FC2ブログ
浄 化

早速ですが、昨日のクイズの答えです。

東京ドームの容積は約124万㎥。 一方霞ヶ関ビルは約50万㎥


従って正解は・・・約2.5杯でした~。

         ◆     ◆     ◆     ◆ 


さて皆さんの中にも、自宅の蛇口に取り付けている方がいらっしゃるでしょう。

今日は、4月13日・・・よ(4)い(1)み(3)ずの語呂合わせで、

 浄水器の日

なのだそうです。 日本工業規格(JIS)では、

『ろ材を用いて水道水中の溶存物質、濁りなどを減少させる機能を持つ水処理器具』

と定義されている家庭用浄水器は、「水道水が臭う」という苦情が多数寄せられた1960年代から、各家庭で使用されるようになったとか。

具体的には発がん性のあるトリハロメタンやマンションなどの貯水槽に貯まった水のサビや金属等の不純物、更には臭いの元となる藻や菌類の除去などが効用として謳われています。

蛇口直結型・据え置き型・ポットピッチャー型・シンク内蔵型など様々なタイプがあり、また過去には様々な業者が独自の効用をPR・販売していました。

しかし現在では上記JISにより、適用範囲・種類・浄水能力(対象物質は遊離残留塩素、濁り、揮発性有機化合物、かび臭、溶解性鉛など13物質、その内遊離残留塩素は必須)・耐圧性能・逆流防止性能・操作性能・耐久性能・各試験方法・表示事項などが細かく規定されています。


記念日を制定した浄水器協会では、景品表示法・特定商取引法・家庭用品品質表示法など消費者保護法令に準拠した表示・表現を行っているかなどのコンプライアンスを審査して、『浄水器適合マーク制度』 を実施しているとのこと。


さんのご自宅に設置してある浄水器に、下記のマークが添付されているかどうか確認してみてください。

信頼度のひとつの目安として・・・。


  
           (注:右の〝RO〟は、逆浸透膜方式の略)


因みに我が家も水に対しては敏感な方で、かなり前から使っています。

ただ浄水器というよりも、水を電解・分離してアルカリ・イオン水を作り出すという、いわゆる〝整水器〟というヤツですが。


「水が柔らかくかつ美味しくなり、水道水から発がん性物質である活性酸素を取り除く」 という謳い文句に惹かれて、20年近く前に購入し、以来使い続けています。


       

まぁその効能は? と聞かれれば、確かに水道水より炊いたご飯や味噌そ汁は美味しいとは感じますが、活性酸素を取り除いてくれているかどうかについては、正直実感はありません。

蛇口をひねると、飲用水と分解された排水がほぼ半々に別のホースから出てきますから、電離分解しているのでしょうが、何となく水道代を2倍払ってる気になるのは、単に私がセコいから?

まぁこういう商品は、肉体的というよりも精神的な安心のために使うものなのかも・・・なんて言ったら、浄水器協会さんに叱られるかナ?あせあせ

そういえば、ナントカ還元水なんて国会で答弁した挙句、自殺してしまった国会議員がいましたっけ。


因みに彼をそこまで追い込んだのは、「2番じゃダメなんですか?」でお馴染みの二重国籍議員でしたが・・・。うー


               人気ブログランキング 

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック