FC2ブログ
開 店

皆さんも一度は口にしたことがあるであろう、


  マクドナルド
   McDonald's

のハンバーガー。


今では全世界に約3万店舗を展開する誰もが知っている有名チェーン店ですが、その第1号店がロサンゼルスにほど近いサンバーナディーノという砂漠地帯にある街にオープンしたのが、今からちょうど80年前の今日・1940年5月15日のことでした。

    

             サンバーナディーノの位置

同店の創業者は、モーリス・マック・マクドナルド(1902-1971)とリチャード・ディック・ジェイ・マクドナルド(1909-1998)の兄弟。


    
       Richard "Dick" J. McDonald         Maurice "Mac" McDonald 


しかし意外なことに、開店当初はハンバーガーを売っていなかったそうな。

その後同店ではメニューをハンバーガー・フライドポテトやドリンクだけに絞り、使い捨ての紙でハンバーガーを包んで食器洗浄機を導入しない等の徹底的な効率化を図ることにより高品質・低価格と素早いサービスを売りに。

    


早い・安い・美味い・・・まるで吉野家みたいですが、当然のことながら店は大繁盛。

しかしマクドナルド兄弟は多店舗化などは考えていませんでした。

そのマクドナルドを世界的なチェーン店にした立役者が、レイ・クロック(1902-1984)という人物。

       

                       Ray Kroc

チェコ系ユダヤ人の家庭に生まれ、高校中退後様々な職業を転々とした苦労人でしたが、その彼がマクドナルド兄弟と出会ったのは、ミルクセーキ製造機のセールスマンをしていた1954年のこと。

いきなり8台も発注してきたマクドナルドの店を訪れた彼は、その効率的な調理システムを見て驚きましたが、同時にそれをフランチャイズ展開することを思いつき、兄弟に提案。


当初は渋っていた兄弟でしたが、粘り強い交渉の結果クロックはフランチャイズ権を獲得。


1955年3月にマクドナルドシステム会社を設立し、5年後に社名をマクドナルドコーポレーションに変更・・・これが現在でもフランチャイズ本部となっています。

しかしマクドナルド兄弟とクロックの関係は、それに反比例して悪化していったとか。

そして1961年、様々な衝突の末にクロックは兄弟から約270万ドルで店舗や販売権を買い取り、1965年に株式公開。

その後世界中に店舗が拡大していったことは、皆さんもご承知の通り。

ですから効率的な販売システムを考案したのはマクドナルド兄弟でしたが、それを世界的大企業に育て上げたのはクロックだったというわけ。

中々のやり手だったクロックですが、その実像に迫る映画が、2017年に公開されています。


 『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ


    

キャラの濃い彼の裏側の部分を暴き出した作品ですので、興味のある方は、是非ご覧下さい。

もしかしたら、マックのハンバーガーを食べたくなくなるかもしれませんが・・・。


              人気ブログランキング

スポンサーサイト