アルコール依存症や犯罪を減らすことを目的とした同法でしたが、実質的にはザル法。


なぜなら、この法律で規制されたのは 〝0.5%以上のアルコールを含んだ酒類の製造・販売・輸入〟 を禁止したものであって、飲酒自体は規制外だったということ。


従って市民たちは、法律批准から施行までの1年の間に大量の酒類を買い溜めし、禁酒法施行後も毎晩のように自宅で酒盛りをしたとか。


またこの法律で大儲けしたのが、ギャングたち。


周辺国では禁酒法などはなかったため、カナダ・メキシコなどから大量の酒を密輸し、また密造・密売で莫大な利益を上げました。


密造・密輸酒の集積拠点がシカゴで、そこの元締めがアル・カポネ。


そう、映画 『アンタッチャブル』 の世界そのものだったわけです。

 ※アル・カポネに関する過去記事は、こちら。(↓)



主役のエリオット・ネスのような捜査官は一握りで、多くはギャングから買収されて放任状態。 


街には以前よりも酒場の数が増える有様だったとか。


有名無実化した禁酒法撤廃の機運は徐々に高まり、1932年の大統領選では撤廃派のF・ルーズベルトが勝利。

翌年に同大統領が修正第18条を廃止する修正第21条に署名・可決・・・いわゆる禁酒法は消滅しました。


(※但し現在でも、酒類販売の禁止・制限を行っている郡・町があるそうですが・・・。)


       


莫大な酒税が徴収できず犯罪を増長させる 『禁酒法』 が、我が国で成立することはまず有り得ないでしょうが・・・家庭内で厳重に施行され、規制を受けているご主人はいらっしゃるかも。


アメリカのそれとは違って、買収が通用するはずもなく・・・万一ヘベレケになって帰ったら、罰金や懲役以上に厳しい奥様のお仕置きが待っているんでしょうネ、きっと。うー


               人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック