FC2ブログ
SAYONARA

今日は、クイズからスタートです。

日本人(というより東洋人)で初めてアカデミー賞のオスカーを手にしたのは、誰でしょう?

私より若い方だと、ご存じない方が殆どかもしれませんねぇ・・・なぜなら、それは今から60年近く前の1958(昭和33)年、即ち私が生まれた年のことでしたから。

正解は、この年に開催されたアカデミー賞で助演女優賞を受賞したのが

 ナンシー梅木 さん

今日は、この日本人女優の命日・没後10周年にあたります。


ナンシー(本名:梅木 美代志)さんは、1929(昭和4)年に北海道・小樽市に生まれました。

実兄が戦後GHQの通訳をしていた関係で、キャンプでジャズを歌っていたという彼女は、その後ナイトクラブ等で活躍。

これでアメリカ国内で話題となった彼女は、アルバム〝Miyoshi Umeki: Miyoshi Sings for Arthur Godfrey 〟をリリース。

『青春ジャズ娘』(1953年)などの映画にも出演した梅木さんは1955年にジャズ音楽の勉強をすべく本場アメリカへ。

そして彼女の運命を大きく変えたのが、その翌年にCBSテレビの『アーサー・ゴトフリー・ショー』という番組に着物姿で出演し、英語で歌ったこと。

この全米屈指の人気番組で最高得点を叩き出して優勝したことで一気に有名になった彼女は、その後アルバム〝Miyoshi Umeki: Miyoshi Sings for Arthur Godfrey 〟をリリース。

更に1957年には映画 『サヨナラ(SAYONARA )』 に出演し、同作品でアカデミー賞を受賞したのです。

当時はまだ人種差別が色濃く残っていたアメリカで、黒人を含め有色人種で初めてアカデミー賞を受賞したことは、奇跡的といっても良いでしょう。

       

上の写真で共演している主役の男優さん、お分かりになりますか?

なんと、あのマーロン・ブランドなんです。

ちなみにこの時のアカデミー賞では、『戦場にかける橋』 に出演した早川雪州さんも助演男優賞にノミネートされていたのですが、惜しくも落選。

同賞を受賞したのは、梅木さんと共演したイギリスの俳優レッド・バトンズ。

また同作は他に美術賞・音響賞も受賞した話題作となりました。

アカデミー賞を受賞した彼女は、同年に開演したブロードウェイ・ミュージカル 『フラワー・ドラム・ソング』 に出演し、トニー賞のミュージカル部門最優秀女優賞にノミネート。

その後何本かの映画にも出演し、1969~72年に放映されたTVドラマ 『エディの素敵なパパ(The Courtship Of Eddie's Father )』 にレギュラー出演し、ゴールデン・グローブ賞にも3回ノミネートされました。

しかしこれだけの実績がありながら、なぜ日本では彼女の名前があまり出なかったのか?

それは、彼女の私生活に関係が・・・。

アカデミー賞を受賞した年にNBCのディレクターと結婚したものの、離婚。

10年後に別のディレクターと再婚するも、相手が先立つという不孝に見舞われた彼女はショックが大きかったようで、その後芸能活動から引退し、マスコミの取材に応じなくなってしまったから。

映画 『SAYONARA 』 は朝鮮戦争に従軍したアメリカ軍人と日本人女性の儚い恋の物語ですが、皮肉にも彼女の恋愛もハッピーエンドにはならなかったようです。

晩年、息子夫婦とミズーリ州で同居していた彼女がガンにより78歳でこの世を去ったのは、2007年8月28日のことでした。

現在でも、この作品はDVDで発売されていますので興味のある方は、是非。

       


日本人、というより有色人種の地位を高めた彼女の存在は、もっと評価されるべき・・・そんなことを思いつつ、ご冥福をお祈り致します。笑3


              人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック