FC2ブログ
校 訓

さて、今日は我が国の女子教育に於ける草分け的存在にして大妻学院(現・大妻中学高等学校、大妻女子大学)の創立者である、


大妻 コタカ 先生


の命日・50周年にあたります。


       


1884(明治17)年、広島県世羅郡で6人兄弟の末っ子として生まれたコタカ先生。 


なんとその名は、6月の農繁期に6番目に生まれた『困った子』が訛ったのが由来とか。驚き顔 


現在だったら、それだけで虐待と言われちゃいそうです。


3歳で父を、そして14歳で母を亡くしたコタカ氏は、広島県立高等女学校を卒業後上京、和洋裁縫女学校に入学。


教員養成所や神奈川の女子師範学校を卒業して、都下の学校で教鞭を取られました。


23歳の時に宮内庁御陵係であった大妻良馬氏と結婚。


       


その後、ふとしたきっかけで瓶細工や手芸等を近所の娘さん達に手ほどきをするようになったとか。


1908年に良馬氏の転勤で宮家の中に転居。 


ここで縫製・手芸の家塾を開き、これが大妻学院の前身となりました。


当初は10人程度の私塾でしたが、コタカ先生の教え方が大変好評を博し、生徒数が急増。


1917年には麹町に私立大妻技芸学校を開校。

翌年には高等女学校に発展し、戦前の良妻賢母教育の代表といわれました。


1923年の関東大震災で校舎が全壊しましたが、教職員と共に一丸となって再建に取り組み、翌年には以前よりも大きな校舎を建設。

 


戦時中に婦人団体幹部として活動していたため終戦後は教職追放になったものの、1949年学校長に復職すると、中学から大学までの一環教育学校を築き上げました。


1964年に女性教育者として初の勲三等宝冠章を受章したコタカ先生が85歳でこの世を去ったのは、1970(昭和45)年1月3日のことでした。


もちろん私は卒業生ではありませんが、大妻学院の校訓が大好きなんです。 それは、


〝恥を知れ〟


     


コタカ先生によると、これは決して他人に対してではなく、あくまでも自分に向かって言うべき言葉なのだそうな。


自分を高め、自らの良心に対して 『恥ずる行いをするな』 ということ。


人に見られたり聞かれて、恥ずかしい事をしたかどうか?

そう自分を戒める言葉
であると、先生はおっしゃるのです。


政治家をはじめとして恥知らずが目立つ昨今、大妻学院OGだけでなく私を含めた日本人全てが新春早々心に刻まねばならない、そして傍若無人の振る舞いをし続ける隣国にも教えてやるべき言葉ではないでしょうか?


               人気ブログランキング 

スポンサーサイト