FC2ブログ
チョロ

・・・と言っても、ゴルフの話じゃありません。あせあせ


今月3日に、ペヤングの激辛焼きそばレポートをアップしました。(↓)


実はこの時、私は2個買ってたんです。

その内の1個を、購入した日の夜エネゴリ君の店に行って、彼にプレゼントしました。

なぜなら、彼が今まで2度ほど激辛商品をくれたものですから、そのお返しの意味で。 で、彼には、


「これ、で食べてみてョ。 次回来た時に、感想を聞かせておくれ。」

※ちなみに彼、比較的辛さには強い方。

そして昨夜、店に行ってカウンターに座るなり早速彼に尋ねました。

「どう、食べてみた?」

「はい、食べましたょ。」

「ちゃんと完食したんだろ。」

「えぇ、楽勝でしたョ。 確かにカップ麺の中では今まで一番辛かったッスけど、あと2倍辛くてもイケましたネ~。」

「ほぉ~、生意気なこと言うじゃないの。
じゃあオレみたいに
『舞妓はん ひぃ~ひぃ~』 をかければ、丁度イイ感じになるんじゃない?

「『舞妓はん』って、世界一辛いっていうブート・チョロキアの粉末でしょ? そんなの、人間が食べるモンじゃないッスょ。」

「おいっ、お客に向かって言うセリフか?  相変わらずだナ、キミは。
でも 『舞妓はん』 の原料はハバネロだけど・・・ところで今、何て言った?」

「え~と、人間が食べるもんじゃ・・・」

「それはもういいっての。 そうじゃなくて、その前。 ブート・・・?」

「チョロキア。」

それを聞いた私と店のオーナーが思わずハモッてしまいました。


「チョロQかっ!」

「えっ、チョロキアじゃないんスか?」

「〝チ〟じゃなくて、〝ジ〟。 ジョ・ロ・キ・ア!(
Bhut Jolokia )」


    
         ハバネロ             ブート・ジョロキア


「あら~、今の今までチョロキアだと思ってましたョ。 ウッホッホ~!」

ってエネゴリ君ょ、そこは笑ってごまかすところじゃないだろう。
ブロの料理人が食材の名前間違えてたんだから。


オーナーの冷たい視線、少しは感じた方がいいと思うゾ。うー


              人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック