FC2ブログ
国際大会

今日、午後0時10分にスタートが予定されている、


福岡国際マラソン


別府大分・東京・びわ湖毎日の各大会と並び、日本四大レースのひとつであるこの大会が初めて開催されたのが、今からちょうど70年前の今日・1947(昭和22)年12月3日のことでした。


但し、戦後の日本をマラソンで元気づけようと、〝マラソンの父〟といわれた金栗四三選手の功績を称えて 『金栗賞朝日マラソン』 と名付けられ33選手が参加したその第1回大会は、福岡ではなく熊本で開催されましたが・・・。


栄えある初代優勝者は、和田利一選手(2時間45分45秒)。


       


その後開催地は高松・静岡・広島・福岡・宇部・名古屋・鎌倉と転々。


現在の福岡開催に固定されたのは、1959年の第13回大会から。

(とは言え、コース・ルート自体は昔と現在では違っていますが・・・。)

1966年に日本陸連が世界選手権の開催を国際陸連に提案したことで、同大会は『国際マラソン』と銘打たれ、実質的に世界一を決める大会に。

個人的に私がこの大会に注目するようになったのは、その翌年。


今からちょうど50年前の今日・1967年12月3日に開催された第21回大会で、オーストラリアのデレク・クレイトン選手(1942~)が世界で初めて2時間10分の壁を破る2時間9分36秒4の快記録で優勝してから。


     

       ※右は当時日本のトップランナーだった佐々木誠一郎選手


この時私は小学校3年生でしたが、クレイトンの名は今でも鮮明に憶えていますし、その後毎年のように同大会の中継を観ていました。

その中で印象に残った選手は、まず1971~74年まで4連覇を達成した、アメリカのフランク・ショーター選手。

髭を蓄え、颯爽と走る彼はダントツの強さを誇っていました。


       


この連覇中に開催されたミュンヘン五輪(1972年)のマラソンで、アメリカに64年ぶりの金メダルをもたらした名選手でした。

実は彼、1973年の毎日マラソン(現・びわ湖毎日マラソン)で、レース中にもよおし、沿道で振られていた毎日新聞社の小旗を数本引きちぎると、その紙を手にコースを離れて消防署のウラで用を足しながら、約20秒でコースに戻り、それでも大会新記録で優勝するという離れ業を演じたことで、当時話題になりましたっけ。

そしてもう一人は、我らが瀬古利彦選手。

1978~80年に3連覇を達成した後、1983年にも優勝。
翌年に開催されたロス五輪での金メダルを大いに期待されました。


       


しかし大会直前に恩師の体調不良等のアクシデントに見舞われ、結局メダルに手が届かなかったのが残念でした。

ところで、同大会は日本で開催されていながら、2004年の第58回大会で尾方選手が優勝して以来、外国人選手に優勝を独占され続けています。

今日行われる第71回大会で、日本人選手が14年ぶりに優勝をしてくれるかどうか?
扇子

ちょっと記録的に難しいかもしれませんが、地元の利を生かし根性で頑張って欲しいものです。


              人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック