FC2ブログ
【本日増刊・拡散希望】  卑 劣

3日連続で、〝学校で教えない史実〟のご紹介です。


1945(昭和20)年8月15日、日本はポツダム宣言の受諾を連合国側に通達、実質的に無条件降伏し武装解除を行いました。


これに対し米・英軍は即座に戦闘行為を停止しましたが、ソ連軍はそれを無視して樺太等に侵攻、多くの日本人を虐殺したのです。

その一例が、一昨日記事にした 『真岡郵便電信局事件』 ですが、その翌々日の8月22日、更に非人道的な殺戮を行いました。 それは、


 三船殉難事件


当時日本領だった樺太には大勢の日本人がいましたが、大津樺太庁長官はソ連軍からの攻撃を避けるため婦女子・高齢者を優先的に本土へ送還させる命令を下し、船を手配。


まず始めに8月20日、逓信省の海底ケーブル敷設船の小笠原丸が約1,500名を乗せ大泊(コルサコフ)を出港。


          


一旦無事稚内に到着し約800名は下船したものの、そこから小樽港に向かう途中・・・8月22日午前4時20分頃に潜水艦の魚雷攻撃を受け沈没。


生存者は僅か61名、死者は638名にのぼりました。


       

                    小 笠 原 丸


次に同日午前5時13分頃、引揚者約3,400名を大泊で乗せた特設砲艦・第ニ号新興丸が留萌沖で潜水艦から魚雷攻撃を受け船体右舷に穴が開き、更に浮上した2隻の潜水艦から銃撃を受けます。


白旗を上げて停戦した第二号新興丸も、やむなく応戦。 潜水艦1隻が被弾し潜航したものの、大量の重油が海上を覆ったとか。


損傷を受けた第二号新興丸は、何とか留萌港に寄港。


しかし船内で229名の死亡が確認され、行方不明者を合わせると約400名がその攻撃で犠牲になったと思われます。


     

                                       第二号新興丸


そして同日午前9時52分頃、同様に大泊から引揚者を乗せて小樽へ向っていた貨物船・泰東丸が留萌沖で浮上した潜水艦の砲撃を受けます。


同船は武装していなかったため白旗を掲げたものの潜水艦はそれを無視して砲撃を続け、遂に同船は沈没。


乗員・乗客780名中、667名が死亡しました。


      

                   泰 東 丸


当時は混乱していて乗客名簿がなかったため、実質的には1,700名以上の一般人が犠牲になったと言われている大惨事でした。


2007年にサハリン州公文書館から公開された資料によれば、ソ連軍は樺太と北海道北部を占領するため留萌への上陸作戦を計画し、その偵察のため2隻の潜水艦を出していたとのこと。


その潜水艦が3船を攻撃、うち2隻を撃沈したと記録され、一方で潜水艦1隻が機雷により沈没・乗員全員死亡とも記されているとのこと。


これはどう考えても日本の引き上げ船への攻撃と、第二号新興丸からの反撃による沈没だと思われますが、ソ連がこれを認めていないため公式には潜水艦は〝国籍不明〟となっています。


それなのに同国は帰還した潜水艦の乗員全員、更には近年沈没した潜水艦の乗員にも勲章を授与しているのですから、呆れるばかり。


無条件降伏を認め武装解除し、更には白旗を掲げた相手を領土獲得のため一方的に攻撃し、その事実を認めない・・・これがロシア人のやり方なのです。


こういう性質を持つ相手と外交交渉をする時、〝誠意〟 とか 〝正直〟 など全く通用しないことを前提とすべきでしょう。

北方領土問題を含め毅然とした態度で対応・解決しなければ、北の海に散った数多くの同胞が浮かばれません。うー


               人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック