FC2ブログ
敬の的

父は中学校の校長をしていた。

自分が負けず嫌いだったから、娘に対しても小さい時から「偉くなれ」と言って育ててきた。

大きくなると、更にその上に 「人よりも偉くなれ」 と育てた。

小学校から高校まで、娘は順調に伸びていった。
だが、東京の大学に進むとそうはいかなくなった。

いくら努力しても自分より優れた人が数多いる。
娘は絶望し、電車に投身自殺をした。

「両親の期待にそうことができなくなりました。 人生を逃避することは卑怯ですが、いまの私にはこれよりほかに道はありません。」

残された手紙にはそうあり、続けてこう書かれていた。

「お母さんほんとうにお世話さまでした。 いま私はお母さんに一目会いたい。会ってお母さんの胸に飛びつきたい。 お母さんさようなら。」

これを読んだ母は狂わんばかりに娘の名を呼び号泣した。

この父とは、東京家庭研究所の創設者・小林謙策氏(故人)である。

小林氏は言う。

「子供は這えば立ちたくなり、立てば歩きたくなり、歩けば飛びたくなる。 これが子供の自然な姿。

子供は無限の可能性を持って伸びようとする。
それなのに私は愚かにも〝人より偉くなれ〟と言い続けてきた。

〝自分の最善を尽くしなさい〟だけで、娘は十分に伸びることができたはず。
私は娘の死によって、家庭教育の重要性を痛感しました。」


以後、小林さんは家庭教育の探求と普及に生涯を捧げ、平成元年に亡くなられた。

自分の最善を尽くしなさい・・・一人娘の自殺という悲痛のどん底で掴んだ父としての覚醒である。


       

10億に人には10億の父がいるが、その父と子のありようは千差万別である。

父と子の理想の姿とというものはあるのだろうか。

孟子は「父子の間は善を責めず」、「父子親(しん)あり」と言っている。

父と子の間はああせいこうせいとあまり言わない方が良い、父と子の間は親しみこそが大事だというのである。

小泉信三とご子息は、まさにそういう父子だったと言える。
出征し戦場に行く子に宛てた父の手紙がある。

「我々良心は完全に君に満足し、君を我が子とすることを何よりの誇りとしている。
僕は若し生まれ替わって妻を択べといわれたら、幾度でも君のお母様を択ぶ。
同様に、若しもわが子を択ぶということが出来るものなら、吾々二人は必ず君を択ぶ。

人の子として両親にこう言わせるより以上の孝行はない。」

安岡正篤師は自著の中で、「父は子供の敬の的、母は愛の座」と説いている。


父は子供の尊敬の対象であれ、母は子供を愛で包む存在であれ、と言うのである。

愛だけで人は育たない。 
愛と友の敬するものを持って初めて人は人となり、成長する。

拳拳服膺(けんけんふくよう=心にしっかり留め忘れないこと)したい教えである。


           ◆     ◆     ◆     ◆

父親の皆さん、子供から敬の的になっていますか?


最後に、父親に関する偉人の言葉をいくつかご紹介します。


★ パスカルに対して父親が示した教育方針

 ①どんな場合でも、実力以上の勉強はさせない。
 ②理解できると見てとった、あらゆることについて語る。
 ③なぜそれを学ぶ必要があるか、十分に理解させる。

★ ゲーテ

  もし子供たちが期待される通り成長し続けるとしたら、天才しかいなくなってしまうだろう。


★ ルソー

 子供には学問を愛する趣味を与えよ。

 本当の教師は父親である。 世界で一番有能な先生によってよりも、分別ある平凡な父親によってこそ、子供は立派に教育される。


                                    ※月刊『致知』6月号より、抜粋・編集にて


今日は6月第3日曜日・・・〝父の日〟です。笑3


 


               人気ブログランキング

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック