FC2ブログ
天 使

現在は性差別撤廃の流れの中、この呼称は使われなくなりましたが・・・皆さんは〝看護婦〟といえば、誰をイメージしますか?


私を含め多くの方が、真っ先に彼女の名を思い浮かべることでしょう。


 フローレンス・ナイチンゲール 女史


       Florence Nightingale


今日・5月12日は、〝戦場の天使〟といわれた彼女の記念日・ナイチンゲールの日なのだそうな。


彼女は看護婦のシンボル的存在ですが、実際には一看護婦というだけでなく、教育者・統計学者、そして実業家としての力量を持つ実に多才な人物でした。


       


彼女は1820年5月12日に、裕福なイギリス家庭の次女として両親の新婚旅行中にフィレンツェで生まれました。

そう、記念日は彼女の誕生日に合わせて制定され、今日は生誕200周年にあたるのです。


幼少時から非常に高度な教育を受け、フランス語・ギリシャ語・イタリア語などの外国語や哲学・数学・歴史、更には美術や音楽・文学など幅広く学びます。


そんな彼女の運命を決定付ける出来事が、17歳の時に起こりました。


「私のところに来て奉仕をなさい」 という〝天の声〟を聞いたのです。


そして24歳の時、「病院で病気やケガをした人の世話をしたい」 と言い出すや従兄からの求婚を断って近所の病院に入り、看護の勉強を始めます。


(彼女は生涯に3回プロポーズされたそうですが、〝天の声〟が実行できないという理由で全て断り、しかも3人目の相手を姉に譲ってしまいます。)


その後ドイツの看護学校で学びロンドンの病院で無給の看護活動を続けていたナイチンゲールは、以前ローマに旅行した際に知り合ったシドニー・ハーバード戦時大臣からクリミア戦争の従軍看護を依頼され、シスター・看護婦38名を連れて最前線へ。


現場で官僚縦割り組織の弊害に苦しめられつつも、戦地病院の看護総責任者となった彼女は献身的な看護と院内の衛生状態を改善することにより、当初42%だった死亡率を5%にまで劇的に下げることに成功。


兵士達からは〝クリミアの天使〟と呼ばれ、絶賛されました。


そして彼女の高い能力はこの戦争が終わった後、一段と発揮されることに。


帰国すると各病院のデータを収集し、それを自ら発案したグラフにまとめるなどして統計資料を作成。

これが後の保健制度や軍の組織改革にまで役立ったといわれます。


彼女はこの手法の考案者として後に英国統計学会の会員に、更には米国統計学会の名誉会員にもなりました。


また戦時中立ち上げたナイチンゲール基金を元に看護学校を設立。


その運営にも関わり、イギリスの看護婦養成体制の基礎をも築きました。

    


〝戦場の天使〟といわれた彼女ですが、実際に従軍看護婦として活動したのは2年間のみ。

現場での看護活動より、むしろ国や軍を相手に渡り合って国家規模での看護体制づくりに貢献した立役者だったといえましょう。


しかし彼女自身は従軍看護活動の際に罹った熱病が原因で37歳の時から闘病生活を送り、80歳過ぎには失明しています。


自らの不遇をものともせず〝神の声〟を忠実に実行し続け、今から110年前の1910年8月13日・・・まさに〝天使〟となって天国に旅立った彼女のご冥福をお祈り致します。笑3

最後に、貴重な彼女の肉声をこちらでお聴きください。


 


When I am no longer even a memory,  just a name,  I hope my voice may perpetuate the great work of my life. God bless my dear old comrades at Balaclava,  and bring them safe to shore.  Florence Nightingale.


私が人々の記憶から消え、ただ名前だけが残った時、私の声が私の人生での偉大なる功績を永遠のものにしてくれることを望みます。

バラクラバ
(※彼女が従軍したクリミア戦争に於いて、1854年10月にイギリスとロシアが交戦した東欧の街の名)の同士達に幸あれ。

そして彼らが無事家に帰れますように。 


                        フローレンス・ナイチンゲール


              人気ブログランキング

スポンサーサイト