FC2ブログ
厳 選

日本独特の文化のひとつに、和歌があります。

それを集めた歌集は過去数多く編纂されていますが、その中でも最もポピュラーなものといえば


 小倉百人一首

でしょう。 

この有名な歌集が完成したのが今から780年前の今日・南北朝時代の1235(文歴2/嘉禎元)年5月27日なのだそうです。

この歌集を撰じたのは、『新古今和歌集』・『新勅撰和歌集』 を編纂したことでも知られる鎌倉初期の公家・歌人であった藤原定家(1162-1241)。

彼の息子・爲家の義父であり鎌倉幕府の御家人だった宇都宮頼綱が、京都・嵯峨野の建築した別荘の襖の装飾にと、定家に色紙の作成を依頼。

それに応えて、彼は飛鳥時代~鎌倉時代にかけての名歌人100人の作から1首ずつを厳選、年代順に色紙に認めたとのこと。

現代流にいえば、〝日本の歌謡曲ベスト100選〟といったところでしょうか。

そして定家が小倉山で編纂したことから、後に 『小倉百人一首』 と呼ばれるようになったとか。

         


100人の歌人の内訳は、男性79名・女性21名。

天智・持統など天皇7名を始めとする高位の貴族、紀貫之・在原業平などの有名歌人、小野小町・紫式部・清少納言などの女流歌人・作家から、僧侶や蝉丸という正体不明(?)の歌人まで、実にバラエティーに富んだ人選。


反面、承久の乱で鎌倉幕府に反旗を翻し敗れた後鳥羽院や順徳院の歌は入っていませんから、多少なりとも政治的な配慮もなされている模様。


また恋歌が43首と半分近くも占めているるそうですから、定家もなかなかのロマンチストだったのかも。


私にとって百人一首の思い出と言えば、高校時代。

1年の冬休みの宿題が、百人一首の完全記憶・・・かるたを買い込んで毎日ぶつぶつ詠み続けたこと。

さすがに今は全部憶えてはいませんが、上の句のさわりを聞けばスッと下の句が出てきます。

この百首の中で皆さんが最もお好きな歌は、どれでしょうか?


私は、第4番の

   〝田子の浦に うち出でて見れば 白妙の 

                 富士の高嶺に 雪は降りつつ〟


という、山辺赤人の一首。

その情景がスッと脳裏に描けるところが好きでした。

恋愛に疎い私には、どうも恋歌はピンときませんし・・・。

さて、百人一首といえば、最近毎年1回必ずニュースで報じられるのが『小倉百人一首かるた 名人位・クイーン位決定戦』。

       


上の句の最初の一文字を読み上げた瞬間に、「シュ
パッ!」 と札を飛ばし合うこの競技・・・素人が見ている限りでは、どちらが勝ったのか分からないくらいの一瞬の勝負。

記憶力とスピードと駆け引きが必要な、もう立派なスポーツですょネ。

今の私には到底無理・・・せいぜい 『坊主めくり』 を楽しむのが関の山。

あっ、今時の若者は、それすらやったことないのかも?うー


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック