FC2ブログ
老 害

ここ数年、高齢者の我儘・暴走ぶりがメディアで報じられたり、その目撃情報がネット上で数多くアップされています。

以前バスの中で運転手に怒鳴り散らして乗客とトラブルを起こしたおじいさんの動画がアップされましたが、その言動はちょっと信じ難いものでした。


※その動画は、こちら。(↓)
    https://www.youtube.com/watch?v=qImKEkSmdUM


またつい先日行われた衆院選の開票特別番組で、「野党が酷すぎる。」 という視聴者の声を聞いた評論家の田原総一朗(敢えて敬称略)が、突然

「ちょっと待って! 野党が酷すぎるってどういうことなんだよ!」

と激怒し、周囲を凍り付かせました。

こういった〝モンスター老人〟の増加は、私たちの日常生活に余分なストレスをかける要因になりますが・・・実は私自身も昨日立ち寄った牛丼店で、モンスター老人を目撃してしまいました。


しかも2人。


店内に入ると、カウンターはほぼ満席。


たまたまひとつ開いていた席に座ると、右隣りには70歳代と思しき男性が。

茶碗を手にした彼が、私が食券を渡した若い女性バイト店員に、

「おい、お茶。 熱いっ!」

って、いきなり怒鳴ったんです。 


横にいた私がビックリするような大声で。

皆さんがこう言われたら、どう思います?


普通は、出したお茶が熱いからもっとぬるいのをくれ・・・って意味だと思いますょネ。

当然言われた彼女もそう思ったんでしょう。


「そうですか、すぐお取替えします。」


と言って、茶碗を預かると、少し水を足して出し直したんです。


まぁそのやり方もどうかと思いますが、それを男性客の目の前に置いた途端、今度はこう怒鳴ったんです。

「バカッ、もっと熱いお茶を持ってこいって言ったんだ。

お前、日本語分からないのか~!」


いやいや、日本語知らないのはアンタの方でしょうが。


私は横にいて不快になったので、これ以上怒鳴るようならもっと大きな声で 「うるせぇゾ!」 と恫喝してやろう・・・と思ったのですが、彼女が平謝りで

「すみません、今お持ちします。」

 

と、別の入れたてのお茶と交換。

それに満足したのか、それ以降は小声で 「最近の店員は、なっとらん」 などとブツブツ言いながら箸を動かしてました。


       

(ホッ、静かになってくれて良かった。)

と思っていたところに私の注文した定食が出てきたので、私は箸を取って食べ始めた途端・・・今度は反対のカウンターに座っていた60歳代くらいの男性客が、また怒鳴り始めたのです。

「おい、小鉢が違うゾ。 オレが頼んだのはとろろだ!」

すると先程の女性スタッフが飛んできて、「あっ、すみません。」 と言いながら半券を確認すると、そのまま厨房へ・・・。

「ったく、しっかりしてくれョ。 こっちは忙しいんだから!」

とブツブツ言っていた客のところに、店長らしき男性スタッフがやってきて、小声で話しかけました。

するとその男性客は、

「なんだ、オレが買い間違えてたのか。」

「えぇ、そのようです。」

「ったく、自販機のボタンが分かりにくいんだョ。


しょうがねぇなァ。 じゃあ、取り換えてョ。」

と全く謝罪もせず悪びれる様子もなし。 

しょうがねぇのは、アンタだっての。

バイトの若い女性、もう辞めたくなったかも・・・。

私が店内にいた約15分の間にモンスター老人のトラブルが2件って、凄い確率ですょネ。

いや、高齢化がますます進む今後は、こういうトラブルをそこかしこで目撃することになるのでしょう。

気が重くなるばかりですが、自分がああならないように気を付けなくっちゃ。
うー


 


              人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック