FC2ブログ
独 断

S・スピルバーグ氏がメガホンを取った映画 『シンドラーのリスト』 に因み〝東洋のシンドラー〟と呼ばれる人物といえば、


        ち う ね

 杉原 千畝 


今日は第二次大戦中に多くのユダヤ人の命を救った、この元外交官の命日・三十三回忌にあたります。


       


杉原氏は、1900年元旦という、実にキリのいい日に岐阜県賀茂郡で生まれました。


税務署職員だった父は、幼少から頭脳明晰・成績優秀だった息子を医者にしようと、自ら京城医学専門学校の受験手続をします。

しかし英語に関わる仕事をしたかった本人は受験会場には行ったものの答案を白紙で提出。

母親が作ってくれた弁当を食べて素知らぬ顔で帰宅したそうですから、反骨精神は生来持ち合わせていたのでしょう。

しかしそれを知った父親は大激怒。


結局一浪して早稲田大学高等師範部・英語学科に入学したものの、仕送りを止められたため、アルバイトで学費・生活費を稼がねばなりませんでした。


そんな苦しい生活が続く大学2年生の時、図書館で外務省の官費留学生の募集広告を見たことが、彼の人生を大きく変えることに。


「アルバイトしなくても勉強できる」 と一念発起した彼は、受験まで僅か1ヶ月しかなかったものの、猛勉強の末に見事合格。


1919年、外務省のロシア語留学生としてハルピンに渡った杉原氏は、4ヶ月後には日常会話ができる程に上達したといいます。


(※杉原氏の語学力は相当なものだったようで、ロシア語は殆どネイティブ、その他英語・フランス語・ドイツ語にも堪能だったとか。)


そして1924年に外務省書記生として採用され、ハルピンの日本領事館ロシア係に。 (この年、白系ロシア人クラウディアと結婚。)


1932年に満州外交部に派遣され満鉄の譲渡交渉などで歴史的な成果を残しますが、この時に日本軍人の横暴を目にし、軍部に対する不信感を強めたようです。


1935年に免官を願い出て一旦帰国した杉原氏は、同年末にクラウディアと離婚後、翌年に幸子さんと再婚すると、1939年にリトアニアの首都カウナスの日本領事館に領事代理として赴任。 


ここで後世に語り継がれる、ビザ発給を行うことに。


 

                  カナウスの位置


 彼が赴任したのは、ちょうどナチス・ドイツによるユダヤ人迫害が激しくなった時期でした。


彼らユダヤ人の難民をどう扱うか、各国は対応に苦慮。 


日本外務省の方針は、(ユダヤ人に限らず)避難先の入国許可がなく、かつ必要な旅費を所持していない外国人に対して日本への入国ビザは発行しない・・・というもの。


1940年7月中旬までに、その条件を満たしたユダヤ人には既にビザを発行していた杉原氏でしたが・・・7月18日早朝、領事館に大挙押しかけたユダヤ人ら難民を見て、外務省の指令を無視し独断でビザを発行することを決意。


各国の大使館が閉鎖されていく中、彼自身が本省からの異動命令でカウナスを去るまでの約1ヶ月間、延べ2,000通以上の〝命のビザ〟を発行したのです。

更にはカナウス大使館閉鎖後の新任地・プラハに赴任してからも発給を続けたとか。


当時は一家に1枚のピザで事足りたため、彼によって救われたユダヤ人は6~8,000人とも推測されています。


しかし人道的見地から独断でビザを発給した彼を、外務省は許しませんでした。


その後ドイツ・チェコ等の領事館に勤務し、収容所生活を経て1947年4月にようやく帰国した杉原一家を待っていたのは、突然の〝退官通告書〟でした。


結局彼は47歳で外務省を去り、その後民間企業などを転々。


三男を病気で失う等の不幸もあり、決して恵まれた後半生ではなかったようです。


貿易会社のモスクワ事務所長として再度ロシアに渡った彼が日本に戻ってきたのは、75歳になってから。


そして1986年7月31日、86歳でひっそりとこの世を去りました。


多くの同胞を救った恩人に対し、イスラエル政府は彼の亡くなる前年の1985年に〝ヤド・バシェム賞〟を授与し杉原氏の功績を称えました。

しかし日本の外務省は長らく彼の存在すら認めようとせず、正式に名誉回復を認めたのは彼の生誕100周年にあたる2000年になってからのこと。


日米開戦の際に宣戦布告を遅らせてしまった外交官は出世させたのに、杉原氏の存在すら認めようとしなかった外務省のダブスタ・いい加減さが腹立たしく思うのは、私だけではないでしょう。

その杉原氏について詳しく知りたい方には、この書籍のご一読をお勧めします。


  『杉原千畝 情報に賭けた外交官  

                (白石 仁章・著 新潮文庫・刊)


 


        

同書では、命のビザを発給しただけでなく、類稀なるインテリジェント・オフィサーであった彼の実像を、浮き彫りにしています。


今宵は久しぶりに同書を読み返しつつ、情け深き外交官の冥福を祈りたいと存じます。笑3


 


                人気ブログランキング

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック