FC2ブログ
便 乗

さて、今日は言わずもがなの


 バレンタイン・デー


269年2月14日、兵士の自由結婚禁止政策に反対したバレンタイン司教が、時のローマ皇帝の迫害により処刑されたことに因み、バレンタイン司教の記念日としてキリスト教の行事に加えられ、恋人たちの〝愛の誓いの日〟に。

欧米では花やケーキ、カード等を贈る風習がありますが、女性が男性にチョコレートを贈るのは、日本独自のもの。


さて、このバレンタインに女性から男性にチョコを贈るという習慣・・・今からちょうど60年前の1958(昭和33)年 に、メリーが東京のデパートで〝バレンタインセール〟と銘打って板チョコを販売したのが始まりなのだそうです。


   
         
1958年に販売された板チョコ(Mary's HPより)


しかし当時は全く消費者に認知されず、3日間で50円の板チョコ3枚、20円のメッセージカード1枚。

売上はたったの170円という惨憺たる結果だったそうな。


年間のチョコレート総売り上げの10%以上を売り上げる今ではとても信じられません。

でも同社はこれにメゲず、次の年もバレンタインセールを企画。 

ハート型のチョコレートの上に贈る人と相手の名前を彫るサービスをメインに打ち出し、〝
年に一度、女性から男性に愛の告白を〟 というキャッチコピーを考案。(↓)


   


これが当時発刊したばかりの女性週刊誌などの目に留まって特集記事が組まれたことで、一気に認知度がアップ。

やがてバレンタインデーに女性から男性にチョコレートを贈る習慣は徐々に浸透し、現在のような一大イベントへと成長したのだとか。

男性にとっては、たとえ〝義理〟でも貰えば嬉しいチョコレートですが、ここ数年来は義理チョコは減少傾向で、むしろ自分のために買う女性が増えているとか。

拙ブログの男性読者は果たして何個もらえるでしょうか?
また女性読者は何個渡すのでしょうか?

私は、女王様から「アンタにあげても、どうせ甘いモノは食べないでしょ。」 と冷たく突き放されてますから、1個も貰えませんけど。
うー


さて、このすっかり日本に定着した記念日にあやかろうと、その後様々な便乗記念日が制定されました。

有名どころでは、ちょうど1ヶ月後・3月13日の『ホワイトデー』。

これは1978(昭和53)年にキャンディーを贈る日として全国飴菓子工業協同組合が制定。

更に1ヶ月後の4月14日をバレンタインデー・ホワイトデーに続く第3の愛の記念日としてオレンジやオレンジ色のプレゼントを贈る『オレンジデー』に。

そしてトドメ(?)は7月7日を『サマーバレンタインデー』として、ご本家のメリー・チョコレートが申請し、2010年に登録。

メリーさん、ちょっと欲張りし過ぎなような気がしますが・・・更に今日は『ネクタイの日』なんてのが。

でも 『ネクタイの日』 ってのは、今日とは別に10月1日にも制定されていますから、チャッカリ記念日と言っていいかも。

しかしいずれも、イマイチ成果には繋がっていない模様。

やはり〝柳の下の泥鰌〟という格言通り、安易に便乗したり欲をかいてもロクな結果にはならないってことでしょうネ。

まァ、個人的には下品な食べ方をさせる恵方巻が早く廃れることを願ってますが・・・。うー


               人気ブログランキング 

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック