FC2ブログ
頑固一徹

今でこそJリーグがあり、ワールドカップに毎回出場する人気スポーツとなったサッカーですが、私が小学生低学年の頃はジャイアンツが連覇の真っ最中で野球が全盛・・・サッカーはマイナースポーツでした。

その様相が一変し、野球小僧だった私でさえ校庭でボールを蹴るようになったのは、小学校4年生の時から。

それは釜本・杉山・横山選手らが大活躍して1968年のメキシコ五輪で日本チームが銅メダルを獲得したから。

まさに日本サッカーが世界に認められ、国内のサッカー熱が一気に高まる契機となったわけですが、その日本代表を世界レベルにまで引き上げた名コーチが

 デットマール・クラマー
     Dettmar Cramer


今日は、この〝日本サッカーの父〟の命日・三回忌にあたります。


        


クラマーは1925年にドルトムントで生まれたドイツ人。

彼自身もプロサッカー選手としてヴィクトリア・ドルトムントなどで活躍しましたが、ケガのために引退を余儀なくされ、その後指導者に。

西ドイツのユース代表監督在任中には、後に〝皇帝〟と呼ばれた名選手ベッケンバウアーを見出しています。

そして東京五輪開催を前にした1960年・・・日本代表チームの強化を目指す日本サッカー協会は彼の指導力に注目し、日本サッカー史上初の外国人コーチとして彼を招聘。


クラマーの指導法は、まさに手取り足取り・・・自ら手本を示して徹底的に基礎練習を繰り返したといいます。


       


単調な練習を批判する向きもあったようですが、クラマーは馬耳東風。
その指導方針を一切変えることはなかったとか。

そして1964年の東京五輪では、アルゼンチン代表を破ってベスト8に進出して結果を出し、任期を終えた彼は帰国。

その際日本サッカー界に残した提言、


 ◆強いチーム同士が戦うリーグ戦の創設。

 ◆コーチ制度の確立。

 ◆芝生のグラウンドを数多く作り、維持すること。

 ◆国際試合の経験を数多く積むこと。

   代表チームは1年に1回は欧州遠征を行い、強豪と対戦すること。

 ◆高校から日本代表チームまで、それぞれ2名のコーチを置くこと。

は、東京五輪翌年に日本サッカーリーグを発足させるなど関係者の尽力により全て実現され、それがメキシコ五輪の銅メダル獲得など日本サッカーの隆盛に繋がりました。

       

              釜本選手とクラマーコーチ


1975~76年に自ら発掘したベッケンバウアーが所属していたバイエルン・ミュンヘンを率いてUEFAチャンピオンズカップで連覇を果たすなど、本国でも指導者としての手腕を発揮しましたが、その優勝インタビューで人生最高の瞬間では? と問われた彼の答えは

「人生最高の瞬間は日本がメキシコ五輪で銅メダルを獲得した時だ。 私はあれほど死力を尽くして戦った選手たちを見たことがない。」

FIFA専任コーチとして世界90ヶ国以上で指導を行った彼ですが、日本サッカーに対する思い入れは一入・・・日本人の想像以上だったのですネ。

1971年に勲三等瑞宝章を、そして2005年に日本サッカー協会が制定した 『日本サッカー殿堂』 の第1回受賞者となり、2011年には母国ドイツのサッカー連盟からも名誉賞を授与された彼が90歳で大往生を遂げたのは、2015年9月17日。

今日はサッカー・ファンならずとも、日本人は感謝の気持ちを込めて彼の冥福を祈るべきでしょう。

ところでそれだけの名コーチですから、指導力は抜群であり〝言葉の魔術師〟と言われた如く数々の名言を残しているのですが・・・実は、かなり激しい性格で相当に口が悪かったのだそうな。

当時通訳をしていた岡野俊一郎氏によれば、あまりの罵詈雑言だったので直訳できなかったこともしばしばだったとか。

そういう意味においては、日本人監督より外国人監督と通訳を置いた方が、選手との人間関係は良好に保てる・・・のかもしれませんネ。あせあせ

最後に彼の遺した至言を、サッカーに限らず全ての指導者・教育者にご紹介しましょう。

「指導者は、選手に好奇心を持たせるようにしなければならない。」


              人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック