FC2ブログ
散 歩

どちらかというと悪役が多かったながらも、その笑顔が何とも魅力的・・・今日は、私も好きだったその俳優

 地井武男 さん

の命日、早いもので七回忌にあたります。


       


地井(※本名同じ)さんは戦時中の1942(昭和17)年、現在の千葉県匝瑳(そうさ)市に8人兄弟の末っ子として生まれました。

県立高校卒業後、石原裕次郎や赤木圭一郎に憧れた彼は、1963年に俳優座養成所に第15期生として入所。

同期には、原田芳雄・林隆三・太地喜和子・前田吟・夏八木勲・村井邦夫・栗原小巻など、錚々たるメンバーが。

3年後に卒業すると、創立メンバーとして加わったオンシアター自由劇場で活躍。

その後テレビや映画にも出演するようになりましたが、主演から脇役、悪役からマイホームパパ役まで、実に広い役柄をこなし演技に磨きをかけました。


『ザ・ガードマン』や『キイハンター』にも出演したそうですが、残念ながら私の記憶にはナシ。

やはり地井さんを初めて認識したのは、『太陽にほえろ!』。
1982~86年まで井川巡査部長役で出演した時でしょう。

       

実は地井さん、このレギュラー出演の前に犯人役としても同番組に出演した珍しい経歴の持ち主。

もっとも、その回は本物のライフル銃を小道具で使ったため、警察から厳重指導を受けてお蔵入り・・・う~ん、残念。


その後は自然体というか普通の中年男性役が多くなったそうな。

1974年に元女優の真木沙織さんと結婚し一女をもうけたものの、彼女は2001年に乳がんで他界。

その真木さん本人の勧めもあって、彼女の知り合いだった元モデルと2004年に再婚。

『北の国から2002・遺言』では、妻がガンにより余命宣告を受けたことを地井さんが伝えるシーンがあったそうな。

この撮影の2ヶ月前に地井さんは真木さんを亡くしていたため、それを思い出して涙が止まらずNGを出した・・・という悲しいエピソードも。


その後ドラマや映画だけでなく、バラエティー番組にも出演するようになった地井さんの名を全国区にしたのが、『ちい散歩』。

2006年から放送開始以来1,518回も続いた長寿番組は、そのタイトル通り地井さんが全国各地を徒歩で回り、その風情を伝えるほのぼのとした内容。

訪問地は累計833ヶ所、歩いた総距離2.600km近く・・・おかげで全国に散歩ブームが巻き起こり、彼自身〝散歩の達人〟と言われるように。

       

1995年に狭心症を患ってから健康に気を遣うようになっていたという地井さんですが、それでも病を避けることはできませんでした。

2012年1月、視野狭窄に襲われた彼は緊急入院し精密検査を受けたところ心臓疾患が発見されたため、大事を取って芸能活動を休止。

これにより 『ちい散歩』 などのレギュラー番組を降板し、治療に専念。


入退院を繰り返しましたが、2012(平成24)年6月29日・・・心不全により70歳で天に召されました。

青山葬儀所で行われたお別れ会には、著名人ら友人・知人800人、一般会葬者が1,500人も参列。

大スターではなくとも、その人気ぶりが伺えますネ。

彼が作った散歩ブーム・・・今後は誰が引き継ぐのでしょう?

あらためて〝散歩の達人〟のご冥福をお祈り致します。笑3


 


                人気ブログランキング

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック