FC2ブログ
不 屈

『一人の青年が23歳の時、イリノイ州議会議員に立候補して惨敗を喫した。


その後実業界に入ったがまた失敗の連続。


一文無しになった共同経営者の負債を背負い込んでしまい、以後17年もかかってその借金を返済した。


彼は一人の美しい女性と恋に落ち婚約までしたが、まもなくその婚約者は亡くなってしまう。


再び政界に舞い戻り連邦下院議員に立候補したが、またもや一敗地にまみれた。


そこで合衆国土地管理事務所に任官されるべく奔走したが、これも失敗に終わった。


その後彼は連邦上院議員選挙に立候補するもまたもや落選。


失敗に次ぐ失敗を重ねながら、彼はそれに屈することなく営々と努力を続け、弁護士としての実績を重ねながら、遂には政治家として歴史上最も有名な人物の一人となる。』


・・・皆さんはこの人物、誰だと思いますか?


正解は、この方。


 エイブラハム・リンカーン 

   Abraham Lincoln

        ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-Abraham Lincoln

伝記で語られている名声の影で、壮絶な人生を歩んでいたのですね。

しかも彼は結婚後4人の息子を授かりますが、長男を除く3人をいずれも若くして亡くしているのですから。 (※四男はリンカーン暗殺後に死亡)


その彼が凶弾に倒れ命を落としたのが、今からちょうど150年前の今日・1865年4月15日のことでした。


数ある彼の名言の中で、私にとって最も重い言葉・・・それは、


〝人間40(歳)にもなれば、自分の顔に責任を持たなければならない〟


これは、腹心の部下が閣僚としてある人物を推薦した際、それを却下する理由として語った言葉なのだそうです。


もう50歳を超えたというのに、未だ私は自分の顔に責任を持つ自信がありません。


しかし今からでもまだ遅くはないはず・・・リンカーンの 〝不屈の精神〟 を見習って、日々修行に励まねば! 





スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック