FC2ブログ
社会派

日本映画界はこれまで何人もの名監督を輩出していますが、その中でも最もシリアスな・・・というか重厚な作品を手がけた社会派監督といえば、


 熊 井 啓  


でしょう。 今日は我が故郷・信州が生んだこの巨匠の命日にあたります。


1930(昭和5)年に現在の長野県安曇野市に生まれた熊井氏は、旧制松本中学 → 旧制松本高校 → 信州大学と進学。

大学時代に演劇と映画に没頭していた彼は、『明日を創る人々』(東宝・1946年公開)で黒澤明氏と共同でメガホンを取った関川秀雄監督に誘われ、卒業後すぐに独立プロの助監督に。

そして1954年には日活撮影所・監督部に入社し、助監督をする傍ら脚本の仕事もこなしました。

1962年に10歳年下の高校の後輩・明子夫人と結婚すると、その2年後に監督デビュー。

その処女作が 『帝銀事件 死刑囚』・・・いきなりズシンとするテーマ。

その翌年に手がけ、戦後日本で起きたミストリー事件をアメリカの陰謀と結びつけた2作目の 『日本列島』 はモスクワ国際映画祭に招待され、早くも社会派の監督として注目を集めました。


         


その後の『地の群れ』(1970年)、『忍ぶ川』(1972年)、『朝焼けの詩』(1973年)と立て続けに海外映画祭のコンベンション部門に出品すると、遂に『サンダカン八番娼館 望郷』(1974年)でベルリン国際映画祭・銀熊賞を獲得。


またアカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされ、国際的にも知られる存在になりました。

その後も 『日本の熱い日々 謀殺・下山事件』(1981年)や 『千利休 本覺坊遺文』(1989年)、また松本サリン事件を扱った 『日本の黒い夏-冤罪』(2001年)など問題作・話題作を撮り続け、その殆どが海外の映画祭に出品・招待され、複数の作品が受を果たしています。


しかし2007年5月18日に自宅で倒れているところを発見され、病院に搬送されましたが・・・その5日後の23日、クモ膜下出血により、76歳で天に召されました。

熊井監督作品は何本か鑑賞しましたが、やはり最も印象に残るのは、1968年公開の

 『黒部の太陽』


      

〝世紀の難工事〟と言われた黒部第四ダム建設に従事した人々の姿を描いたこの作品は、三船敏郎・石原裕次郎という二大スターに加え、多数の一流俳優が多数出演した大作。


劇場で公開されたものの 「映画館の大迫力の画面・音声で見て欲しい」 という石原裕次郎さんの意向により、長らくビデオ・DVD化されませんでした。

しかし2年前、石原プロモーション設立50周年を記念して遂にDVD化。

山崎豊子さんが 「この作品は映画評論を超えて、じかに日本人の魂に訴えて来る巨大な感動感を持っている」 と激賞されたこの作品を、ご家庭で楽しむことができるようになりました。

若い世代の皆さんにも是非ご覧いただきたい、日本映画を代表する秀作です。

また同作の脚本も手掛けた熊井監督自らが書き下ろした

 『映画「黒部の太陽」全記録』 (新潮文庫・刊)


      

もお勧め。

この伝説的映画が誕生するにあたり、2作目以降の企画が日活社内で採用されずクサッていた熊井監督に石原プロから監督オファーがあったこと。

そして五社協定の厚い壁や配給問題などの難関をいかに乗り越えたのか、また三船さんが演じた主役の北川次長(のモデルとなった芳賀公介氏)がトンネル貫通とほぼ同時期に愛娘を白血病で失くしたのが実話だったことや、トンネル内の出水シーンは実は事故であり想定以上の迫力になったこと等数々のエピソードが記されており、一層映画の迫真度と価値を高めてくれます。


今宵は、この本を片手に 『黒部の太陽』 を久しぶりに鑑賞しつつ、郷土の大先輩のご冥福をお祈りしたいと思います。笑3




スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック