FC2ブログ
猛 牛

今日は、クイズからスタートです。

読売巨人軍の永久欠番〝3〟を嘗て長嶋茂雄選手がつけていたことは皆さんご存知だと思いますが・・・では、その長島選手の前に3番をつけていた選手は、誰でしょう?

巨人ファンでも若い方は殆どご存知ないかもしれませんネ。 正解は、


 千葉 茂 選手

12月9日は、この往年の名二塁手の命日・十七回忌にあたります。


       

千葉選手は1919(大正8)年に愛媛県西条市で生まれました。

同県立松山商業高校から1938年に東京巨人軍に入団し、1年目から二塁手のレギュラーになり、川上・青田両選手と巨人の第1期黄金時代を築きました。

守備範囲が広く、華麗な身のこなしで人気を博し、一塁手の川上選手の守備範囲が狭かったことから〝千葉一二塁手〟なんて言われていたそうな。

二塁手としてのベストナイン獲得回数7回は、中日・高木守道選手と並び現在まで史上最多タイなのも頷けます。


       


そしてバッティングに関しても、実に個性的な特徴がありました。

それは・・・流し打ち。

右打者だった彼は、一本足打法で内外角どちらのボールもライト方向を狙い打ち。

それは戦前にクリーンナップを任された際、よぐ出塁する水原・三原の1・2番コンビを進塁させるため身に付けた技術だったとか。

1956年に引退するまでの現役15年間で、通算1,605安打・691打点・打率.284はまずまずの成績ですが、特筆すべきは96本の本塁打の内、実に81本がライト方向だったこと。

しかも1950~54年まで39本連続ライト方向だったというのですから、その徹底プリには恐れ入るばかり。


        

更に戦後は1・2番打者として活躍。

粘り強く四球を選んで出塁することを心掛け、1950~52年の3年連続の最多四死球を記録し、巨人の第2期黄金時代に貢献。


野球とは関係ないですが、1948年に銀座の洋食店 『グリルスイス』で、常連客だった彼が「別々食べるのは面倒だ」とカツレツをカレーに乗せて食べたのを見た店主が〝カツカレー〟というメニューを考案したと、言われています。


入団時30番だった背番号は翌年2番に、そして戦後は現役引退まで3番で、それを1957年に入団した長嶋選手が引き継ぎました。

のっそりした風貌とプレー中の闘志あふれる姿から〝猛牛〟というニックネームで親しまれた彼は、引退後コーチ・2軍監督を歴任。

人望が厚く、現役時代は主将も務めた彼は、選手の間から次期巨人軍監督に推す声もありましたが、
「哲に対する送りバントだ」と述べて川上選手にその座を譲った彼は、1959年から近鉄の監督に。


当時の近鉄は〝パールズ〟という愛称でしたが、彼が就任したことで〝バッファローズ〟に変更・・・これが現在のオリックスに引き継がれているというわけ。

残念ながらシブチンで良い選手がいなかった近鉄では、3年間で91勝229敗と大きく負け越してしまいましたが・・・。

監督辞任後は解説やコラム執筆で活躍し、1980年に野球殿堂入り。


2000年に行われた近鉄創立50周年記念の近鉄対巨人OB戦では、両チームのユニフォームが半分ずつの珍ユニフォームで登場し、両軍ベンチから喝采を浴びた彼が83歳でこの世を去ったのは、2002(平成4)年12月9日のことでした。

巨人・近鉄(オリックス)ファンは、〝猛牛〟の冥福を祈りつつ、是非今日はカツカレーをお召し上がりください。


       


              人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック