FC2ブログ
悪 役

映画やドラマにおいて、なくてはならないのが悪役。

この悪役が憎々しいほど、主役が引き立つのですが・・・今日は、そういう意味において日本有数の名悪役と言える

 室田 日出男 さん


の命日・十七回忌にあたります。


       


室田(本名同じ)さんは、1937(昭和12)年に北海道・小樽市に生まれました。

札幌東高等学校卒業後、1957年にニューフェイス第4期生として佐久間良子さん・山口洋子さん・山城新伍さんら共々、東映に入社。

しかし1961年に千葉真一さん主演の映画クランクイン前日に酒に酔ってホテルのガラスを割るなど大暴れし、激怒した深作欣二監督に3年間出入り禁止を言い渡されてしまいます。

それでも、その深作欣二監督の 『仁義なき戦い』 シリーズでの悪役ぶりで注目されましたが、組合活動で会社から睨まれたり撮影現場で喧嘩沙汰を起こすなど、問題児ぶりを発揮。


       


そんな彼の転機となったのは、1975年に川谷拓三さん・志賀勝さんらと共に 『ピラニア軍団』 を結成し、そのリーダー役になったことでしょうか。

1977年に覚せい剤不法所持で謹慎処分を受けたものの、1980年以降は『影武者』・『野獣死すべし』・『魔界転生』に出演して高い評価を受け、1992年には『修羅の伝説』でブルーリボン賞の助演男優賞を獲得。

個人的には、『キイハンター』や『Gメン’75』などの刑事ドラマでの悪役ぶりが印象に残っていますが、一方 『難波金融伝 ミナミの帝王6 欲望の街』 で、悪役とは正反対のヒゲを伸ばした気のいいストリップ劇場の支配人役も忘れられません。

しかし役柄では強面だった室田さんも、役者人生の後半は病との闘いの日々だったとか。


       

酒豪で知られた彼は、1992年に北海道で撮影中に倒れ緊急入院。

飲み過ぎで腎臓を傷め10時間に及ぶ手術を受け、その際に肝臓肥大も見つかり3週間の入院生活。

更に1995年には大量吐血で緊急入院。

にも拘わらず、彼は医者から止められても酒を飲み続け、節制をしなかったそうな。

その一方で仕事に対する思い入れは人一倍強く、病床でも 「いい作品があれば、オレはまだ仕事をするんだ」 と意欲満々だったとか。

しかし、その願いは叶わず・・・2002年6月15日、肺がんにより64歳で天に召されてしまいました。

役者として、まだまだ活躍できる年齢だっただけに、残念です。

葬儀の際、同期の山城新伍さんが語った、

「彼は僕らと違ってバラエテイー番組に出ない、本当の役者」

という言葉が、彼のプロ根性を如実に示しています。

生涯で700本以上の作品に出演した悪役のご冥福を、あらためてお祈り致します。笑3


 


                人気ブログランキング

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック