FC2ブログ
飄 々

今日は、戦後の昭和から平成時代にかけて日本の映画やTVドラマを支えた名脇役の一人、


大滝 秀治  さん

の命日・七回忌にあたります。


        


大滝(本名同じ)さんは、1925(大正14)年に母親の郷里・新潟県上越市で生まれました。


戦時中の1943年に旧制私立駒込中学校(現・駒込高等学校)を卒業後、電話局に勤務。

1945年に通信兵として召集され、戦後は再び大手町の電話局で勤務していた大滝さんが演劇の世界に入るキッカケとなったのは、帝国劇場で研究生募集のチラシを見たこと。

1948年に東京民衆芸術劇場付属俳優養成所に1期生として入所した大滝さんは、翌年 『風の吹く一幕』 で初舞台を踏みます。

しかし同劇団の創設者・宇野重吉さんから、その甲高くかすれた声を

「壊れたハーモニカのような声だから、演劇には向かない」

と言われ、演出部に転属させられたそうな。

ところが1950年に民藝の創設に参加し旗揚げ公演に出演した彼は、その2年後代役に起用されたことを契機に再度俳優に転じ、正式に劇団員となりました。


とは言え、若い頃は不遇の時代が続き、映画でも新藤兼人監督の『原爆の子』から出演が始まりましたが、1960年代には主として悪役。

まぁこの顔つきなら、仕方なかったかも・・・。
あせあせ


         


1970年の舞台 『審判』 で紀伊國屋演劇賞を受賞したから民藝の看板俳優となった大滝さんは、それ以降社会派作品の 『華麗なる一族』・『金環蝕』・『不毛地帯』 では大物政治家を演じ徐々に存在感を発揮すると、1975~78年には『男はつらいよ』にも出演。

1976年の 『あにいもうと』 ではブルーリボン賞・キネマ旬報・報知映画賞の助演男優賞を獲得しました。

また人気映画 『犬神家の一族』 の1976年と2006年リメイク版には、主演の石坂浩二さんと共に2人だけ同じ役柄で出演していることからも、その演技力と息の長さが分かります。

ただその人気・知名度が格段に高くなったのは、やはり関根勤さんが物真似してからかも・・・。

その発端となったのは、2002年から岸部一徳さんと共演した大日本除虫菊のCM。

突然、「つまらん!」 と激怒する大滝さんの演技は、宣伝している商品が霞むくらいのインパクトがありましたネ。



若い時分のワルぶりはすっかり影をひそめ、飄々とした好々爺ぶりでお茶の間を楽しませてくれた大滝さんが肺扁平上皮癌によって87歳でこの世を去ったのは、2012年10月2日のことでした。


最後の出演作品となった映画 『あなたへ』 の主役・高倉健さんが


「あの芝居を間近で見て、あの芝居の相手でいられただけで、この映画に出て良かったと思ったくらい、僕はドキッとした。」

と振り返り、共演シーンでは涙を流したという名脇役のご冥福を、あらためてお祈り致します。
笑3


                人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック