FC2ブログ
銀 州

今日はクイズからスタートです。

下記の特徴を有するアメリカの州は、どこ?


◆面積が日本の約3/4の286,350㎢で、全米50州の中で第7位。
◆砂漠気候であり、州内面積の80%以上が連邦政府の所有。
  過去に何度も核実験が行われている。
◆特産品から、〝銀の州〟と公式に呼ばれている。


これだけですぐ答えが分かった方は、アメリカ事情にお詳しいはず。

では分からない方に、とっておきのヒントを。

◆ギャンブルの街・ラスベガスがある


いくら何で易し過ぎましたネ。 そう、正解は

  ネバダ州

State of Nevada


同州がネバダ準州から正式にアメリカ36番目の州に昇格したのが、1864年10月31日・・・南北戦争の最中であり、日本では池田屋事件が起きた3ヶ月後の幕末混乱期でした。

    


州名の〝ネバダ〟は同州西の州境にあるシエラネバダ(雪に覆われた)山脈に由来し、「雪に覆われた」を意味するスペイン語の形容詞“nevado ” の女性形。

砂漠が土地の多くを占める州なのに、面白い命名をしたものです。

1859年に、コムストック・ロードという場所でアメリカ初の銀鉱石の大規模な埋蔵が発見され、その2年後にユタ準州の西部を分離してホームベースを縦半分に切ったような形のネバダ準州が誕生。


そして南北戦争末期で、アメリカ合衆国大統領選挙が11月8日に行われる直前に、リンカーン大統領が共和党の議会支配と再選を果たすべく州昇格を急がせた結果、今から155年前の今日に州昇格を果たしました。


ネバダ州はその後しばらく鉱山景気で人口が増え、鉱山町ではギャンブルも規制されず通常に行われていました。

ところが1909年に全国的なギャンブル反対運動の煽りを受けて、同州でも違法に。

しかしその後鉱業が衰退し、世界大恐慌の頃には農業も衰退したことで人口の減少が止まらず、1931年3月に州議会の承認により再びギャンブルを合法化。

そして1960年代からあのハワード・ヒューズがラスベガスを一大カジノ・歓楽街に育て上げました。

    


 ※ハワード・ヒューズに関する過去記事は、こちら。(↓)



ラスベガスだけでなく、リノやカーソンシティーなどギャンブルが盛んなネバダ州は、他の州とは違う特徴を有しています。

まず、個人や法人の所得税(州税)がないこと。
更に消費税は、日本より低い6.85%。


またアルコール類の販売は24時間認められており、ラスト・オーダーはなし。

しかもアメリカでは唯一売春が合法化されているのです。

これだけ聞くと、お金持ちのス〇ベ親父は移住を考えたくなるでしょうが、世の中そう甘くはありません。

その反面、21歳以上であることを証明できればアメリカ人・外国人を問わず、その場で誰でも拳銃を購入しすぐ持ち帰ることができる、全米で最も銃の入手が容易な場所。

それ故かネバダ州は全米屈指の危険な州とされ、犯罪率は全米平均より20%以上高く、特に窃盗が全犯罪の80%以上を占めており、強盗と自動車窃盗率は全米トップ・クラス。

観光客狙いの犯罪が多いのでしょう、実際私と一緒にベガスに行った会社々長はカードに夢中になっていてパスボートが入ったセカンドバッグを盗まれ、エラい目に遭いました。

もう20年程前のことでしたが、一緒にラスベガス署に行って盗難届を出したその数年後に、TVドラマ 『CSI:』 ラスベガス・シリーズを観て、その悲劇(?)を懐かしく思い出したものです。

住むよりは、観光で楽しむために行く場所かもしれませんネ。

私は過去3回ほどラスベガスに行きましたが、今度旅行する機会があれば、是非行ってみたいところがあるんです。

それは、下記地図の青矢印の先に位置する〝エリア51〟。


    

           赤ポイントは、州都カーソンシティー


よくUFOが目撃されることで、ここに秘密の宇宙基地があるのでは? と囁かれている場所。

ラスベガスから約200kmの地点・・・砂漠のド真ん中ですが、あわよくばUFOを目撃できるかも。

それに、ここに行けばカジノでスラずに済みますしネ。
あせあせ


              人気ブログランキング

スポンサーサイト



【本日増刊】 道 徳

最近は、注意されたことに逆ギレした中学生が教師に暴力を振るってケガを負わせ逮捕されるという事案が全国で起きています。

私の中学生時代には、教師に生徒が暴力を振るうとか、教師が生徒を〝常人逮捕〟するなんて有り得なかったし、考えられない話。


また以前、運動会の練習で教師が 「起立!」 と5回も言わなければ立たない小学生を目撃して呆れ果てた私は、学校教育はもとより親の躾はどうなっているのか? またこの子供らがどんな大人になるのか?・・・と、大きな不安を覚えます。


2017年4月、安倍内閣が 「憲法や教育基本法に反しない形で教材として使用を認める」 という閣議決定をしたことで話題になったものの、最近はすっかり忘れ去られた感がありますが、私はそんな時だからこそ、その閣議決定通り学校教育の中で是非とも復活させるべきだと強く思っています。 その、


  教 育 勅 語


この正式名称・『教育ニ関スル勅語』 が発表されたのは、今から128年前の今日・1890(明治23)年10月30日のことでした。


これは山縣有朋内閣時代、地方長官会議に於いて

「知識に偏る学校教育を修正し、道徳心の育成を重視する」


ことを求め、また明治天皇ご自身が道徳教育に関心を寄せられていたことと合わせ、井上毅・内閣法制局長官が原案を作成し、これを加筆修正したものを明治天皇の名の許に発表されたもの。

それから太平洋戦争の終戦頃まで我が国道徳教育の規範と捉えられていましたが、1947年に施行された教育基本法および翌年の国会決議により、教育勅語は学校教育から排除されました。


皆さんは、この『教育勅語』について、どのような認識をお持ちでしょうか?


戦後教育の影響等で、この勅語は〝天皇制を強制するもの、あるいは偏った戦前の思想教育の根本〟 と思われている方もいらっしゃると思いますが・・・。


しかし冒頭の 「朕惟フニ・・・」 はご存知だとしても、全てを読んだことのある方は意外と少ないのではないでしょうか?


以下に勅語全文(※原文には句読点・濁点・改行なし)を掲載致します。 まずは一度目を通してみて下さい。 


          ◆     ◆     ◆     ◆


朕(ちん)惟(おも)フニ、我ガ皇祖皇宗(こうそこうそう)國ヲ肇(はじ)ムルコト宏遠(こうえん)ニ、德ヲ樹(た)ツルコト深厚ナリ。


我ガ臣民克(よ)ク忠ニ克(よ)ク孝ニ、億兆心ヲ一(いつ)ニシテ世々(よよ)厥(そ)ノ美ヲ濟(な)セルハ、此レ我ガ國體(こくたい)ノ精華ニシテ、教育ノ淵源(えんげん)亦(また)實(じつ)ニ此ニ存ス。


爾(なんじ)臣民父母ニ孝ニ、兄弟(けいてい)ニ友(ゆう)ニ、夫婦相(あい)和シ、朋友相信ジ、恭儉(きょうけん)己レヲ持シ、博愛衆ニ及ボシ、學ヲ修メ、業ヲ習ヒ、以テ智能ヲ啓發シ、德器(とっき)ヲ成就シ、進(すすん)デ公益ヲ廣(ひろ)メ、世務(せいむ)ヲ開キ、常ニ國憲(こっけん)ヲ重(おもん)ジ、國法(こくほう)ニ遵(したが)ヒ、一旦緩急アレバ義勇公ニ奉(ほう)ジ、以テ天壤無窮(てんじょうむきゅう)ノ皇運(こううん)ヲ扶翼(ふよく)スベシ。


是(かく)ノ如キハ獨(ひと)リ朕ガ忠良(ちゅうりょう)ノ臣民タルノミナラズ、又以テ爾(なんじ)祖先ノ遺風ヲ顯彰(けんしょう)スルニ足(た)ラン。


斯(こ)ノ道ハ實(じつ)ニ我ガ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ、子孫臣民ノ倶(とも)ニ遵守スベキ所、之ヲ古今ニ通ジテ謬(あやま)ラズ、之ヲ中外(ちゅうがい)ニ施シテ悖(も)ラズ。


朕爾(なんじ)臣民ト倶(とも)ニ拳々服膺(けんけんふくよう)シテ、咸(みな)其(その)德ヲ一(いつ)ニセンコトヲ庶幾(こいねが)フ。


       明治二十三年十月三十日


              御名御璽(ぎょめいぎょじ)


教育勅語


いやはや、読むだけでも一苦労・・・お疲れさまでした。


しかしこれだけでは意味がお分かりいただけないと思いますので、以下に(私なりの意訳を含めた)現代語訳を記してみます。


私の思うには、我が皇室の祖先が国をお始めになったのは遙か遠い昔のことで、お築きになった徳は深く厚きものでした。


日本国民は忠と孝の道をもって心を一つにし、今までその美をなしてきましたが、これこそ我が国の優れた点であり、教育の根本もまたこの中にあります。


国民は皆父母に孝行し、兄弟仲良くし、夫婦は調和よく協力しあい、友人は互いに信じ合い、慎み深く行動し、皆に博愛の心で接し、学問を行い、手に職をつけ、知能を啓発し、徳と才能を磨き、進んで世のため人のために尽くし、憲法を重んじ法律に従い、もし有事となれば公のため勇敢に仕え、天下に比類なき皇国の繁栄に尽くすべきです。


これらは、ただ国民が我が忠実で良き臣民であるというだけのことではなく、あなた方の祖先の遺した良き伝統を継承していくものでもあります。


この道は実に我が皇室の祖先がお遺しになった教訓であり、国民の共に守るべきもので、昔も今も変わらず国内外問わず間違いなき道です。


私は国民と共にこれらを肝に銘じて守っていきますし、皆一致してその徳の道を歩んでいくことを願うものです。


      ◆    ◆    ◆    ◆


・・・如何でしょうか?


確かに一部現在では受け入れにくい文言もありますが、主旨は親孝行・家族や友人との人間関係・勤勉・奉仕等々、まさに道徳の基本を説いているのです。


この勅語が発表された動機である 「知識偏重教育を是正し、道徳心を育成」 しなければならないのは、当時の人々よりむしろ一世紀以上経った現代に生きる私たち・・・だと私は思うのですが。


安倍政権では学校教育現場における 『道徳』 の教科化・充実を掲げていますが、たとえ使う文言や名称を変えても〝教育勅語の精神〟を子供達に教える授業を実施させて欲しいもの。

そうすれば、先週末の渋谷でハロウィンのバカ騒ぎをして軽トラックをひっくり返したりゴミを撒き散らす若者はいなくなるはず。

時代は変われど、〝人として生きるべき道〟は不変ですから。
扇子


              人気ブログランキング

国 学

今日のタイトル・〝国学〟とは、『古事記』・『日本書紀』・『万葉集』 など日本の古典を研究して古代の思想・文化を明らかにし、そこに生き方の拠り所を求めようとする、〝漢学〟に対して江戸時代に登場した新しい学問のこと。

代表的な学者として多くの方がご存じなのは、おそらく本居宣長でしょう。


 ※本居宣長に関する過去記事は、こちら。(↓)



今日は、この過去記事にも登場する本居宣長の師でもあり、宣長と荷田春満・平田篤胤と共に〝国学の四大人(しうし)〟に名を連ねる、


賀茂 真淵


の命日・没後250周年にあたります。


       


真淵は1697(元禄10)年に、現在の静岡県浜松市で賀茂神社の神職を務める父・岡部政信の三男として生まれました。


※賀茂真淵の賀茂は神社の名から、真淵は出身地名の敷智(ふち)郡から取ったとされます。


10歳の頃から前述の〝四大人〟の一人・荷田春満の弟子で、春満の姪を妻として浜松で私塾を開いていた杉田国頭(くにあきら)の許で手習いを受けます。

26歳の時に結婚するも翌年に妻を亡くした彼は、浜松宿脇本陣・梅谷家の養子となるも、30歳を過ぎた頃に家を捨てて京都に出て、荷田春満に入門し、詠歌・学問に励みました。

その春満が1736年に死去すると、真淵はその翌年に江戸に出て、多くの門人に国学を教えるように。


真淵は『万葉集』などの古典研究を通じて古代日本人の精神を追求すると同時に、和歌の革新に貢献。

人為的な主従関係を重視する朱子学の道徳を否定し、日本古来の作為なき自然の心情こそ人間本来のあるべき姿とする〝古道説〟を確立。


主な著書として、『歌意考』・『万葉考』・『国意考』・『祝詞考』・『にひまなび』・『文意考』・『五意考』・『冠辞考』・『神楽考』 等々、多数を残しています。


       

                   『万葉考』 原本


そして50歳の時に第8代将軍・徳川吉宗の次男・田安宗武の和学御用となった彼は、また多くの優秀な弟子を育成したことでも知られています。

特に〝県門の四天王〟といわれる加藤千陰・村田春海・楫取魚彦・河津美樹、更に特筆すべきは〝県門の三才女〟といわれる油谷倭文子・土岐筑波子・鵜殿余野子ら女性の弟子を育てたことは有名。

またあの平賀源内も弟子のひとりに名を連ねています。

そして1763年、伊勢神宮への旅の途中伊勢松坂の旅籠に宿泊していた真淵を本居宣長が訪れて生涯ただ一度の面談を果たし(松坂の一夜)、即時に宣長が弟子入りして以後文通で師弟関係を続けたことは、宣長の記事でご紹介した通り。

歌人としても約1,000首を残した真淵が71歳でこの世を去ったのは、1769(明和3)年10月30日のことでした。

残念ながら彼の著書は現在ほとんど市場に出回っていませんが、契沖や師・春満が創始した国学を確立し、それを発展させた宣長を育てた彼の名は日本人ならば記憶に留めるべきだと思います。



              人気ブログランキング

録 画

今時の若者には、「VHSって、何?」 って言われちゃうかもしれませんネ。

だって、もうビデオテープ・レコーダーがないご家庭も多いでしょうから・・・。

しかし今からちょうど50年前の今日・1969(昭和44)年10月29日、後にVHSとβの両陣営に分かれて火花を散らすこととなる松下電器とソニーが揃って


 ホームビデオ

の開発を発表した時は国民を驚かせ、また喜ばれました。


当時、自分の好きなテレビ番組を家庭で録画して楽しむのは夢のようなことであり、各家電メーカーにとって家庭用ビデオレコーダーの開発は、大きな収益を期待できる新分野。


当初β方式を採用するソニーが先行していましたが、ビクター・高野鎭雄氏が中心となって(会社上層部に対して秘密裏に)開発を進めたVHS方式が追い上げる展開に。


各メーカーが両陣営に分かれ発売・開発が進められましたが、1975年9月3日に、『経営の神様』・松下幸之助翁が試作品を見て発した


「βは100点満点、しかしVHSは150点満点。」


という鶴の一声(?)が効いたのか、松下電器がVHS方式採用を決定して以降VHS陣営が徐々に巻き返し。

1980年には国内生産比率が逆転、85年にはVHSが実質的な世界基準となったのです。


※幸之助翁がVHSを評価したのは、部品点数が少なく軽かったことが決め手だったといわれています。  

「お客様が買って自分の手で持ち帰り、すぐにビデオを見られなアカン。」・・・さすが〝経営の神様〟の着想は違いますネ。


この10年以上にわたるビデオ競争について詳細に知りたい方には、こちらのご一読をお勧めします。

 『映像メディアの世紀』 (佐藤正明・著 日経BP社・刊) 


       


そして私がこのビデオ戦争に関連して一番感動したのは、日本ビクター・(故)高野鎭雄氏のVHS開発秘話を取り上げたNHKのTVドキュメンタリー番組・・・かの有名な『プロジェクトX』の中でも傑作のひとつ、同シリーズ第2回目として2000年4月に放映された


 『窓際族が世界規格を作った VHS・執念の逆転劇 


を観た時。

もちろん私は、この番組をVHSビデオテープで録画しています。


        

ホームビデオ開発が発表される前年の1968年、当時業界8位だった日本ビクターも脚光を浴びつつあったビデオ事業に乗り出しましたが、赤字続き。

「1年やればクビが飛ぶ」 と言われたビデオ事業部長に任ぜられたのは高野鎮雄氏(当時47歳)でした。

周囲の冷ややかな反応にもかかわらず、彼は決して夢を捨てず、僅か3人のエンジニアで極秘プロジェクトを開始し、本社には一切報告せずに新型ビデオの開発を続け、遂に・・・。

同番組内で、前述の松下幸之助氏の決定的な発言が出てきますが、私が個人的に感動したのは、
高野氏が副社長退任記念パーティーで

「ぜひ皆さん、何でもいいですから夢中になってください。」

と挨拶する場面と、その2年後ガンで亡くなられた葬儀当日、社員全員が見送るビクター横浜工場を、高野氏の遺体を乗せた霊柩車がクラクションを鳴らしながら、静かに通り過ぎる場面。


・・・何回見ても泣けます。

DVDも販売されていますが、こちらでご覧いたたくこともできますので、是非!


    https://https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.dailymotion.com/video/x3lwk1y


私はホームビデオ記念日の今日、久しぶりにVHSで録画した同番組を楽しむつもりです。


              人気ブログランキング

OXI!

海外旅行の人気が高く、近代オリンピックの第1回大会が開催されたことで、また近年では財政破綻が表面化しEU分裂の元凶となった、ギリシャ王国。

同国で(長く支配されていたオスマン帝国からの独立を1821年に宣言した)3月25日の独立記念日とともに大事な祝日が、今日10月28日の


     参戦記念日
  Επέτειος  του  Όχι


なのだそうな。


1939年に第二次世界大戦が勃発すると、当時ギリシャの首相だったイオアニス・メタクサスは中立を保っていました。

       


しかし翌1940年8月、それまで伝統的な友好国であったイタリアの潜水艦がギリシャの巡洋艦エリ号に魚雷攻撃を仕掛けます。

バルカン半島での勢力拡大を狙っていたムッソレーニにとって、ギリシャがイギリス寄りに傾くことを恐れての先制攻撃でした。


そして同年10月28日早朝、在アテネのイタリア公使がメタクサス首相に最後通牒を突きつけ、イタリアのギリシャ国土自由通過権を要求。

しかしメタクサス首相は即座に“Oxi ” (英語でNo ) という一言で、これを拒否。

これを聞いたギリシャ国民も一様に “Oxi ” と声を上げたとか。

参戦記念日は、この史実に由来して制定されたものなのです。

この拒否を受け、イタリアはギリシャに宣戦布告。

するとメタクサス首相はアルバニア国境でイタリア軍と激戦を展開して圧倒的な勝利を収めると、数日内にイタリア軍全てをアルバニア後方に撤退させました。


 


イギリスも、ギリシャを空爆で支援・・・しかし運悪く、メタクサス首相はこの僅か3ヶ月後の1月29日に咽頭ガンを悪化させてアテネで死去。

彼を引き継いだ中央銀行総裁アレクサンドロス・コリジスも、ギリシャに侵攻してきたドイツ軍に抗いきれず、4月28日に自決。

その翌日、アテネはドイツ軍に占領され、国王は海外に亡命。

そして翌年4月に起きたギリシャの戦い(ギリシャとイギリスの連合軍対ドイツ・イタリア・ブルガリアの枢軸国)に破れると、国土は枢軸国に分割統治され、第二次世界大戦終結後も共産主義左派と王党右派の間で衝突が起き、ギリシャ内戦が勃発。

内戦が終結したのは1949年になってからでした。

まさに周辺諸国によってズタズタにされた感がありますが、だからこそイタリアの要求を撥ねつけた日を国民は参戦記念日として祝うのでしょうネ。


    
                記念日用のポスター


当日は、ギリシャ各地で大々的にパレードなどが行われるそうです。

    

この経緯から分かるのは、いかに中立を宣言しようとも相手は自国の利益のためならそんな事を無視して攻め込んでくる、ということ。

当然憲法9条があろうがなかろうが、侵略しようと目論む相手にとっては全く関係ない話。

もちろん相手の国に乗り込んで酒を酌み交わして・・・なんて御伽話は通用しません。

もし相手国に入り込んだら、問答無用で殺されるのがオチ。

侵略から身を守るためには、相手を圧倒する軍事力を持つこと。
これ以外、ありません。


              人気ブログランキング

至 誠

今日は、幕末に活躍した有名な青年思想家・教育家であり、現在でも、政財界人をはじめとして多くの方に尊敬・私淑されている、

 吉田 松陰


の命日・没後160周年にあたります。

       吉田松陰


1830(文久13)年に長州藩士・杉 百合之助の次男として生まれた彼は、4歳の時に山鹿流兵学師範である叔父・吉田大助の養子になります。


11歳の時に、藩主・毛利敬親の前で山鹿流 『武教全書』 戦法篇を朗々と講じ、藩主をはじめ居並ぶ重臣たちの目を見張らせ、「松本村に天才あり」 とその名を萩城下に知らしめました。


21歳で藩校・明倫館の独立師範(兵学教授)に就任した松蔭は、その後西洋兵学を修めるため九州に遊学したり、江戸に出て佐久間象山に師事。


「西洋列強各国から日本を守るためには、彼等を知る必要がある。」


そう信じた松蔭は1854年1月に金子重之助と共に密航を企て、再来航したペリーの黒船に乗船を願い出るも拒否され、2人は自首・逮捕されます。


老中・阿部正弘の反対で辛うじて死罪を免れた松蔭は萩に送還。


野山獄に投獄された彼は、獄中で囚人達を相手に 『孟子』 の講義を始め、彼らを啓蒙します。


1年2ヶ月後に自宅謹慎となった松蔭は、自宅に設けられた幽囚室で親族・近隣の者を相手に再び『孟子』講義を開始。

その内容の濃さが評判となり、やがて松陰の叔父・玉木文之進が開いた 『松下村塾』 を引き継ぐ形で主となります。


松陰が松下村塾で塾生たちの指導に当たった期間は約2年余りに過ぎませんでしたが、その間彼から教育を受けた門下生には、久坂玄瑞・高杉晋作山県有朋そして昨日ブログで取り上げた伊藤博文など、明治維新に関わった多くの重要人物が。


塾生には身分に関係なくどんな者でも受け入れ、


「学者になってはいけない。 実行しなければならない」


と、学んだことを活かし実行に移す大切さを強く説き、自らが脱藩や密航を試み実行を重ねる松陰の言葉に、若者達の心は強く揺さぶられ惹きつけられていったのです。

そして松蔭は、老中・間部詮勝が朝廷を厳しく取り締まろうとしていることに激怒。 


間部要撃計画を実行しようと塾生に声をかけ要撃隊を組織しようと試みますが、この計画は弟子たちの反対で頓挫。


再び藩に自首しますが、この過激な行動によって藩から危険分子と見做され、松下村塾は閉鎖。 


松陰は再度投獄され、遂に幕府から江戸送還命令が下されます。


幕閣の多くは自首した松蔭に同情的で遠島が妥当と考えたようですが、安政の大獄を指揮する大老・井伊直弼は彼を厳しく処断。


 ※井伊直弼に関する過去記事は、こちら。(↓)



1859(安政6)年10月27日に松蔭は斬首に処せられ、30年という短い生涯に幕を閉じたのです。


人を信じ、己の信念に真っ直ぐに生きた松蔭・・・もし正直に自首などしなければ、もっと生き延びて更に多くの人々に影響を与えたかもしれません。


が、そういう生き方こそが後世に名を残し人々を感動せしめたともいえましょう。


吾れ今 国の為に死す   

死して君臣に背かず    

悠々たり 天地の事

鑑照 明神に在り

  私は今、国の為に死ぬ。
  死ぬけれども、君や親には一切背いていない。
  果てしなく、永久に天地は存在する。
  神様が私の心をきちんと見通してくださっている。


処刑直前に詠んだといわれるこの詩に、彼の想いが凝縮されているのではないでしょうか。


この気概を、現在の政治家に持ってもらいたい・・・いや、私たち国民が抱かなければなりますまい。


そんな松陰の教えを知りたい方には、こちらの書籍をお勧めします。

  『吉田松陰 一日一言』 (川口雅昭・著 致知出版社・刊)


       

因みに上記の〝辞世の詩〟は、今日・10月27日の項に掲載されています。


今宵は同書を再読しつつ、〝志士の師〟の冥福を祈りたいと存じます。笑3

                人気ブログランキング

初 代

私のような昭和世代にとって、この方は〝ミスター千円札〟・・・今日は、その日本憲政史上において初代内閣総理大臣に就任した

 伊藤 博文 

の命日・没後110周年にあたります。


        


伊藤公は1841(天保12)年に現在の山口県光市で百姓・林十蔵の長男として生まれました。

9歳の時に萩に移った彼は、その後父親が養子入りした水井武兵衛が足軽・伊藤弥右衛門の養子になったことから、伊藤姓に。


そして17歳の時に松下村塾に入門。

吉田松陰は彼を、「
才劣り、学幼し。 しかし、性質は素直で華美になびかず、僕すこぶる之を愛す」、「周旋(政治)の才あり」と評したそうですから、やはり人を見る目は確かだったようです。

その後同塾で出会った木戸孝允・高杉晋作・久坂玄端らと交友を重ね、1862年には品川御殿山のイギリス公使館を焼き打ちするなど、尊王攘夷の志士として活動。


        

                志士時代の博文公


しかし翌年、自ら志願して井上聞多らと共に〝長州五傑〟の一人としてイギリスに留学すると、西洋列強との国力の違いを目の当たりにして開国・富国強兵論に転向。

1864年、長州藩に対し外国船が攻撃を仕掛けるという情報を知るや、井上聞多と共に急遽帰国して戦争回避のため奔走するも、下関戦争は勃発。

下関の砲台は外国船からの砲撃で完全に破壊され、長州藩は敢え無く敗北を喫すると、彼は戦後の和平交渉に通訳として参加。

その後第一次長州征伐で藩が恭順の姿勢を見せると、『力士隊』 を率いて挙兵。

高杉晋作の 『奇兵隊』 らと共に勢力を伸ばし、藩論を倒幕へと変えることに成功。


そして明治維新後は英語が堪能なことを見込まれ、木戸孝允を後ろ盾に長州閥の有力者として参与・外国事務局判事・大蔵兼民部少輔・初代兵庫県知事・初代工部卿・宮内卿などを歴任。

またその間1871年からは岩倉使節団の副使として渡米、1873年にはベルリンに渡りビスマルクと会見し強い影響を受けたとされます。

そして1877年に木戸と西郷を、また翌年に大久保が暗殺されて〝明治の三傑〟を失い、更に1881年10月に起きた『明治14年の政変』によって、大隈重信が下野。

 ※この政変に関する過去記事は、こちら。(↓)




これにより明治政府の中枢を担うようになった博文公は、同政変時に10年後の憲法制定を約すと、明治天皇の命により憲法調査のため渡欧。

この視察で、博文公はドイツ(プロシア)式の内閣府・憲法導入を決定します。

帰国後1885年12月に新たな内閣制度の下、初代総理大臣に就任。


この時も、対抗馬の三条実美を制した決め手は、英語力だったとか。

まさに、芸は身を助ける・・・ですネ。

448ヶ月という、日本憲政史上最年少で総理大臣の座に就いた彼は、大日本帝国憲法の起草に全力を尽くし、1889年2月に同憲法発布に漕ぎ着ける(※この時は黒田内閣)と、その後も
第5・7・10代と4度も内閣総理大臣を務め、その他にも初代枢密院議長・初代貴族院議長などを歴任し、常に明治政府の中心に身を置きました。

そして日清戦争終結後の日清講和条約の起草・調印に関わり、清国から朝鮮を独立させたのですが・・・結果的に、それが彼の寿命を縮めることに。

1905年11月に韓国総督府が設置され、初代総督として赴任した博文公は、同
国の国力・自治力が高まることを期待し、文盲率が94%だった同国の教育にも力を注ぎました。

しかし1909(明治42)年10月26日、69歳の博文公がロシア蔵相ウラジーミル・ココツェフとの会談のため訪れたハルビン駅で、韓国の民族運動家・安重根により銃撃され、その30分後に絶命しました。

   
        


※但しこの暗殺にはケネディ大統領と同様に、単独犯ではなく(韓国併合に消極的だった彼を併合強硬派が消したという)陰謀説あり。

11月4日に日比谷公園で国葬が営まれたた博文公は、とかく西郷どんなど維新前後に華やかな活躍をした人々に比べ、あまり目立たず調整型だったためかドラマ・小説などでは脇役的な扱いが多い気が。

しかし内閣総理大臣をはじめ前例のない初代のポストを歴任し、近代日本の道筋をつけた功績は、もっと評価されるべきだと思います。

明代の儒学者・呂新吾が自著『呻吟語』で〝深沈厚重(しんちんこうじゅう)是第一等素質〟と説いていますが、言葉少なに長期的視野に立って考えた博文公は、まさにその典型例。

そんな博文公が残した言葉をまとめた、唯一の自伝といえるのが、こちらの書籍。


 『伊藤博文 直話』 (新人物文庫・刊)


       

長州藩を中心とした志士たちとの関りやその人物評、また憲法や政党に関する考え方が率直に語られており、行間から博文公の人となりも読み取れます。


久しぶりに読み返しつつ、一切賄賂を受け取らなかったという清廉な政治家の冥福を祈りたいと思います。


 


                人気ブログランキング

悲 運

今日は、20世紀末に活躍したアメリカのプロ・ゴルファー、


ペイン・スチュアート
  Payne Stewart


が非業の死を遂げた命日・・・早いもので、没後20周年にあたります。


        


スチュアートは、1957年にミズーリ州スプリングフィールドに生まれました。

かつてミズーリ州のアマチュア選手権で優勝した父親から手ほどきを受け、4歳からゴルフを始めた彼は、1979年にプロ入り。

しかし決して順風満帆ではなく、当初はPGAツアーのQT(予選会)を通過できず、2年間アジア・ツアーを回りました。

その間結婚した彼は心機一転、1982年からPGAツアーに参戦すると、早くもその年に 『クワッド・シティ・クラシック』 で初優勝。

1989年には全米プロゴルフ選手権でメジャー初制覇を果たすと、2年後には全米オープンも獲って、メジャー2冠に輝きました。

そして1998年の全米オープンでリー・ジャンセンに悔しい逆転負けを喫したスチュワートは、翌年2月のAT&Tプロアマに勝つと、その勢いに乗って6月には捲土重来を期して全米オープンへ。

名門コースのパインハースト・リゾートで行われた同大会で、スチュワートは激闘の末に見事フィル・ミケルソンを下し、メジャー3勝目を飾りました。


        


最終ホールでパーパットを沈め優勝を決めた瞬間のガッツポーズは、後に銅像が作られた程有名です。

    

我が家には、この激戦の模様を録画したビデオテープが・・・。

     


更なる飛躍を期待されていた彼に突然の悲劇が訪れたのは、この優勝から僅か4ヶ月後のことでした。

10月25日、賞金ランキング上位30人にのみ出場資格が与えられるPGAツアー選手権に参戦するためコースのあるダラスに向かう途上に悲劇が起きました。

搭乗していたプライベート・ジェット機が、突然交信を絶ってしまったのです。


    
               
墜落したリアジェット35


おそらく急減圧によりスチュワートを含めた乗員・スタッフ6名は機内で死亡したと考えられますが、飛行機は自動操縦でそのまま飛び続け、住宅地に墜落の危険があった場合を想定し、撃墜するための戦闘機が追尾。


この模様は全米に生中継され国民は固唾をのんで見守ったそうですが、結局燃料切れにより予定コースから大幅に逸れたサウスダコタ州アバディーンの沼地近くに墜落。


    

            緑・予定コース 赤・実際の飛行経路


全員の死亡が確認され、アメリカとゴルフ界に衝撃と悲しみが走りました。

ツアー選手権第2日に行われた追悼セレモニーで、霧に包まれたコース内に響く悲しげなバグパイプの音色、中継を観ていた私は今でもはっきりと憶えています。


この時スチュワートは、現在のタイガー・ウッズとほぼ同じ42歳・・・まだまだ活躍ができる年齢だっただけに、残念でした。

タイガー・ウッズはこの年の全米オープンでミケルソンに次いで3位に入り、翌年の同大会では優勝と、2001年まで第1期黄金時代を迎えましたが・・・もしスチュワートが生きていれば、そう簡単には勝てなかったかもしれません。

その強さと同時に、二枚目でスタイル抜群。


NFLと契約を交わして各チームのチームカラーを採り入れた派手なウェアを着こなし、独特のニッカーボッカー&ハンチング・スタイルが似合うダンディーなプレーヤーであり、また時々星条旗やその3色をウェアに使う愛国者でもありました。

あの派手なニッカボッカ・スタイルでシニア・ツアーを戦っている彼の姿を想像しつつ、あらためて冥福を祈りたいと思います。
笑3


                人気ブログランキング

暴 落

よく株価が急落した際に、〝ブラック・〇〇デー〟とか〝暗黒の〇曜日〟という表現が使われますが、その元祖であり世界大恐慌の引き金となった

 ウォール街大暴落

が起きたのは、今からちょうど90年前の今日からでした。

アメリカ経済は第一次世界大戦(1914-1918)の軍需により好調を維持し、1920年代に入ると投資ブームで株価はジリジリと上昇。

中には借金をして株投資をする人まで現れ、ダウ工業株平均が6年間上がり続けて当初の5倍になり、1929年9月3日には最高値381.17をマーク。

 ※ダウ工業株平均に関する過去記事は、こちら。(↓)



しかし山高ければ、谷深し・・・日本のバブル景気と同じでその後株価は約1ヶ月下がり続け、17%もダウン。

しかもこれは、ほんの序章に過ぎませんでした。

10月に入ると、中旬に向けて多少持ち直したものの、ついに運命の日・・・〝Black Thursday (暗黒の木曜日)〟と言われる10月24日を迎えます。


この日、世界最大の株式市場・ウォール街では、取引開始後1時間で株価が急落。

それを見た投資家たちがパニック状態に陥り、一斉に売りに出たため、市場は大混乱。

取引所の市場介入等によって取引終了時には一旦前日の終値まで戻しましたか、市場には不安と動揺が広がりました。

そしてこの株価暴落を週末の新聞が書き立てると、週が明けた28日(月)と29日(火)には、24日を上回る下げ幅を記録・・・29日は〝暗黒(悲劇)の火曜日〟となりました。


この29日に取引された1,600万株という記録が破られたのは1968年・・・約40年間も破られませんでした。


 


またこの29日だけで市場は140億ドルを失い、それまでの1週間の損失は300億ドル。

これは連邦政府年間予算の10倍以上に相当し、第一次世界大戦でアメリカが消費した金額よりも多かったそうですから、その衝撃が如何に大きかったかが分かります。


この株価急落の余波は世界中に広がり、いわゆる大恐慌の端緒になったことは、皆さんもご存知の通り。


   

      大暴落を伝える新聞と、ウォール街に殺到した投資家たち


その後ダウ工業株平均は1932年に史上最安値を記録したものの徐々に回復し、1929年の水準に戻ったのは1954年11月・・・実に25年の歳月を要しました。

その後の株価は順調に伸びて行った・・・と言いたいところですが、1987年10月12日の〝ブラック・マンデー〟では、1929年の大暴落より酷いダウ平均22%ダウンを記録。

しかしこの時は急速に株価は回復し、2日後には1日の上昇幅の記録を作っています。


  

                       1929年() と 1987年(


現在の株価取引は、これらのような大幅な株価の変動を起こさないよう様々な工夫がなされています。

とは言え、株投資はギャンブルの如し。


素人がいきなり勝負をかけるには、リスクが大き過るかと・・・なんて言ったら、トレーダーに叱られちゃうか?


                人気ブログランキング

強制引退

スポーツ選手に、いつかは必ず訪れる〝引退〟。


体力の限界を悟り涙ながらに会見を開くトップアスリートの姿を、私たちはこれまで幾度となく見てきました。


しかし中には、こんな理由で引退した・・・というか、させられた人物も。


今からちょうど70年前の今日、その不本意な引退を強いられたのは


 前田山 英五郎 


戦後初めて角界の頂点に立った、第39代横綱その人でした。


        


1914(大正3)年に現在の愛媛県八幡浜市で12兄弟の末っ子として生まれた前田山関は、子供の頃から手が付けられない暴れん坊だったとか。


14歳の時に高砂部屋一行が当地を巡業で訪れた際、力士から 「メシが腹いっぱい食えるぞ」 と誘われたことで入門を決意し上京。


翌年、喜木山(きすきやま)の四股名で初土俵を踏みます。


身長180cm・体重125㎏に成長した彼は、闘志あふれる取り口と豪快な突っ張りで人気を博しましたが、特に目上の横綱にも遠慮なく繰り出す張り手の威力は凄まじく、後にプロレス入りした力道山と巡業中にトラブルとなった際、その張り手一発で気絶させたという伝説が残っています。


そして稽古中に負ったケガが元で右腕切断寸前まで悪化したところを、慶大病院の前田博士の執刀により奇跡的に回復。


その恩義に報いるため、四股名を〝前田山〟に改名。

(下の名前・英五郎は群馬の侠客・大前田英五郎から取ったとか。 命の恩人と博徒の名をくっつけるあたりが、この人らしい・・・?)


ところが四股名を変えた後も大酒を飲んでは大暴れを繰り返し、部屋を破門になったことも。


しかし国士・頭山満氏に諭されたことで改心した後は、トントン拍子。1937年には関脇を飛び越えて大関に昇進。


その後9年半・18場所その地位を守りました。


そして1947年、大相撲史上初の優勝決定戦に出たことを評価され、戦後初の横綱昇進を果たしました。


ただし受け取った横綱免許には、普段の素行から 「粗暴の振る舞い之ありし時には自責仕る可く候」 という異例の但し書きがついていたとか。

まるでその後の〝悲劇〟を予見していたかのようです。


33歳という年齢だったこともあり横綱昇進後は休場が多く、1949年の大阪場所では初日力道山に勝った後は5連敗。


前田山関は腸カタルの診断書を協会に提出して休場。


治療のためと称して東京に戻ったのですが・・・その当日夜、後楽園球場で行われていたサンフランシスコ・シールズ対巨人の日米野球の観戦に出かけ、カメラマンの求めに応じグラウンドに降りてオドール監督と握手した写真が翌日の新聞に掲載されてしまいました。

    


もともと、同時入幕した鯱ノ里と〝前鯱チーム〟という野球チームを作る程の野球好きでしたが、それが災いした形。


当然のことながら、「休場中に不謹慎極まりない」 という大バッシングが巻き起こり、慌てた前田山関は急遽帰阪し出場を懇願しましたが、協会は聞き入れず・・・10月23日、半ば強制的に引退させられてしまいました。ダメだぁ顔


横綱在位たった6場所、しかもその間の戦績は24勝27敗25休・・・大相撲史上唯一横綱で負け越しという不名誉な記録を残して。


しかし悔い改めたのか、彼は引退後相撲界に貢献します。


高砂親方として後進を指導し、横綱・朝潮や大関・前の山を育て上げましたが、特筆すべきは角界初の外人力士・高見山を見出したこと。


そのきっかけは1951年に親方が力士たちを帯同して渡米し大相撲を紹介したことなのですが・・・実はこれ、先の〝シールズ事件〟で強制引退させられた親方に同情したGHQの計らいで実現したそうですから、何が幸運をもたらすか分かりません。


その実績をもとに、1962年大相撲初の海外巡業がハワイで行われ、その際にスカウトしたのがジェシー・クハウルア少年・・・未来の高見山関だったというわけ。

 ※高見山関に関する過去記事は、こちら。(↓)



その高見山が文化の壁を乗り越え、必死に稽古した末に1972年に幕内初優勝を果たすのですが、高砂親方はその前年57歳で他界。


残念ながら愛弟子の晴れ姿をその目で見ることは出来ませんでした。


親方が先鞭をつけた外人力士の数はその後増える一方ですが、その1人で彼の曾孫弟子にあたるモンゴル人横綱・朝青龍が診断書を添えて巡業の欠席届を提出しておきながら、地元モンゴルでサッカーに興じたことが発覚して出場停止を食らい、揚句に酒に酔って一般人に暴行を働いたことで半ば強制的に引退させられた騒動を、親方は草葉の陰からどんな思いで眺めていたのでしょう?


歴史は繰り返すというか、因果は回る糸車というか・・・ただ苦笑いしていただけかもしれませんネ。うー


                人気ブログランキング