FC2ブログ
命 名

まもなく梅雨がやってくる日本。
そして梅雨が明けてしばらくすると、台風シーズンがやってきますネ。


ご存知の通り、我が国ではその年の1月1日以降発生した順に〝台風〇号〟と番号を付けています。

しかし戦前は、『室戸台風』とか『枕崎台風』などと地名をつけており、また敗戦後の占領下では、アメリカに倣って『キティー』とか『ジェーン』などと女性名をつけていた時期がありました。

それを現行のように番号制に改めたのが、サンフランシスコ講和条約が発効して正式に日本が独立を果たした翌年・・・今から65年前の今日・1953(昭和28)年6月4日からだったそうです。

(※但し沖縄は当時まだアメリカ占領下だったため、番号制になったのは日本に返還された1972年以降。)


そもそも、何故アメリカがハリケーンに女性名をつけるようになったのか?

実はアメリカでも、昔は上陸地や聖人の名をつけていたのだそうです。


女性名をつけるようになった経緯には諸説あるものの、最も有力視されているのはJ・スチュアートが1941年に出版した “Storm ” という人気小説で、そのストームに “Maria ” という名前がつけられていたことが発端という説。

以後、この作品を気に入った気象学者がこぞってハリケーンに奥さんや恋人などの女性名をつけるようになったそうな。


       台風


しかしこの女性名をつけることは男女同権に反し性差別に繋がる、と世界気象機関(WMO)から指摘され、1979年以降は男女双方の名がつけられるように。

とは言え、記憶に残っている大きな台風は2005年の『カトリーナ』のように、女性名・・・っては、気のせい?

日本国内では番号制を採用していますが、国際的には台風防災に関する各国の政府間組織である〝台風委員会(日本含む14ヶ国等が加盟)〟の決定により、2000年から北西太平洋または南シナ海で発生する台風には、委員会加盟国が提案したアジア名を付けることに。


台風の名前は、発生順にあらかじめ用意された140個の名前を順番に用います。


スタートした2000年の台風第1号にカンボジアで象を意味する 『ダムレイ』 の名前が付けられ、以降は予め用意された140個の名前が順に使われ、最後まで使い切ると再び 『ダムレイ』 に戻ります。

 ※そのリストは、こちら。(↓)
  http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/typhoon/1-5.html


だいたい5年程で1周するそうですが、前述の 『カトリーナ』 のように甚大な被害をもたらした台風に使われた名前は永久欠番ならぬ〝永久欠名〟に指定され、2度と使われることはないそうてす。

その〝永久欠名〟が、これ以上増えないことを祈るばかりですが・・・。

※ちなみにこの事実を知るまで、私は台風に女性名を付けるのは、一度荒れだしたら誰にも止められないところが同じだから、だと思ってました。 
すぐ近くに実例がありますので・・・。
あせあせ


 


                人気ブログランキング

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック