FC2ブログ
未公認

〝大寒〟を過ぎて1ヶ月近く経ちますが、まだまだ寒いですネ。

日本での最低気温というと、公式記録としては1902(明治35)年1月25日に旭川市で記録された-41.0℃ですが・・・実はそれを下回る

 -41.2℃

という戦後最低気温が、今からちょうど40年前の今日・1978(昭和53)年2月17日に観測されました。

場所は、北海道雨竜郡幌加内町母子里(もしり)。

    

ここにある北海道大学農学部付属演習林に設置されていた水銀柱で記録されたものですが、気象台やそれと同様の観測装置を使う測候所・気象観測所の観測記録ではないため、未公認記録に。


(この日、同地区の他の気温計では-44.8℃を記録したそうですから、本当に日本最寒の日だったようです。)


同地には、これを記念したモニュメントや記念碑が建てられています。

   


母子里では1977~82年まで6年連続で-40.0℃以下を記録したそうですから、まさに日本最寒の地と言ってもいいかもしれません。

そこで公式記録ではないものの、町内の若者たちが中心となり、村おこしとして気温が-10℃以下になると大気中の水蒸気が昇華し極小の氷晶となって降る〝ダイヤモンドダスト〟を体験する 『天使の囁きを聴く集い』 を1987年から開催しています。

今年も今日午後5時~10時までライトを点灯して光り輝くダイヤモンドダストを楽しめるそうですので、見たい方は今から飛行機に飛び乗れば間に合うかも。


『天使の囁きを聞く集い』 HPは、こちら。(↓)

             
http://wisperofan.exblog.jp/


ただこの最低気温ランキングに関して、私には気に入らないことがあるんです。

あっ、別に母子里の記録やイベントに不満がある訳じゃありません。


というのは、非公式ながら我が国では過去に-45.6℃という記録があるから。

これは南樺太の豊栄郡落合町
(下地図・赤点地域)で1908(明治41)年1月19日に観測されたもの。 


    

ご存知の通り、南樺太は日露戦争後日本がソ連から割譲された立派な我が国の領土。

しかし大東亜戦争直後にソ連軍がなだれ込んで実効支配し、現在もロシアがそれを続けています。



※但し北方領土問題と違って、日本政府はサンフランシスコ講和条約の関係上、南樺太の返還をロシアに強く求めてはいませんが。



個人的には、この記録こそ日本の領土で記録された最低気温として気象庁には公式に認めて欲しいですけどネ。

忖度なしで・・・。
うー


               人気ブログランキング 

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック