FC2ブログ
腹 心

『太閤記』 などに、豊臣秀吉の家臣としてその名が出てくる


 蜂須賀 小六(正勝)


彼は歴とした実在の人物であり、今日が彼の命日にあたります。


秀吉が生まれる11年前の1526(大永6)年に蜂須賀正利の長男として生まれた小六は、時代小説などで野盗や野武士のように描かれ、とかく秀吉とは偶然に出会ったような設定になっています。


しかし実際は尾張の蜂須賀郷を拠点とした領主の子孫であり、1553年に父が亡くなった後は齋藤道三に、その後織田家に仕えたことがあるものの、基本的には木曽川中洲を本拠地にしていた武装集団・川波衆を束ねる独立系の武将だったとか。

また秀吉の父・木下弥右衛門が蜂須賀正利に仕えていたとされ、その縁で秀吉は少年時代から小六とも面識があったと思われます。


そして彼は〝顔中髭だらけの荒くれ男〟というイメージで時代劇に登場しがちですが、実際にはこんなスッキリした方だったようです。(↓)


         


小六の名が一躍表舞台に躍り出たのは、木下藤吉郎(秀吉)が信長の命を受け、佐久間信盛・柴田勝家が果たせなかった 〝墨俣一夜城〟 の築城に、大きく貢献してからのこと。


齋藤道三の攻撃を凌ぎつつ軟弱な土壌に短期間で築城することは、地元の人脈・地理・河川事情に通じた川並衆を差配できた彼の存在なくしては成しえなかったといわれています。


その後も秀吉の毛利征伐に同道するなどして軍功を挙げましたが、その恩賞として与えられた阿波一国を息子・家政に譲り、さらに自分よりも後から秀吉に仕えた武将を立てて、ひたすら年下の主君・秀吉のそばに仕え続け、


「秀吉の動くところ正勝のあらざるなく」


とまで言われたという蜂須賀小六。


こんな忠臣が1人でもいてくれたら・・・そう思う経営トップも多いのではないでしょうか?あせあせ


秀吉が世を去る12年前・1586(天正14)年5月22日に彼は60歳の生涯を閉じますが、息子・家政も秀吉に仕えて小田原征伐や文禄・慶長の役に従軍し、徳島城主として君臨。


その家政の子・至鎮は家康の養女を妻に迎えたことから東軍に属し、以後蜂須賀氏は徳川大名として明治維新まで家を継いだそうです。


秀吉の〝腹心〟は豪放磊落というより、あたかも〝ミニ家康〟。

己の分を弁え、年下でも有能な上司・秀吉に尽くして一族を守った、深慮遠謀の智将だったようです。笑2


さて、この蜂須賀小六の子孫が現在芸能界で活躍しているのをご存知でしょうか?

それは、この方・・・。

        

そう、女優・タレントの釈由美子さん。

彼女の本姓は〝釋〟であり、これは蜂須賀小六の末裔が出家して四国に渡った際に改名したものだとか。

もっとも、これは釈さん本人が仰っていることなんですけどネ。

信じるか信じないかは、貴方次第ですが・・・。


 


                人気ブログランキング 

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック