FC2ブログ
勇 猛

我が国の自衛隊には、陸・海・空・・・即ち陸上・海上・航空の3隊で構成されています。

では、世界最強のアメリカ軍は? と聞かれてスラスラ答えられる人は、軍事オタクだけかもしれません。

実は米軍は3軍ではなく、5軍もあるんです。

陸・海・空の他に、海上警備を主任務とする沿岸警備隊。
それからもうひとつ・・・映画やドラマによく登場する


  アメリカ海兵隊
  United States Marine Corps


が創設されたのが、今から220年前の今日のことでした。

日本では江戸時代、第11代将軍・徳川家斉の時代です。


         


 「えっ、海兵隊って海軍の下部組織じゃないの?」

って思っていらっしゃる方が少なくないと思いますが、海軍とは全く別・・・というより、3軍と連携している独立組織なんです。


海兵隊の前身は、独立戦争中の1775年に設立された『大陸海兵隊』。



ただこれはイギリス軍にあった海兵隊を真似ただけで、確たる設立理由があったわけではなかったそうな。


故に兵は寄せ集め・・・酒場で若者を泥酔させたところで入隊のサインをさせてそのまま入営させるような出鱈目も横行し、初代海兵隊総司令官は居酒屋の経営者だったといいますから、驚き。

そんな軍隊ですから、独立戦争勝利が見えた1783年に解散。


フランスと緊張状態に入った1798年7月11日に、軍備拡張のため『アメリカ海兵隊』 として再建されたのです。

しかし創立後しばらくの間は陸・海軍の補佐的な位置づけであり、平時には何度となく規模縮小や予算削減に遭うなど、どちらかというと日蔭者的な存在でした。

それが一躍脚光を浴びるようになったのは、第二次世界大戦勃発後のこと。

ヨーロッパ戦線に加えて日本との開戦によって太平洋という広い海域での戦闘を余儀なくされたアメリカ軍が、南洋諸島への上陸作戦などで力を発揮したから。

その際たる戦いが、硫黄島の熾烈な戦闘。
アーリントンの巨大な海兵隊戦争記念碑が、それを象徴しています。

       


彼らの任務は、海上からの上陸作戦などで敵の前に真っ先に乗り込むこと。

各軍を組織的に比較すると、


           現役将兵    予備役     計(万人)

陸  軍        46       53        99
海  軍        33       10        43
空  軍        33        7        40
海兵隊         18        4        22

と、人数こそ3軍に比べて小規模ながら、第二次世界大戦以降のベトナム戦争や湾岸戦争・イラク戦争などでは海軍などと連携して大きな戦功を挙げています。


       

戦闘が起きれば、世界中どこへでも真っ先に飛んでいく海兵隊・・・当然日本にも駐留しています。

※在日米海兵隊のHPは、こちら。(↓)
           http://www.okinawa.usmc.mil/


日本の左翼メディアは駐留している(特に沖縄の)米兵が起こした交通事故とか不祥事は大々的に報じますが、彼らが日常いかに日本人と接しているかは黙殺します。

しかし安保条約が締結されている以上、もし尖閣上陸など我が国の領土・領海が侵される事態になれば、真っ先に現場に命がけで飛んでいくのは、彼らなのです。

是非HPをご覧いただき、私たち日本人の生命を自衛隊と共に守ってくれる彼らの活動を知ってください。

ちなみに、彼ら海兵隊のモットーは、

   “Always faithful. ” (常に忠誠を)

です。  Oohrah!” (ウーラー!) 


                人気ブログランキング

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック