FC2ブログ
争 議

今でこそ労使協調路線を取る民間企業が多くなりましたが、戦後直後の混乱期は経営側と労組が激しく対立していました。

その中で最も大規模な労使対決となったのが、大手映画会社で起きた

 東宝争議

と呼ばれるもの。


終戦後日本に乗り込んできたGHQの民間情報教育局は、民主化の一環として映画会社内部に労働組合の結成を急がせました。

それに呼応する形で、元々開放的な社風だった東宝には、早くも1945年12月に従業員組合が結成され、全日本産業別労働組合会議にも加盟し、たびたびストライキを実行。

全従業員の約90%・約5,600人が組合に加入し、また50%以上が共産党員だったといいます。

1946年3月に第一次争議、同年10月に第二次争議が起きたことで組合対策に追われた同社ではその年他社の半数しか映画製作が出来ず仕舞い。

これに嫌気した大河内伝次郎・長谷川一夫・山田五十鈴ら10人のスターが東宝を離れて〝十人の旗の会〟を結成し、翌年3月には彼らが中心となって 『新東宝』 を設立するなど、混乱が続きました。

(なお、『新東宝』は1961年に倒産。)


混乱を収拾すべく、GHQは東宝に追放令を発して経営陣を入れ替え、新社長に元日本商工会議所専務理事で衆院議員だった渡辺銕蔵(1885-1980)を送り込みます。

         

〝反共の闘士〟として鳴らした彼は、労組担当重役や撮影所長に対組合強硬派を揃えた上で、今からちょうど70年前の今日・1948(昭和23)年4月8日に突然東京・砧撮影所の従業員270名を解雇。

更に1,200名の解雇計画を発表したのです。

これが最も激しい闘いとなった第3次争議の幕開けでした。


これに激しく抵抗した従業員組合は、砧撮影所の資材を占拠しゲートを封鎖。

一方会社側は、東京地裁に営業再開の仮処分を申請。

地裁はそれを認め同年8月に執行官が撮影所に向かったものの、組合側は約2,500名が敷地内に籠城し、激しく抵抗。

特撮用の大型扇風機で、砂利やガラス片を飛ばそうとしました。

業を煮やしたGHQは、遂に武装したMP150人に加えて陸軍自動車部隊1個小隊、更に装甲車や戦車・航空機まで出動させ、鎮圧に向かいます。


     

「来なかったのは軍艦だけ」と言われるほどの軍備で包囲されては、さすがの組合も抵抗できず、結局籠城を止めて撮影所から退去。


同年10月に組合最高幹部が渡辺社長らと会談し、組合幹部20名の自主的な退社を条件に、残り250名の解雇撤回で合意し、争議に終止符が打たれました。

とは言え、2年後彼らはレッドハージという形で解雇されてしまうのですが・・・。

この労使紛争は、映画界に大きなダメージをもたらしましたが、その一方で大きく運命が好転した人もいました。

それは、この方。

       

そう、俳優の三船敏郎さん。

彼は実家が写真館だったこともあり、元々は撮影助手として東宝に応募したのですが、間違って同社の第1回ニューフェイスの応募に履歴書が渡り、オーディションでもふてくされたというかふてぶてしい態度で不合格になりかけたところを、高峰秀子さんや黒澤明監督の目に留まって、辛うじて合格。

「入社すればそのうち希望の撮影部に回れるかも・・・」 という言葉を信じて東宝に入ったのです。

しかしこの東宝争議によって現場は荒廃し、撮影などできる状態ではなく俳優が大挙して会社を離れたため、若手の彼が俳優を務めるしかなくなってしまったのです。

イヤイヤだったのに、黒沢監督に起用されて以降ゴールデンコンビとして世界の映画界にその名を残すことになったのですから、人間の運命は分かりません。

もし東宝争議がなかったら、彼の名は映画のエンディングロールにスタッフとしてチラッと名前が出るだけで終わっていたのかも・・・。あせあせ


              人気ブログランキング 

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック