FC2ブログ
領 有

皆さんは、『竹島の日』や『北方領土の日』があることをご存知だと思いますが、

 『尖閣諸島(開拓)の日』


もあることを知っている方は、どれほどいらっしゃるでしょうか?

実は、それが今日・1月14日なんです。

これは沖縄県石垣市が条例により2010年に定めたものですので、制定後ちょうど10年目ということになります。

今日を記念日とした根拠は、今から125年前の1895(明治28)年1月14日に (その10年前から現地調査を行い清国はじめいずれの他国にも属しないことを確認した上で) 日本政府が尖閣諸島の日本編入を下記の如く閣議決定したこと。


 

明治28年1月14日

別紙内務大臣の請議、沖縄県下八重山群島の北西に位する久場島魚釣島と称する無人島へ向け近来漁業等を試むる者これあり、そのため取締まりを要するについては、同島の儀は沖縄県の所轄と認むるをもって標杭建設の儀、同県知事上申の通り許可すべしとの件は、別に差し支えこれなきにつき請議の通りにて然るべし


 


尖閣諸島とは、魚釣島・北小島・南小島・久場島・大正島・沖の北岩・沖の南岩・飛瀬の5島3岩礁で構成される、総面積5.56㎢の沖縄県石垣市に属する島嶼(とうしょ)群。

 


領有を閣議決定した翌1896年、政府は実業家・古賀辰四郎に対して魚釣島他3島を30年間無償貸与し、以後1年契約の有料貸与に。

そして1932年に辰四郎の嗣子・古賀善次に払い下げられ、私有地となりました。


古賀親子はアホウドリの羽毛の採取、グアノ(海鳥糞)の採掘、鰹漁業、鰹節の製造等の事業を経営し、1909年には248人の日本人が居住していましたが、1940年に古賀善次が事業撤退したため、尖閣諸島は無人島に。


そして1945年、敗戦によって尖閣諸島を含む南西諸島はアメリカ軍の管理下に置かれ、1972年5月の沖縄返還に伴い、尖閣諸島も日本に返還されました。

そして1978年、政治団体・日本青年社が魚釣島に私設灯台を設置。


2005年にはこれが国に譲渡され、現在は海上保安庁によって管理されています。

       


一方1969年、この尖閣諸島近海の調査により大量の石油埋蔵量の可能性が報告されると、1971年6月に台湾が、そして同年12月に支那が領有権を公式に主張。

その狙いがどこにあるかは、誰が考えても分かります。

その主張に客観性がない事は明らかですが、2012年9月に当時の民主党・野田政権が石原都知事の上前をはねるように突如地権者から購入して国有化して以降、盛んに近海に支那の漁船が入り込んでいることは、ご存知の通り。



そのような嫌がらせ・示威行為には断じて屈してはなりませんし、一刻も早く尖閣諸島に基地を来るなどして自衛隊の常駐を行うべきだと、私は考えます。

せっかく中曽根政権時に海上保安庁が魚釣島にヘリポートを設置したのに、支那の抗議を受けてか撤去してしまうような弱腰では、相手にナメられますから。

国防は、まず自国で。 
同盟国の虎の威を借りるようでは、真の独立国とは言えません。


まして自国の領有を主張しているのに、日本人の立ち入りを禁ずるって・・・こんな言行不一致があるでしょうか?うー


               人気ブログランキング

スポンサーサイト