FC2ブログ
大時鐘

ロンドンの観光名所は? と問われれば、おそらく多くの方がウェストミンシター宮殿と答えるはず。


そしてその宮殿の中でも、特に有名なのが、


 ビッグ・ベン

   Big Ben


という愛称で親しまれている、その時計台でしょう。


そのビッグ・ベンが動き始めたのが、今からちょうど160年前の今日・1859年5月31日のことでした。


 


現在英国議会の議事堂として使用されているウェストミンスター宮殿は、1834年10月の大火災によって焼失した後に、コンペを勝ち抜いたチャールズ・バリーの設計によってゴシック復興様式で再建されましたが、時計台の設計は若手のオーガスタス・ビュージンに託しました。


        

        Augustus Welby Northmore Pugin 18121852


彼の設計に寄って建てられた時計台は、高さ96.3m。


下から61mは煉瓦造りですが、その上は鋳鉄製の尖塔となっていて、時計の文字盤は地上55mに位置しています。


彼はまた時計の文字盤も設計し、直径7mの鉄枠に312個の乳白ガラスが嵌め込まれており、4面の文字盤の下には、ラテン語で


"DOMINE SALVAM FAC REGINAM NOSTRAM VICTORIAM PRIMAM "

      (主よ、我らが女王ヴィクトリアに御加護を)


と刻まれているそうな。


そして時計そのものを設計したのは、アマチュア(!)時計学者エドマンド・B・デニスンと、後にグリニッジ子午線を定めた王室天文官ジョージ・B・エアリー。


          

                          Sir George Biddell Airy 18011892 


時計の真下に全長3.2m・重量300kgの大きな振り子が取り付けられ、それが2秒毎に振れているそうですが、その重さと地下鉄延伸工事の影響で、時計台はごく僅かながら北西の方向に傾いているとか。

とは言え、ピサの斜塔みたいに肉眼では分かりませんが・・・。


そしてこの時計台に欠かせないのが、時報を告げる鐘の音。


もともとビッグ・ベンとは、時計台そのものではなくその中で最も大きな〝大時鐘〟の愛称でした。


 ※但しその由来については、工事責任者で国会議員だったベンジャミン・ホール卿の名に因んだとする説や、当時のボクシング・ヘビー級チャンピオンの名前から来ているとする説など複数有り、定まっていないとか。


この大時鐘は、時計台完成前に制作されて宮殿の庭に運び込まれたものの大きなヒビが入ってしまい、再鋳造されたもの。

直径2.9m ・ 高さ2.2m ・ 重量13.5トンという巨大な鐘ですが、これが初めて鳴らされたのは、時計が動き始めてから約1ヶ月半後の7月11日。


しかしその僅か2ヶ月後にまたしてもヒビが入ってしまい、その後3年かけて修復・・・といっても、鐘に穴を開けるなどしてそれ以上ヒビが入らないようにしただけ。

ただそのおかげで、独特の音色が出るようになったのです。


    


最後に、近々ロンドン旅行を・・・と計画されている方に、お知らせが。


実は現在時計台は大修理に取り掛かっており、2021年までは鐘は鳴らされない予定なのだそうな。


ということで、こちらの動画で毎日正午に鳴らされるビッグ・ベンのメロディーをお楽しみください。

きっと昔学校で聴いたチャイムを、懐かしく思い出すことでしょう。
笑2



               人気ブログランキング

スポンサーサイト



拘 置

敗戦後、GHQによってA・B・C級に区分された戦犯が収監されたのが

 巣鴨プリズン

であることは、皆さんもご存知の通り。

ここは元々思想犯や反政府活動家らを収監していた東京拘置所でした。

処刑場もあり、戦時中の1944年にはゾルゲ事件の主犯だったゾルゲと朝日新聞記者の尾崎秀実がここで死刑執行されています。

ここを戦後GHQが接収し、戦争犯罪容疑者を収容するために利用したのです。


       

最も収容人数が多かったのは1950年1月時点で、1,862名にも膨れ上がったとか。

※ ちなみに〝戦犯〟とは、極東軍事裁判において定義された戦争犯罪人で、同裁判で有罪判決を受けた者を指します。


しかし極東軍事裁判そのものは、戦勝国のみによって敗戦国を裁く・・・しかも法律を遡及して効力を持たせるという強引な手法を用いた一方的なものであり、国際法に照らしても合法的な裁判とは到底言えず、この点を強く指摘したパール判事の無罪判決が最も論理的かつ合理的な内容で支持できるものと私は考えてはいますが・・・。  


そのパール判事に関する過去記事は、こちら。(↓) 



1947年2月から既決囚の労働が本格化し、Å級戦犯・60歳以上の高齢者・病人以外は全て就労を命じられたそうで、プリズン周辺の道路整備や兵舎・将校用宿舎建設等の重労働を命じられ、休憩は午前と午後に1回ずつ5分だけ。


この重労働が2年続き、建設物が完成に至ると、戦犯たちは信頼を勝ち取り、減刑などの恩恵を受けたといいます。

新聞・雑誌・本などの閲覧、上野図書館からの借り出しも許可され、ラジオも定期聴取でき、映画も週に1回鑑賞できたそうですが、反面GHQは監房内に隠しマイクを仕掛け、受刑者の会話を盗聴していたというから抜け目がありません。


そして最後の戦犯18名が釈放され巣鴨プリズンが閉鎖されたのが、今から61年前の今日・1958(昭和33)年5月30日のことでした。

その後東京拘置所として復活・利用されましたが、池袋の再開発計画に伴って小菅に移転され、現在はサンシャシンシティーとして連日多くの人々が訪れています。

この巣鴨プリズンでは1948年、当時の皇太子の誕生日である12月23日にA級戦犯7名の死刑が執行されたことは有名ですが、実はB・C級戦犯も多数処刑されています。

その数は、53名。

60名の受刑者が、所内の13番扉を通り、13階段を昇って絞首刑に処せられました。(※1名のみ銃殺刑だったそうな)

        


再開発でこの地に建てられた高層ビル 『サンシャシン60』 の60は、一般的には地上60階だから・・・とされていますが、中には同地で処刑された人数にかけた、なんて説も。

とすれば、この高層ビルは戦犯として処刑された人々の巨大な墓標?

        

それはともかく、現在そのサンシャシン60がそびえたつサンシャシンシティーに隣接する東池袋中央公園の片隅には、処刑された人々の慰霊碑〝平和の碑〟が建てられています。


    

池袋、特にサンシャシンシティーにお出かけの方は、是非一度訪れて手を合わせてください。

さすれば、理不尽な裁判に寄って命を奪われた方々も喜ばれるかと・・・。


    東池袋中央公園


              人気ブログランキング

【本日増刊・拡散希望】  玉 砕

皆さんは大東亜戦争の中期、日米両軍の間で交戦した


 アッツ島の戦い


をご存知でしょうか?

この太平洋上の小島での交戦を敢えて取り上げたのは、大本営が初めて〝玉砕〟という言葉を国民に対して発したから。

一般的に日米間の交戦はハワイ・真珠湾から始まって南方で展開されましたが、このアッツ島は逆に北方・・・アリューシャン列島のひとつなのです。(

       


なんでこんなところに日本軍が・・・と怪訝に思えますが、これはその前年のミッドウェー開戦に備えた陽動作戦として、このアッツ島(とすぐ近くのキスカ島)を攻略し、守備隊として2,650名を投入して飛行場などを建設したのです。

しかしそのミッドウェー海戦で勝利を収めた米軍がロックウェル少将率いる11,000名もの兵員を率いて同島の奪還を目指し上陸作戦を開始したのは、1943(昭和18)年5月12日のこと。


迎え撃つ日本軍守備隊の司令官は、同年4月に赴任したばかりの山崎保代(やすよ)大佐(※没後2階級特進で中将)

        


開戦直後から圧倒的な兵力・火力を有する米軍を目の当たりにして、山崎大佐は大本営に歩兵1,500名と武器・弾薬・食料の補給を打診。

しかし大本営はキスカ島からの撤退はしたものの無情にもアッツ島は見捨て、一切の補給をしませんでした。


仕方なく山崎大佐は硫黄島の栗林中将と同様、兵を内地・高地に撤退させ米軍を迎え撃つ作戦に出ましたが、兵力と火力の差は如何ともし難く、同月28日にはほとんどの兵力・弾薬を喪失。

翌29日、戦闘に耐えられない重傷者が自決し、山崎司令官は生存者を本部前に集めると、各将兵を労った後に

「機密書類全部焼却、これにて無線機破壊処分す。」

と大本営宛てに最後の打電をすると、約300名の兵と共に米軍本部に向かって突撃し全員が玉砕して果てました。

山崎大佐の遺体は、日本兵の先頭で発見されたといいます。

この戦いに参戦していた米兵は、後に

「あれは、バンザイと叫びながら自殺のための突撃だった。

日本兵は爆発物を巻きつけて、死のうとしていた。 

私たちを殺しに来ると同時に、彼らは死にに来たのだ。」


と証言しています。

日本軍の損害は戦死2,638名、捕虜として生き残ったのは僅か27名・・・生存率は僅か1%。

対する米軍は戦死者約600名、負傷約1,200名でした。


    

           米軍が撮影した、玉砕した日本兵の遺体

実際は〝全滅〟だったのに、なぜ大本営は〝玉砕〟という言葉を使って発表したのか?

それはミッドウェー海戦で大敗を喫して以降、戦況が刻々と不利になっている状況をひた隠しにしてきた大本営が〝全滅〟という国民にとってショックが大きい言葉を使えなかったから。

また部隊を見殺しにした軍幹部に対する責任論を回避するため、とも言われています。

いずれにせよ、大本営の保身を目的としたカムフラージュであることに違いはないでしょう。


〝玉砕〟は、決して日本兵の潔さや忠誠を誓ったものではなく、大本営の無策・無責任のせいで犠牲になった兵士たちの、無念を象徴した言葉・・・私にはそう思えてなりません。

76年前の今日、北方の小島に散った山崎中将以下2,600名余りの英霊に、黙祷を捧げたいと思います。笑3


             人気ブログランキング

証 明

皆さんは、20世紀最高の物理学者アルベルト・アインシュタインの名をご存知だと思います。

そして彼が唱えた最も有名な学説が〝相対性理論〟であることも。


        


これには彼が1905年に発表した特殊相対性理論と1915~16年にかけて複数の論文で発表した一般相対性理論の2つがあります。

※アインシュタイン及び相対性理論に関する過去記事は、こちら。(↓)



ところが、この一般相対性理論を彼が発表した時はちょうど第一次世界大戦の真っ最中だったため、ドイツで発表されたこの画期的な理論は世界的に知られることはありませんでした。

しかし今からちょうど100年前の今日、その一般相対性理論が正しかったことが証明され、世界中がこの話題で持ち切りに。

その証明を行ったのは、前述の過去記事にも書いた通りアインシュタインではなく、別人。 

それはイギリスが生んだ天体物理学者、


 サー・アーサー・スタンレー・エディントン (1882-1944)


Sir Arthur Stanley Eddington


        


2歳の時に学校の校長をしていた父親を亡くしたエディントンは、姉2人と貧しい母子家庭で育ちましたが、非常に聡明な子供でした。

1898年に奨学金を得て16歳の時にマンチェスター大学オーウェンズ・カレッジに入学し物理学を専攻した彼は、1902年に特優の成績で理学士の学位を得て卒業。

更に奨学金を得てケンブリッジ大学トリニティ・カレッジに進学し1905年に卒業したものの、その後は熱電子放流や数学の分野に進んだものの、芳しい成果は出せませんでした。

しかし大学を離れ王立グリニッジ天文台々長の助手長職を得たことが、彼の運命を大きく変えることに。


1907年に2つの星の見かけの移動量に基づいた新しい統計的手法を編み出して 『スミス賞』 を獲得した彼は、その功績によってトリニティ・カレッジの特別研究員に。

更に1904年にはケンブリッジ天文台々長に指名され、王立協会会員にも推挙されるなど、トントン拍子に出世。

第一次世界大戦中は、彼が科学分野における重要な科学者であると仲間が軍にかけあったため、兵役を免除されてもいます。

まさに芸は身を助けた形ですが、その彼が大戦終了後の1919年5月29日・・・アフリカ・プリンシペ島で日食を観測。


       


<

太陽付近に見える恒星の写真を撮影し、本来の位置から僅かにズレがあることを突き止めたのです。


これによって一般相対性理論で唱えられた〝重力レンズ効果〟即ち太陽の重力場で光線が曲げられることが証明されたのです。

    

この結果が新聞報道されたことで、一般性理論はアインシュタインの母国ドイツだけでなく英語圏でも紹介され広く知られるように。

その時の報道で、〝相対性理論を理解してるのは世界で3人だけ〟などと報じられ、それを聞いたエディントンが

「はて、(アインシュタインと自分以外の)3人目は誰なんだろう?」

と冗談交じりに答えたとか。

そんな彼はその後相対論の講義を平易な言葉で行うと同時に、講義の内容を 『相対論の数学的理論』 という著書にまとめ、アインシュタインから

「このテーマについてあらゆる言語で書かれた本の中で最も素晴らしい解説書」

というお墨付きをもらっています。

    

            アインシュタイン(左)とエディントン

しかし一方で、やはりアインシュタインが一般相対性理論の中で唱えた〝ブラックホールの存在〟に関し、1930年にインドから来た留学生がその存在を理論的に指摘した際、彼はそれをロクに検討せず頭ごなしに否定。

そのためその留学生の指摘は日の目を見ることなく、ブラックホールの研究が1960年代に入るまで行われなかった、という負の遺産も残してしまいましたが。

こういう話を聞くと、いかに優秀な科学者も神様ではないし、下手な権威付けは時として文明や化学の進化にとって足かせになることが分かりますネ。
うー


              人気ブログランキング 

黒 幕

皆さんは 〝日本の三大仇討〟 ってご存じですか?


『赤穂浪士の討ち入り』 はすぐお分かりだと思います。 


もう一つは荒木又右衛門の 『伊賀越えの仇討ち』・・・そして3つ目が、今から826年前の今日果たされた、


 曽我兄弟の仇討ち


なのだそうな。


以前から所領問題で叔父・伊東祐親に恨みを抱いていた工藤祐経は安政2(1176)年、鷹狩りに出た祐親を襲い嫡男・河津祐泰を殺害。


祐泰の2人の息子・一萬丸と箱王丸は、母の再婚先の姓・・・兄は曽我十郎祐成、弟は曽我五郎時政と名を変え、父の仇を取ることに秘かなる執念を燃やします。


幾多の試練を乗り越えて、源頼朝の寵臣となった工藤祐経が1193(建久4)年5月28日に富士の裾野へ巻狩に出かけた際、2人は深夜に寝所を急襲・・・見事祐経を討ち果たしました。


       

        曾我兄弟富士裾野仇討図 國史畫帖『大和櫻』より


しかし兄・十郎はその場で討ち取られ、弟・五郎も捕らえられて翌日源頼朝の前に引き出されました。

仇討ちを果たし潔く延命を拒否する五郎に感じ入った頼朝ですが、これ以上の遺恨を遺さぬよう、祐経の息子の申し入れ通り斬首に。


時に兄22歳、弟20歳の若さでした。


       ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-曽我兄弟

         左2つが曽我兄弟、右が兄・十郎の妻・虎御前の墓


子供の頃、忠義の見本(?)としてこの物語を読まされた方もいらっしゃると思います。


私もその一人なんですが・・・実はこの仇討ちには、政権転覆・頼朝暗殺の陰謀が絡んでいた、という説があるそうな。


その黒幕といわれているのが、頼朝の妻・政子の父・北条時政


       


兄・十郎は早くから時政の館に出入りしていたといい、また弟・五郎の烏帽子親でもあった時政は、ポスト頼朝の座を虎視眈々と狙っていた・・・つまり舅が娘婿の追い落としを画策していたとか。


曽我兄弟が仇討ちを果たした時、巻狩の寝所は駿河の守護であった時政の手によって設営されていたため、彼らを容易に侵入させられたこと。 


更には兄・十郎が仇討ちを果たした後、逃げずにわざわざ頼朝の寝所を襲おうとしたのは、時政から何事かを言い含められたからだ・・・というのです。

父の遺恨を晴らそうとする若武者2人を巧みに操り、時政が自らの野望を果たそうとした・・・これが事実なら、何と言う狡猾さでしょう。


いつの世にも、自らの手を汚さずに権力を握ろうとする野心家・政治家はいるものですが、それにしても・・・。うー

そんな陰謀説を基にした面白い小説があります。

 『曾我兄弟の密命―天皇の刺客
              (高橋直樹・著 文春文庫・刊)


       


子供の頃に読んだ伝記絵本を思い出しつつ、大人の歴史物語をお楽しみください。


              人気ブログランキング 

大動脈 <下>

そんなこんなで3時間余り走り続けたところで、浜名湖SAの看板が視界に飛び込んできました。 


「せっかくですから、素通りしないでウナギ食べましょうョ!」


と寝ていた先輩を揺り起こし、有無を言わさずSAへ。


殆どドライバーがいない午前3時半の食堂で、うな重を堪能。


       ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-うな重


再びノンストップで走り続けたナベちゃん車は、午前7時過ぎに京都到着。 ここでも


「先輩、まだ時間はたっぷりありますから、京都見物しましょうョ。」 

呆れ顔の先輩を乗せたまま、朝8時前に清水寺からスタート。


6,7ヶ所の有名スポットをグルッと見物して、午後1時開宴の披露宴には余裕で間に合いました。


神戸牛を期待して未明のうな重以降何も口にしなかったのに、出てきたのは和食コース・・・肩透かしを食らってガッカリした私は、更なる経費節減を目論んで、新幹線でやってきた部長と課長に


「ご自宅までお送りしますョ!」


と持ちかけ、帰りの交通費を全部面倒みてもらう事に成功! 

ルンルン気分で一路東京に向けスタートしました。


そして午後7時過ぎだったでしょうか・・・それまで酔っぱらって後部座席で爆睡していた上司が突然ムックリと起きて、


「おいナベちゃん、せっかくだから浜名湖のうなぎ、食って行こうや。」


ちょうど浜名湖SAの少し手前だったので、


「じゃあ、一休みしましょうか」


と入っていって、私は初めて知ったんです。 


このSAが上下線共用だったことを。


       


そういえば、未明に入った時路上に見慣れないゲートがあったんですが、それって高速券の不正使用防止のための監視用だったんですネ。


おまけに偶然というのは恐ろしいもので、混雑する中たまたま空いたのが16時間余り前に座った同じテーブルで、食べたのも同じうな重!          


その後、満腹になって再び深い眠りについた上司・先輩社員の3人を睡魔と闘いながら世田谷区・足立区・千葉の稲毛と回り、全て送り届けて我が家に到着したのは、翌・日曜日の午前1時過ぎ。


約25時間の〝弾丸ドライブ〟は走行距離約1,350km。


食事は結婚披露宴に出された和食膳と、うな重2膳でした。


実はこの日曜日、早起き野球に参加する約束をしていた私。


2時間仮眠を取っただけで再び午前4時に家を出て向かった先は・・・つい数時間前に通過した東名高速・川崎ICを降りてすぐのグラウンドでした。


いやはや、今では考えられない強行軍。 若さって素晴らしいですネ!


私は東名高速を走るたび、この 〝弾丸ドライブ〟を思い出すのです。


                人気ブログランキング 

大動脈 <上>

本州を貫く大動脈・・・といえば、鉄道なら東海道新幹線。

そして道路となれば、言わずと知れた


東名高速道路


ですが、ここでクイズを1問。

この東名高速道路は、東京ICからどのICまでの区間?

・・・正解は、愛知県にある
小牧ICまで。


 


この東京~小牧間・全長346.8kmに及ぶ、日本で初めてと言っていい長距離高速道路が全線開通したのが、今からちょうど50年前の今日・1969(昭和44)年5月26日のことでした。


総工費約3,425億円をかけた大事業は、本格的なクルマ社会の到来を予感させるものでした。 


当時〝1m造るのに100万円(※現在の貨幣価値で350万円前後)もかかった道路〟 と聞いて、子供心に大変驚いたことを憶えています。


走ってみるとこの道路、高速という割には意外とカーブやアップダウンが多く、結構ヒャッとした経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?冷や汗


私も社会人になってからは、幾度となく走ったこの高速道路・・・一番の思い出は、今から30年以上前の若かりし頃のことでした。


同じ職場の後輩社員が結婚することとなり、私も他の先輩社員と神戸での披露宴に招待されました。


当時はまだ20代後半で金欠状態のワタクシ・・・何とか交通費を浮かすべく、

当時はまだ20代後半で金欠状態のワタクシ・・・何とか交通費を浮かすべく、


「運転は全部私がやりますから、クルマで一緒に行きましょうョ!」


と、あまり乗り気でない先輩と高速&ガソリン料金を折半することに成功。 


披露宴当日の土曜日午前0時に先輩を世田谷の自宅で拾って、東京ICのゲートを通過。


真夜中の東名・・・経験のある方はご存知でしょうが、この時間帯に走っているのは殆ど運送関係のトラックばかり。

それも結構なスピードで飛ばしているんです。


       


とそんな中、目の前を走っていた10トンクラスの大型トラックが、突如お尻を振り出したのです。

(あっ、居眠りしてる!)

とビビッた私は、ブレーキを踏んで車間距離を開けた・・・と思ったら、追い越し車線から猛スピードで走ってきた2トンクラスの小型トラックが間に割り込んできたんです。

そして大型トラックの真後ろにピタッとつけて、クラクションを〝バ、パ、パァ~!〟と鳴らしました。


その数秒間のクラクションで目を覚ましたのでしょう、前のトラックの揺れがピタッと収まったのです。

そして後方のトラックに感謝の気持ちでハザードランプを点灯。

それに応えるかのように3回ほどパッシングした小型トラックは、再び追い越し車線に出て颯爽と抜き去っていきました。

私はトラックドライバー同士の友情を目撃して、大感激。


(今後もし同じ場面に遭遇したら、オレも逃げずにクラクション鳴らそう!)

と心に決めつつ、東名高速をひた走りました。

                          
・・・・・ To be continued!


 


                人気ブログランキング 

ビュッフェ

皆さんは今日のタイトル〝ビュッフェ(buffet )〟という言葉(フランス語)から、何をイメージするでしょうか?


若い方は〝食べ放題〟とか〝セルフ方式〟と答える方が殆どかもしれませんが、私は即


 食 堂 車

が思い浮かぶんです。


なぜなら子供の頃、「新幹線に乗って、ビュッフェで食事する」 ことが憧れだったから。 


ナイフとフォーク←このマークがついた車両を見ただけで、胸が高鳴ったものです。


その食堂車が日本で初めてお目見えしたのが、今からちょうど120年前の今日・1899(明治25)年5月25日のことでした。

ただし路線は東海道線でも、また国鉄でもなく・・・私鉄・山陽鉄道(現・山陽本線)の列車に連結された食堂付き一等車。(


    食堂車    


当時はビーフステーキ・チキンカツレツ・カレーライスなどの西洋料理がメニューに並び、1・2等車の乗客のみ利用できました。


何でも3等車の乗客には行儀の悪い者が多かったためにそのような措置が取られたそうですが、今だったら 「差別だっ!」 とネットで叩かれるでしょうネ。


その後食堂車は徐々に全国の列車に採用されるようになり、新幹線には1964年の開業当初から連結されていました。


ただ私の記憶の中では、憧れのビュッフェに入ったら簡素なカウンター席だけでガッカリ・・・結局コーヒーだけ飲んで席に戻った記憶があります。ダメだぁ顔


その昔、遠征のため新幹線に乗り込んだ某若手プロレスラーが先輩レスラーにそそのかされ、新横浜から名古屋の間で、メニューに載っている料理全品をたいらげた・・・なんて武勇伝を聞いたことがあります。


しかしそのビュッフェも、コンビニ・キオスクで弁当を買い込む乗客が増え、また運航時間が短縮したこと、更には利用客の増加により客車を増やすため、新幹線からは2000年3月に食堂車が消滅。

現在ではごく一部の寝台列車などを除いて殆ど廃止されているようです。


新幹線でガッカリした私の次なる夢・・・それは〝オリエント急行〟。


007シリーズ第2作 『ロシアより愛をこめて』 で、ボンドとスペクターの刺客がテーブルを挟んで向かい合うシーン、ご記憶の方も多いでしょう。


    

この映画が公開された1963年から半世紀以上経過した現在の食堂車は、更に内装も料理も一層豪華になっているようです。

    

この優雅な雰囲気で、車窓を眺めながら極上の料理を楽しむ・・・こんな旅行に憧れます。


えっ、誰と行くのかって?


そ、そんなの・・・にょ、女房に決まってるじゃないですかァ。うー


 


                人気ブログランキング 

不参加

〝スポーツと政治は別〟・・・昔からよく使われるこの言葉が、この時ほど空しく思えた時はありませんでした。

1978年、アフガニスタンで共産主義政党の人民民主党政権が樹立されたものの、対抗する武装勢力の蜂起によりほぼ全土が彼らの支配下に置かれました。

そこで人民民主党政権はソ連に軍事介入を要請し、それに応える形で1979年のクリスマス・イブにソ連軍がアフガニスタンに侵攻。

アミーン大統領を殺害してカールマル大統領を擁立し、人民民主党の多数派政権を樹立させました。


この時、共産主義政権に抵抗した兵士たちは〝ムジャヒディン〟と呼ばれ、CIAなどから数十億ドルの支援を受けており、当然この紛争は米ソの代理戦争の様相を呈しました。

※ムジャヒディンは、映画007シリーズ 『リビング・デイライツ』 でソ連軍と激しく衝突する場面に登場しています。

結局ソ連軍がアフガンから撤退したのはその10年後でしたが、同国は国際的な非難を浴びると同時に、大きな代償を払うことになりました。

それはアフガン侵攻の翌年夏に開催される予定だった、共産圏初の開催となるモスクワ五輪に多くのボイコット国が出たこと。

アフガンにソ連が侵攻した翌月の1980年1月に、当時のカーター米大統領が西側各国にモスクワ五輪のボイコットを呼びかけ、これに呼応する形で2月には日本政府もアメリカ追随の方針を固めました。

これに抵抗する形で、JOC(日本オリンピック委員会)は大会参加の道を模索。 

4月には代表選手たちが集まり、口々にボイコット反対を表明。

当時金メダル確実と言われていたレスリングの高田裕司選手や柔道の山下泰裕選手が涙ながらに参加を訴える姿は、私を含め国民から同情を集めました。


       


                男泣きする高田選手   

しかし選手たちの声は政治家に届くことはなく、今から39年前の今日・1980年5月24日に開催されたJOC総会で不参加を正式決定。

この採決に際しては、各競技団体の代表者に対し参加に投票した場合は予算を分配しない等々の圧力が政府側からかけられていたといいます。


結局アメリカ・日本をはじめとする32の国と地域がボイコットした結果参加国は81の国と地域に止まり、大会の閉会式ではマスコットのミーシャが涙を流しました。

       


救いは4年後のロス五輪で山下選手が感動の金メダルを獲得し、またいったん現役を引退した高田選手が復帰して銅メダルを獲ったことでしょうか。

しかし、このボイコットに関しては西側諸国が足並みを揃えたわけではありませんでした。

西欧でアメリカに追随したのは西ドイツ・カナダくらいで、イギリス・フランス・イタリア・スペイン・オランダは出場。

ただし、イギリスは政府の支援を得られずオリンピック委員会の独自参加の形を取り、フランス・イタリアなど7ヶ国は開会式では入場行進しなかったり国旗を使用しなかったりと、それなりの抗議の姿勢を示しました。

これら各国の対応を見ると、本当に日本ってアメリカの属国だと改めて認識せざるを得ません。

そしてそれは現在も変わらず・・・。うー


これに懲りたというか、その後JOCは日本体育協会から独立した財団法人となりました・・・が、果たして今後アメリカや日本政府の意向を跳ね返すことができるかどうかは、疑問。

それよりも大事なのは、日本が真に独立国となることでしょうけどネ。


                人気ブログランキング 

ポンちゃん

今日のブログ・タイトル、何だか麻雀用語みたいですが・・・実はこれ、あるプロ野球選手のニックネームなんです。

それが誰か分かるのは、私より年上の方が殆どのはず。 正解は、


 大下 弘 選手

今日は、敗戦直後の日本にあって、赤バットの川上哲治選手と共に〝青バットの大下〟として人気を二分し、美空ひばりと並ぶ国民的大スターであったこの名選手の命日・没後40周年にあたります。 


       


大下選手は、1922(大正11)年に神戸市三宮で生まれました。

3歳の時に父親が亡くなったため、母親が女手一つで小料理店を営みつつ彼を育てたそうですが、13歳の時にその母親と共に台湾へ移住。

高尾商業高校時代には野球部で投手としてプレーしながらも、陸上競技や柔道・相撲なども掛け持ちでこなすスポーツ万能選手で、かつ文芸部員でもあり首席で卒業するという、まさに文武両道の青年でした。

明治大学予科から同大商学部に進学し東京六大学でプレーしましたが、戦局悪化に伴い1943年リーグ戦が中止となり、同年学徒出陣で陸軍航空士官学校に進むと、特攻隊を志願。

しかし出撃直前に終戦を迎えたため、明大商学部に復学することができました。

そして明大野球部の先輩・横沢三郎さんに誘われてプロ野球・セネタース
(現・日本ハムファイターズ)入りを決めた大下選手は、1945年12月に行われた東西対抗戦に出場すると、3戦に出場して16打数8安打12打点・ホームラナン1本の大活躍で最優秀選手に選ばれ、俄然注目を集めるように。

翌年4月に出版されたベースボールマガジン創刊号の表紙に起用されたことからも、端正なマスクも相まってその人気ぶりが伺えます。

       


翌年には投手兼任ながら20本の本塁打を放ってタイトルを獲得。

その一方でホームラン狙いの強振をするため変化球に脆く、三振もリーグトップの80を記録。

しかしその豪快なバッティングは敗戦で沈む日本人を元気づけて空前の本塁打ブームを巻き起こし、川上選手も本塁打狙いのフォームに変えたとか。

※ブログタイトルの〝ポンちゃん〟は、打球をポンポン飛ばすことからついた渾名。


そしてその川上選手が赤バットを使っていたのに対抗し、1947年からバットに青いラッカーを塗って〝青バットの大下〟と言われた彼は、この年本塁打王と打点王の2冠を獲得。

※しかしその塗り方が雑でボールに青色が付着してしまうため、審判団から止めさせられたとか。


1949年には、札幌円山球場で推定飛距離170mの大ホームランを放ったり、9回の試合で7打席7安打という史上唯一の快記録もマーク。

1952年に金銭面での球団との確執から西鉄にトレードされると、中西・稲尾選手らと日本シリーズ3連覇を達成し、西鉄黄金時代を築きました。

1959年に現役を引退しましたが、生涯打率.303、本塁打201、長打率.490はご立派。

引退後はNHKなどで野球解説者を務め、また打撃コーチを務めるなどした後、1958年には東映フライヤーズの監督に就任。


<

サインなし・罰金なし・門限なしの〝三無主義〟を打ち出したものの、生来の人の好さが災いしてかチームは最下位に低迷し、シーズン途中に辞任。

その後は大洋ホエールズの打撃コーチを務めた後、野球王国・千葉に転居して少年野球チームの監督を務めましたが、1978年6月にグラウンドでの指導中に脳血栓で昏倒。

左半身に麻痺が残ってしまい、温泉や自宅で療養に務めましたが、1979(昭和54)年5月23日に56歳の若さで帰らぬ人となりました。

後年、致死量の睡眠薬を服用しての自殺と公表されましたが・・・体調が元に戻らなかったことを悲観したのかもしれません。

美空ひばりさんと人気を二分したかつてのスター選手としては、実に残念な最期でした。

この大下選手について詳しく知りたい方には、ノンフィクション作家として有名な辺見じゅんさんの


 『大下弘 虹の生涯』 (新潮社・刊)

       

のご一読をお勧めします。

終戦前後のプロ野球の内情や人間関係も細かく描写されており、オールド・ファンにとって読み応え十分ですから・・・。

それでは最後に貴重なホームラン映像をご覧いただきつつ、ポンちゃんのご冥福をお祈り致しましょう。
笑3 



              人気ブログランキング