FC2ブログ
ワ ニ

中高年世代なら、このマークがついたポロシャツを着た経験がある方、多いんじゃないでしょうか?

       

今日はこのブランドのファウンダーであり、フランス・テニス界の〝四銃士〟のひとりに数えられた名選手、


 ジャン・ルネ・ラコステ

  Jean René Lacoste


の命日、日本流にいうなら二十三回忌にあたります。


       


ラコステは日露戦争が勃発した1904年に、フランスの首都パリに生まれました。

自動車メーカーを経営する裕福な家に育った彼がテニスを始めたのは15歳の時だったそうですが、父親からは

「テニスをするなら、5年以内に世界チャンピオンになれ!」

と厳命されたとか。 

随分無茶な要求だと思えるのですが、ルネは天賦の才を持っていたのでしょう・・・17歳でトーナメント初優勝を果たすと、1923年にはデビス・カップのフランス代表選手に。

そして約束の5年後・1924年には、全仏オープンで見事に優勝を飾ります。

その前年に、ラコステがワニ皮のスーツケースを賭けたというエピソードを聞きつけた記者が、彼にワニというニックネームを付けたことが、後にラコステ・ブランドのトレードマークの誕生に結び付きました。

その後彼は全英・全米オープンでも優勝。


通算メジャー勝利7回(ダブルスを含めると10回)を数え、押しも押されもせぬトップ・プレーヤーに。

1928年に発明した
テニス練習用のボールマシンは、その後何世代にもわたりプレーヤーたちの育成に役立ちました。


       


しかし1929年の全仏選手権で四銃士の一人・ボロトラを破って優勝した直後、彼は結核により25歳の若さで現役引退を余儀なくされます。

       

          現役最後となった全仏オープンでのラコステ


もともと引退の3年前から、自分に付けられたニックネームの〝ワニ〟がお気に入りだった彼は、友人のロベール・ジョルジュに依頼してワニのロゴをデザインしてもらい、それをブレザーに刺繍していました。

そしてその年にロンドンでポロ・プレーヤーの姿を目撃した彼は、体を楽に動かすことができる短袖のシャツに着目し、半袖シャツを作りたいと考えます。

そして引退から4年後の1933年、彼は温めていた構想を現実化。


当時フランス最大のニット衣料品製造会社の経営者アンドレ・ジリエと組んで、ワニのロゴを付けたポロシャツの工業生産・販売を開始。

1927年に知り合って結婚し、後に4人の子供を産んだ妻・シモーヌが、実は13回も全仏チャンピオンになった一流ゴルファーだったことから、彼女のアドバイスを受けてこのポロシャツはゴルフウェアとしても販売され、世界中に定着しました。

(ちなみにラコスト夫妻の娘・カトリーヌは、1967年の全米女子オープンゴルフでベストアマを獲得し、後にプロに転向しています。)

選手としても、また実業家としても世界的に有名になったラコステが天に召されたのは、1996年10月12日・・・92歳の大往生でした。


       

               ワニと晩年のラコステあせあせ


もしワニのマークがついたポロシャツをお持ちの方は、ラロコテの冥福を祈りつつ、是非とも今日袖を通してください。笑2


              人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック