FC2ブログ
間 柄

「エネゴリ君ょ、この前一緒に来た時お客さんにお土産で持たせた自家製ピクルス、奥さんやお嬢さんに美味しいって凄く喜ばれたんだって。 ありがとうナ。」

「そうですか、私が作ったから当然ですョ~。 ウッホッホ!」

店に入ってカウンターに座るなり、そんな会話で始まった先日のこと。

「さて、今日は何を食べようかナ~。」

とメニューを眺めていると、

「おっ、コレは初めて見たナ。 〝マグロスモークの冷製〟って美味しそうじゃない。 コレちょうだい。」

「ありがとうございます。」

そう言って、早速調理し始めたエネゴリ君・・・待つこと5分ほどで、

「お待たせしました。」

とカウンター越しにお皿を出してきました。


    

それを受け取った私は目の前に置いて、

「おっ、美味しそうじゃん!」

とフォークで一切れ刺して、口に入れよう・・・としたところで、彼が突然


「あっ、済みません。 渡辺さん、お皿戻していただけますか?

ひとつ忘れてました。」


「なんだょ。 じゃあこのフォークに刺したのも元に戻せって?」

「えぇ、お願いします。」

そう言われた私は、しぶしぶフォークから戻して皿を彼に手渡します。

カウンターから身を乗り出して手元を見ると、エネゴリ君は新しい皿に盛り付け直し始めたではないですか。

「おいおい、盛り付け直すことはないだろう。
忘れた付け合わせを乗せるだけでいいのに。
俺とお前さんの仲なんだから・・・。」

「いえ、料理人としてそれは出来ませんから!」

おっ、久しぶりにまともなこと言うじゃん。
しかし出し直された皿を見ると、見かけはさっきと変わらず。

「あれ、どこが違うの?」

「マグロの下にキノコを敷くのを忘れたんです。」

なんだ、それじゃあ盛り付け直すしかなかったんだ。
彼を見直して損した気分。

「でも美味しいょ。 このメニュー、今週から始めたの?」

「前から出してましたョ。」

「ウソつけ。 先週お客さんと来た時はメニューに載ってなかったゾ。」

「いえ、その前から出てましたって。」

「何だょ、その言い方。 まるでオレが悪いみたいじゃないの。」

「えぇ、ボクと渡辺さんの仲だから、はっきり言わせていただきました。」

エネゴリ君、キミの日本語の使い方・・・やっぱりおかしい。
うー


 


                人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック