FC2ブログ
合 併

今日は4月1日・・・新年度のスタートですネ。

新入学する学生さんや新社会人となる若者、また新たな職場に転勤する方々のご健闘をお祈り致します。

さて新年度となると、人間だけでなく組織も変わる節目の日。

過去この日に市町村の合併に伴い新たな市制をスタートした地方自治体も数多くありますが、民間でも大手銀行(都銀)の合併により

 メガバンク

が誕生した日でもあります。

私が社会人になった1981(昭和56)年頃は、都銀と呼ばれる大手銀行は、第一勧銀・三井・三菱・富士・三和・住友・大和・協和・太陽神戸・東海・東京・北海道拓殖・埼玉の13行あったと記憶しています。

それが1997年、不良債権問題により北海道拓殖銀行が破綻したことを端緒に各行とも合併による固定費の削減・筋肉体質への転換を図りました。

そして2001年4月1日に、住友グループの住友銀行と三井系のさくら銀行が合併して三井住友銀行が誕生。

更に翌2002年4月1日には第一勧業銀行・富士銀行・日本興業銀行が合併してみずほ銀行・みずほコーポレート銀行に。

ただこの時は合併初日から大規模なシステムトラブルに見舞われてATMが使用不能となり、本来は晴れの会見となるはずが一転して謝罪会見に。

顔をゆがめた経営陣が頭を下げていた光景を憶えています。

※三菱UFJフィナンシャルグループ・MUFG 傘下の東京三菱銀行と UFJ銀行が合併し三菱東京UFJ銀行が誕生したのは、2006年1月。

現在メガバンクと呼ばれているのは、上記3行(フィナンシャルグループ)に加えてりそなホールディングスの4行。

随分と統合されたものですが、過去の合併の歴史を分かりやすく示した図がありましたので、以下にご紹介します。

  


どうでしょう、皆さんも昔預金口座を開いた懐かしい名前の銀行があるのでは?


その昔、損保マンの頃・・・とあるコンペで銀行マンの方と一緒の組になったことがありました。

関西弁バリバリのその方は、さくら銀行にお勤めとの事。

「いつ転勤で東京に来られたんですか?」 と聞いたら、

「去年ですワ。 そもそもネ、私は神戸に生まれ育ったもんで、神戸銀行に入ったんですワ。 そしたら太陽銀行と合併したでしょ。

まだその時は良かったんやけど、三井と合併したおかげで東京に来る羽目になったんですワ。

神戸離れとぅないから神戸銀行に入ったのに・・・こんな殺生なこと、おまへんで。」

と、怒ること怒ること。

損保業界もその後同じ道を歩むことになりましたが、財閥の垣根を超える金融機関の合併なんて、私が入社した昭和時代には考えられないことでした。

生き残るためには仕方ない事だってのでしょうが、そのおかげでその銀行マンのように企業合併で人生設計を大きく変えられたサラリーマンは、少なからずいらっしゃったんでしょうネ。うー

              人気ブログランキング 

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック