FC2ブログ
交 換

月日が経つのは早いもので、葬儀屋稼業から足を洗って(?)1年が経ちました。

ということは、同時に17年ぶりにゴルフを再開してから1周年。

1年前の久々ラウンドではハーフ47を叩きましたが、その後リハビリを重ね、今ではバック・ティーからハーフ40前後、オフィシャルハンデも現在6.2まで回復できました。

今年の目標は、メンバーコースのシニア選手権に出場して、何とか予選を突破しマッチプレーに進出すること・・・なんですが、ひとつ悩みというか不安が。

実は私、人よりも手が大きいものですから、クラブを買い替えた際は必ずグリップを交換して下巻の両面テープを3重巻きにしていたのですが、それでも細いんです。

もっと下巻を増やしたいのですが、それ以上巻くと今度はグリップが入らなくなるので、それが限界。


そして半年前にグリップをオーバーラッピングからベースボールグリップに変えて右手を強く使うようになってから、一層その細さが気になるように。



というのも、グリップが細いと手首が返りやすくなり、その結果左に曲がるフック(チーピン)が出やすいから。

実際、ラウンド中にちょっと力が入るとボールが左に曲がることがしばしば。

ゴルフ経験者ならお分かりだと思いますが、これって怖いんですょネ。

1年経って、そろそろグリップの交換をしようと思った私は、

(もっと太いグリップはないのか?)

とネットで探していたら、今で使い慣れてきた同じメーカーの、こんな新製品を見つけました。

    

〝PLUS 4〟とは、私が気にしていた右手部分が従来よりテープ4重巻き分も太いこと。

しかもありがたい事に、今まで差していたスタンダードタイプのグリップよりも一回り太い〝ミッドサイズ〟がラインナップされていたのです。

ということで早速ネットで注文し、パターを除く全てのクラブのグリップを交換しました。

グリップエンドを見ていただければ、その太さの違いは明らか。

    

そして正面から見ていただくと、特に下半分つまり右手で握る部分が太くなっていることがお分かりいただけるかと・・・。

      


実際に握ってみると、今までと違いシックリと手に馴染むじゃあ~りませんか。

直径僅か2,3ミリの違いでこんなに感触が違うとは・・・あらためて人間の手って繊細に出来ているものだと実感。

で、早速新しいグリップで先日ラウンドしましたが、確かに手首の返りが鈍くなって、ヒッカケの不安は殆ど無くなりました。

えっ、だったらスコアはさぞ良かったんだろうって?

あはは、そこはゴルフの難しいところで、スコアは殆ど変わりませんでしたけどネ。
あせあせ


でも左へのヒッカケが怖い方は太い、逆に右へのスライスやスッポ抜けで悩んでいる方は細いグリップに交換することをオススメします。

クラブ買い替えるより、ずっと安上がりですから・・・。

              人気ブログランキング

スポンサーサイト