FC2ブログ
ポ カ

今からちょうど60年前の今日・1958(昭和33)年9月19日、ミスター・ジャイアンツこと


 長嶋 茂雄 選手


が、前代未聞の怪挙を成し遂げ・・・・ではなく、やっちゃいました。


後楽園球場での対広島戦、その年プロ入りした彼は鵜狩投手から当時の新人記録を塗り替える28号ホームランをかっ飛ばします。


意気揚々とダイヤモンドを一周・・・したのですが、記録はピッチャーゴロ。


なんと1塁ベースを踏み忘れたのを広島側にアピールされ、ホームランが帳消しになってしまったのです。ダメだぁ顔

        ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草


野球ではプロ・アマ問わず、ベースの踏み忘れ事件(?)はたびたび起こります。


たとえば1塁ランナーがバッターの大飛球を見て全力疾走。 

しかし相手外野手がそれをナイスキャッチ!
それを見て、通り過ぎた2塁ベースを踏まずに慌てて1塁に戻ってしまいアウト、っていうケースが典型的。


ちなみに長嶋選手、1960・1964・1968年にコレを3回もやらかしてます。あせあせ


また2006年には、巨人・小関選手がランナーで出塁した際、3塁ベースを踏まなかったとアピールされ李承燁が放ったホームランが帳消し。


また2012年・春の甲子園で横浜高校の選手がスクイズで3塁ランナーがホームを駆け抜けたものの、ベースを踏んでいないと相手の関東一高のキャッチャーにアピールされて得点は認められず、結局それが響いてベスト4進出ならず。


やはり肝心なところでのミスは悲劇を招きます。


とはいえ、打った本人がベースを踏み忘れてアウトとなったのは、プロ野球史上長嶋選手ただ1人・・・・さすがはミスター、記録にも記憶にも残る名選手の面目躍如ですネ。笑2

※実は昨年6月9日に、オリックス・バファローズに入団したばかりのマレーロ選手がいきなりホームランを打ったものの、ホームベースの踏み忘れを対戦相手の中日にアピールされてホームランを取り消されています・・・ただ、記録上はアウトでなく3塁打でしたが。

        


さて、このポカのせいでこの年本塁打30本・打率3割・100打点という新人での〝トリプル・スリー〟達成を逃した長嶋選手でしたが、タダでは転びませんでした。


それから35年後・・・1993年に長男・一茂選手が阪神戦で放ったホームランが、セントラルリーグ通算30,000号のメモリアル・アーチ。


もしオヤジさんがベースを踏み忘れていなければ、息子の名は記録から消えていたわけです。


自らのポカチョンボで息子の名を球史に残すとは・・・長嶋家、恐るべし!?

※これまた余談ですが、前述のマレーヨ選手はその3ヶ月余り後の9月29日に、日本プロ野球通算10万号を放ち、賞金100万円をゲットしました。

もしホームベースを踏んでいれば、賞金は別の選手の手に渡っていたわけですから、まさに損して得を取った形。


ベースを踏み忘れる選手は、何かを持っている!?野球ボール


                人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック