FC2ブログ
【特別増刊】  玉 砕

皆さんは大東亜戦争の中期、日米両軍の間で交戦した


 アッツ島の戦い


をご存知でしょうか?

この太平洋上の小島での交戦を敢えて取り上げたのは、大本営が初めて〝玉砕〟という言葉を国民に対して発したから。

一般的に日米間の交戦はハワイ・真珠湾から始まって南方で展開されましたが、このアッツ島は逆に北方・・・アリューシャン列島のひとつ。(

       


なんでこんなところに日本軍が・・・と怪訝に思えますが、これはその前年のミッドウェー開戦に備えた陽動作戦として、このアッツ島(とすぐ近くのキスカ島)を攻略し、守備隊として2,650名を投入して飛行場などを建設したのです。

そのミッドウェー海戦で勝利を収めた米軍がロックウェル少将率いる11,000名もの兵員を率いて同島の奪還を目指し上陸作戦を開始したのは、1943(昭和18)年5月12日のこと。


迎え撃つ日本軍守備隊の司令官は、同年4月に赴任したばかりの山崎保代(やすよ)大佐(※没後2階級特進で中将)

        


開戦直後から圧倒的な兵力・火力を有する米軍を目の当たりにして、山崎大佐は大本営に歩兵1,500名と武器・弾薬・食料の補給を打診。

しかし大本営はキスカ島からの撤退はしたものの無情にもアッツ島は見捨て、一切の補給をしませんでした。


仕方なく山崎大佐は硫黄島の栗林中将と同様、兵を内地・高地に撤退させ米軍を迎え撃つ作戦に出ましたが、兵力と火力の差は如何ともし難く、同月28日にはほとんどの兵力・弾薬を喪失。

そして翌29日、戦闘に耐えられない重傷者が自決し、山崎司令官は生存者を本部前に集めると、各将兵を労った後に

「機密書類全部焼却、これにて無線機破壊処分す。」

と大本営宛てに最後の打電をすると、約300名の兵と共に米軍本部に向かって突撃し全員が玉砕して果てました。

山崎大佐の遺体は、日本兵の先頭で発見されたといいます。

この戦いに参戦していた米兵は、後に

「あれは、バンザイと叫びながら自殺のための突撃だった。

 日本兵は爆発物を巻きつけて、死のうとしていた。 

 私たちを殺しに来ると同時に、彼らは死にに来たのだ。」


と証言しています。

日本軍の損害は戦死2,638名、捕虜として生き残ったのは僅か27名・・・生存率はたったの1%。

対する米軍は戦死者約600名、負傷約1,200名でした。


    

           米軍が撮影した、玉砕した日本兵の遺体

実際は〝全滅〟だったのに、なぜ大本営は〝玉砕〟という言葉を使って発表したのか?

それはミッドウェー海戦で大敗を喫して以降、戦況が刻々と不利になっている状況をひた隠しにしてきた大本営が〝全滅〟という国民にとってショックが大きい言葉を使えなかったから。

また部隊を見殺しにした軍幹部に対する責任論を回避するため、とも言われています。

いずれにせよ、大本営の保身を目的としたカムフラージュであることに違いはないでしょう。


〝玉砕〟は、決して日本兵の潔さや忠誠を誓ってのものではなく、大本営の無策・無責任のせいで犠牲になった兵士たちの、無念を象徴した言葉・・・私にはそう思えてなりません。

77年前の今日、北方の小島に散った山崎中将以下2,600名余りの英霊に、黙祷を捧げたいと思います。笑3


             人気ブログランキング

スポンサーサイト



礼 儀

先月3日、作家のC・W・ニコルさんが79歳で我が故郷・長野市で亡くなられました。

日本人女性と結婚し、日本に帰化。

自らを〝ウェールズ系日本人〟と称し、日本人よりも日本人であった彼に関する思い出話を同じ作家の五木寛之さんが月刊『致知』6月号のエッセーで披露されていましたので、以下に一部編集にてご紹介致します。

           ◆     ◆     ◆     ◆


ニコルさんはウェールズ出身の日本人である。

ドナルド・キーンさんと同じく異国に生まれ、日本を愛し、この国に帰化して日本で死んだ。

ニコルさんは冒険家であり、自然環境保護運動家であり、そして作家でもあった。

若い頃プロレスの前座を務めたことがある、というのはニコル伝説の一つだが、堂々たる体格と草花のような繊細な感覚の持ち主だった。

何十年か前、F・フォーサイスが来日した折に、帝国ホテルで私がインタビューをしたことがある。

その時、少年のように興奮して

「通訳はボクに任せてくれ」

と言ってきかなかったのがニコルさんだった。

当日フォーサイスと会った瞬間、ニコルさんはすごくあがってしまって滑らかに口が動かない。

これはまずかったかな、と思ったが後の祭りだった。

堂々たる体格のニコルさんが、しどろもどろになっている姿が面白かった。

       

そんなニコルさんが極地探検の体験を語ってくれた中で、興味深かったのが、

「どんなタイプの人が極限状態の中で強いか」

という話だった。

体力でもない。 勇気でもない。

寒気と嵐の中で何日も耐え抜くことのできる人間は、礼儀正しいタイプのメンバーだったというのだ。

テントの中に閉じ込められて何日も何日も待つ。
いつ嵐が過ぎ去るか知る術もない。
誰もが苛立ち、時には口論したりする。

そんな中で、最後まで耐え抜くことができる男は、意外なことに〝礼儀正しい男〟だったというのだ。

朝、起きるときちんとひげを剃る。
髪をなでつけ、歯を磨く。

顔を合わせると笑顔で 「おはよう」 と挨拶する。
横をすり抜ける時には、「エクスキューズ・ミー」 と言う。

そして時々、冗談を言って仲間を笑わせる。
出来るだけ身綺麗にして、荷物の整理も忘れない。

「そんなタイプの男が、いざという時に強かったんです。」


と、ニコルさんは言っていた。

「ガタイが大きくて荒っぽい男は、意外に頑張れなかったんだ。」

一度、山の中のニコルさんの家を訪ねて、食事をごちそうになったことがあった。

熊の肉を煮てもてなしてくれた。

私が食べ残したのを見て、ニコルさんは言った。

「ダメ。ちゃんと全部食べてください。熊さんに失礼じゃないですか。」

熊のような体格のニコルさんが、珍しく怒った顔をした事を憶えている。

「良き者は逝く」

という古い言葉を、私はしばしば思い出す。
長く生き残るのは、すれっからしばかりだ。

ニコルさんのはにかんだような笑顔を忘れることができない。


           ◆     ◆     ◆     ◆

礼儀正しき者は強い・・・可愛い我が子や孫をそういう人間に育てるためには、やはり小さな頃からの躾が大切でしょうネ。


                人気ブログランキング