FC2ブログ
薔 薇

その一報を私が耳にしたのは、東北自動車道で車を運転している時でした。

日曜日の午後、ゴルフ場から帰る途中に聞いていたラジオから

「イギリスの元王妃が、交通事故で亡くなりました。」

というニュースが流れた時、私は助手席に座っていた女房に

「おい、これってダイアナのことじゃないか?」

とビックリして思わず聞き返したことを、今でもはっきり憶えています。

今日は、その〝英国の薔薇〟


 ダイアナ・スペンサー


    Diana  Spencer

の命日・没後20周年にあたります。

       

彼女は1961年にイギリスの名門貴族・スペンサー家の令嬢として生まれました。 


社交界にデビュー後、1978年11月にチャールズ皇太子の誕生パーティーに招かれ、初めて将来の夫と対面します。


やがて彼女は保育士として働き始めたものの、チャールズ皇太子との交際がスタート。 


1981年2月に婚約を発表し、同年7月29日に結婚式を挙げました。


その後ウィリアム、ヘンリー両王子も誕生し、その美貌と華やかさから、世界が羨むロイヤル・ファミリーとして注目され続けました。


1986年に来日した時は、日本中が〝ダイアナ・フィーバー〟色に染まったものです。


                  


しかし、幸せは長くは続きませんでした。


お互いの不倫騒動等で彼女の心は深く傷つき、結局1996年8月28日に2人は正式に離婚。


その後彼女は地雷除去などボランティア活動に身を投じるように。


そして離婚からほぼ1年後の1997年8月31日深夜、当時交際していた大富豪ドディ・アルファイド氏と共に乗っていたベンツがパリ市内のトンネルで中央分離帯に衝突・大破し、彼女は36歳の若さでこの世を去ったのです。


    


事故原因は、パパラッチに追跡された上でのドライバーの運転ミスであったと結論づけられています。

しかし、今でもMI6等による謀殺説は完全に消えてはいません。


・・・思うに、今まで彼女ほどプライベートを暴き続けられた女性はいなかったのではないでしょうか。 


しかも、かつて信頼し親しく交際していた相手でさえ、(大金に吊られて?)暴露本を出す始末。うー


おまけに守ってくれるはずの夫も不倫していたわけですから、彼女の心はもうズタズタだったはず。


今、ダイアナ元皇太子妃は誰にもプライバシーを犯されることなく、ひたすら我が子である2人の王子や孫の成長を天国から見守っていることでしょう。

最近イギリスで、彼女の結婚生活の破綻を語る新たな肉声テープが公開されたそうですが、もうそういうことは止めるべき。

そっとしておいてあげて欲しい・・・そう思うのは、私だけではないはず。

薔薇の花は散っても、その美しい姿だけを記憶の中に咲かせ続けたいですから。


 


    “May her soul rest in peace, England's Rose. ”  ピンク影薔薇


              人気ブログランキング

スポンサーサイト



警 報

昨日午前6時過ぎ、PCでブログ記事を書いている最中、つけっ放しにしていたテレビニュースで、アナウンサーが突然

「たった今、情報が入りました!」


と北朝鮮からミサイルが発射されたと報じ、Jアラートの画面に切り替わりました。

北海道や東北各県に警戒警報が出されたとのこと。

女子アナが 「どうか落ち着いて行動してください」 と早口で焦ったような喋り方をしていたのには思わず苦笑いしましたが、私自身テレビ画面でこの警報を見たのは初めてなので、一瞬緊張しました。


    


結果的にミサイルは日本列島を飛び越える形で14分間飛び、襟裳岬の東・約1,180kmの太平洋上に落下したとのこと。

本土に直接の被害はなかったものの、またしても日本領空上を通過するという、非常に悪質な挑発行為であることに変わりありません。


    


ミサイル発射が5時57分で、Jアラート発令が5分後の6時2分。
そして6時12分にミサイルは3つに分離して着水したとのこと。

航行距離は約2,700kmだそうが、発着点のほぼ中間点である北海道上空を通過したのは、6時7分頃。

Jアラート発令から僅か4~5分で日本上空を通過していますから、「頑丈な建物か地下に避難しろ」 と言われても、(深夜・早朝に)対応するのは極めて難しいでしょう。

仮に地下に潜りこんだとしても、核ミサイルを撃ち込まれたら都市機能はほぼ完全にマヒするはず。

また安倍総理は


「発射直後から北朝鮮ミサイルの動きは完全に把握していた。

国民の生命と安全を守る万全な態勢を取っている。」

とコメントしていますが、いくら発射直後から把握していようと、領空に到達するまでに迎撃できなければ意味がありません。

またもし領土を狙われた場合、超高度から超音速で落下してくるミサイルを迎撃するのは極めて困難ですし、万一核弾頭を搭載していたらたとえ撃墜してもタダでは済まないでしょう。


1998年8月に三陸沖に着弾、2009年4月にも東北地方を飛び越え、2012年12月と2016年2月には沖縄上空を通過していますから、日本領空通過は5度目。

しかも今回は初めて予告なしの発射でした。

それでも日本政府がする事といえば遺憾砲の発射だけ・・・こんなことを繰り返していて大丈夫なんでしょうか?


日米でいくら圧力をかけても、ウラで支那が援助すれば効果は大して上がらないはず。

今までもそうであったように・・・。


私は昨日初めてJアラートを聞いた時、思わず映画やドラマで観た大東亜戦争時の〝空襲警報〟を思い出しました。

既に完全に制空権を奪われていた戦争末期の日本は、B29が襲来すると国民はただ逃げ惑うだけ・・・
まさに、やられっ放しでした。


それから70年以上経った現代でも、ただ攻撃されるのを指をくわえて待つだけって・・・。


政府は 「国民の生命を守る」 と言ってますが、こんな現状ではとても信用できません。


野党や左翼勢力は、盛んに 「話し合いで解決を」 と主張し、「戦争反対!」 などと声を張り上げてデモをしていますが、それは朝鮮半島に行ってやるべきでしょう。

仕掛けてきているのは、日本ではなく北朝鮮なのですから。

もし北朝鮮のミサイルが、アメリカ大陸を横断して大西洋に落下したら、アメリカ国民は静観するだけでしょうか?

私は違うと思います。

自分たちに危害が及ぶ可能性があるなら、アメリカ国民は猛然と政府に抗議して抑止・制裁措置を求めるでしょう。

戦争をしたくないのは、誰もが同じ。


しかし自分たちが仕掛けなくても、相手が攻撃してくるなら応戦せざるを得ません。

ましてその相手が核武装しているとなれば、核を保有していない我が国が先制攻撃されたら、反撃することは極めて難しいでしょう。

喧嘩と同じで、絶対に先制攻撃してこないことが分かっている敵くらい、やりやすい相手はいません。

話が通じない相手の脅威をどうしたら排除できるか?
改憲・核武装を含め、真剣かつ早急に検討する時が来たと思います。

それとも、1,2発核ミサイルが着弾してから考えますか?
うー


              人気ブログランキング

政略結婚

戦国時代、嫁いだ武将の運命に翻弄された女性は何人もいましたが、この方も間違いなくその一人と言えるでしょう。

今日は、あの徳川家康の正室であった


   つき やま どの
 築 山 殿 (御前)

の命日にあたります。


天下人の正妻になった女性ですが、実は出自に関してはあまり詳しく分かっていません。

家康よりも1年早い1542(天文11)年に今川義元の妹の娘・・・つまり姪として生まれたといわれていますが、実際にはもっと早く生まれていたという説も。


1557(弘治3)年に伯父・義元の養女となった彼女は、当時今川家の人質となっていた徳川元信(後の家康)と共に16歳の時に祝言を挙げ夫婦に。

翌年に長男・松平元康を、更に翌年には長女・亀姫をもうけました。


しかし彼らの運命を大きく変える出来事が、その翌年1590(永禄3)年に起こります。

それは、有名な 『桶狭間の戦い』。

織田信長が今川軍を奇襲で破り義元の首を取ったことを受け、家康は信長と同盟を結ぶ決定をします。

これにより、築山殿の父・関口親永と妻は今川家の怒りを買い、自害。

家康からすれば徳川家の生き残りをかけた止むを得ない決断だったとはいえ、築山殿からすれば夫の裏切りによって両親が死んだわけですから、面白いわけがありません。


         

もともと家康の母と折り合いが悪かった彼女は家康との同居を長らく許されず。

(※彼女が築山殿と呼ばれるようになったのは、夫・家康の居城・岡崎城に入ることを許されず、岡崎城の東にあった築山御殿で暮らしたから。)

また息子・信康が信長の長女・徳姫と結婚したものの、中々世継ぎの男子が生まれなかったため、武田家の家臣の娘らを息子の側室に迎えさせます。

これを快く思わなかった徳姫が、父・信長に 「義母・築山殿が夫・信康に自分の悪口を吹き込んだり、武田家と密通して織田家を裏切ろうとしている」 などと12か条に渡る訴状を送付。

要は娘が父親にあることないことチクッたわけですが、これに怒った信長が家康に母と長男を殺害するよう指示。

逆らえない家康は、家臣に命じて1579(天正7)年8月29日に築山殿を殺害。 


長男・信康は翌月15日に切腹して果てました。

(※長男の切腹については、家康と父子の対立が原因とする説有り。)


養父に言われるままに結婚し、姑とも息子の嫁とも折り合いが悪く、挙句に夫に殺された築山殿・・・その恨みの深さからか、地元には様々な怨霊伝説もあるそうな。

また彼女が嫉妬深い悪女・悪妻とする記述が複数残されていますが、それらはいずれも江戸時代に入ってから。

「歴史は勝者が作る」 と言われますが、これらは権現・家康公を神聖化・正当化するための作り話である可能性は、十分あります。

もしかしたら、あの世で家康は築山殿に土下座して平謝りし続けているかも・・・。うー


              人気ブログランキング

SAYONARA

今日は、クイズからスタートです。

日本人(というより東洋人)で初めてアカデミー賞のオスカーを手にしたのは、誰でしょう?

私より若い方だと、ご存じない方が殆どかもしれませんねぇ・・・なぜなら、それは今から60年近く前の1958(昭和33)年、即ち私が生まれた年のことでしたから。

正解は、この年に開催されたアカデミー賞で助演女優賞を受賞したのが

 ナンシー梅木 さん

今日は、この日本人女優の命日・没後10周年にあたります。


ナンシー(本名:梅木 美代志)さんは、1929(昭和4)年に北海道・小樽市に生まれました。

実兄が戦後GHQの通訳をしていた関係で、キャンプでジャズを歌っていたという彼女は、その後ナイトクラブ等で活躍。

これでアメリカ国内で話題となった彼女は、アルバム〝Miyoshi Umeki: Miyoshi Sings for Arthur Godfrey 〟をリリース。

『青春ジャズ娘』(1953年)などの映画にも出演した梅木さんは1955年にジャズ音楽の勉強をすべく本場アメリカへ。

そして彼女の運命を大きく変えたのが、その翌年にCBSテレビの『アーサー・ゴトフリー・ショー』という番組に着物姿で出演し、英語で歌ったこと。

この全米屈指の人気番組で最高得点を叩き出して優勝したことで一気に有名になった彼女は、その後アルバム〝Miyoshi Umeki: Miyoshi Sings for Arthur Godfrey 〟をリリース。

更に1957年には映画 『サヨナラ(SAYONARA )』 に出演し、同作品でアカデミー賞を受賞したのです。

当時はまだ人種差別が色濃く残っていたアメリカで、黒人を含め有色人種で初めてアカデミー賞を受賞したことは、奇跡的といっても良いでしょう。

       

上の写真で共演している主役の男優さん、お分かりになりますか?

なんと、あのマーロン・ブランドなんです。

ちなみにこの時のアカデミー賞では、『戦場にかける橋』 に出演した早川雪州さんも助演男優賞にノミネートされていたのですが、惜しくも落選。

同賞を受賞したのは、梅木さんと共演したイギリスの俳優レッド・バトンズ。

また同作は他に美術賞・音響賞も受賞した話題作となりました。

アカデミー賞を受賞した彼女は、同年に開演したブロードウェイ・ミュージカル 『フラワー・ドラム・ソング』 に出演し、トニー賞のミュージカル部門最優秀女優賞にノミネート。

その後何本かの映画にも出演し、1969~72年に放映されたTVドラマ 『エディの素敵なパパ(The Courtship Of Eddie's Father )』 にレギュラー出演し、ゴールデン・グローブ賞にも3回ノミネートされました。

しかしこれだけの実績がありながら、なぜ日本では彼女の名前があまり出なかったのか?

それは、彼女の私生活に関係が・・・。

アカデミー賞を受賞した年にNBCのディレクターと結婚したものの、離婚。

10年後に別のディレクターと再婚するも、相手が先立つという不孝に見舞われた彼女はショックが大きかったようで、その後芸能活動から引退し、マスコミの取材に応じなくなってしまったから。

映画 『SAYONARA 』 は朝鮮戦争に従軍したアメリカ軍人と日本人女性の儚い恋の物語ですが、皮肉にも彼女の恋愛もハッピーエンドにはならなかったようです。

晩年、息子夫婦とミズーリ州で同居していた彼女がガンにより78歳でこの世を去ったのは、2007年8月28日のことでした。

現在でも、この作品はDVDで発売されていますので興味のある方は、是非。

       


日本人、というより有色人種の地位を高めた彼女の存在は、もっと評価されるべき・・・そんなことを思いつつ、ご冥福をお祈り致します。笑3


              人気ブログランキング

【拡散希望】 凌 辱

今月の拙ブログでは、これまで終戦直後にソ連兵(ロシア人)によって日本人が攻撃・殺害された

【真岡郵便電信局事件】 

  https://ameblo.jp/warmheart2003/entry-12297525553.html


【占守島の戦い】

  https://ameblo.jp/warmheart2003/entry-12302463945.html


【三船殉難事件】 
  https://ameblo.jp/warmheart2003/entry-12297537669.html


を取り上げてきましたが、今日も学校では絶対に教えない彼らの蛮行をご紹介致します。

それはやはり終戦直後の1945(昭和20)年8月27日に中国大陸で起きた


  と ん か

 敦化事件


と呼ばれる、日本人女性凌辱事件。


敦化とは、満州国吉林省敦化・・・現在の吉林省延辺朝鮮族自治州敦化市のこと。


     


ここに、王子製紙が1934(昭和9)年に 『日満パルプ製造敦化工場』 を建設。

その工場に隣接する約2万坪の敷地を高さ4.5mの塀で取り囲み、その中に豪華な社宅と福利厚生用のクラブを造り、そこに日本人社員とその家族約260人が暮らしていました。


    

            日満パルプ製造敦化工場(1936年)


また敦化市内には約2,000名の関東軍も常駐。

しかし1945年8月9日、ソ連軍が日ソ中立条約を一方的に破棄 (※破棄通告は同年4月になされていたが、その後1年間は有効という規定になっていた) して突然満州に侵攻。 


関東軍と戦闘を繰り広げますが、同月15日に日本が降伏。

19日にソ連軍が敦化市内に進駐すると、関東軍の守備隊は降伏し武装解除。


そして8月22日、ソ連兵は日満パルプ工場内に侵入し1時間以内に社宅の一角を引き渡すよう要求すると、クラブ従業員女性2名を引きずり出し、ジープで連れ去って強姦。

数時間後1人はボロボロになって帰ってきましたが、もう1人は凌辱された後、川に身を投げ行方不明に。


更に8月25日、ソ連軍は日本人男性全員を10km程離れた飛行場に連行すると、残された170人程の日本人女性を独身寮に集め、15人前後に分散して部屋に監禁。


夜になると酒に酔ったソ連兵が独身寮にやってきて機関銃を乱射し彼女たちを威嚇。


そして26日未明に女性たちの部屋に乱入すると気に入った女性を次々に引きずり出して犯し始めたのです。

他の女性たちは丸坊主にしたり顔に墨を塗るなどしましたが効果なく、ソ連兵による強姦は深夜まで続きました。


男性たちが皆殺しにされたと思った一部の女性たちは、相談して自決はすることを決意。

某夫人が隠し持っていた青酸カリを飲んだ28名の内、23名が死亡。

また他の部屋から引きずり出された際に、剃刀で自決を図った女性もいたとか。


27日朝、見回りに来たソ連兵が集団自決現場を発見して将校に報告すると、彼らは他の女性たちに窓から外を見ることを禁じて遺体をどこかに運び去り、事件の責任を問われることを恐れて暴行を中止。


その後生き残った女性たちは飛行場近くに連行されましたが、彼女たちは全ての持ち物を略奪されたそうです。


更に冬の訪れとともに寒さや飢餓、腸チフスによって87名が死亡したとか。

鬼畜の所業とは、まさにこのことでしょう。


この事件を含め終戦間際に突如不可侵条約を破棄して満州に攻め込んできたソ連軍の策謀と、これに対する日本の対応を詳細に語った書籍があります。 

 『ソ連が満州に侵攻した夏』 (半藤一利・著 文春文庫・刊)


       


戦争中ならまだしも、降伏し武装解除した無抵抗の人間に対して非道の限りを尽くし、またポツダム宣言に反して捕虜にした約57万人 (※日本政府発表 但し実際には100万人以上とする説が有力) もの日本人をシベリアに抑留し過酷な状況で強制労働させたソ連軍の実態を通して、同書はロシア人の野獣の如き残虐な民族性を浮き彫りにしています。


私は中学生時代に社会科の担当教師が授業中、

「露助(ろすけ)は絶対に許せないし、信用してはいけない!」


と怒りを込めて言っていたことを憶えています。

当時は何のことか分からなかったのですが・・・歴史を学ぶにつれ、それは正しい教えだったと今は確信しています。


我々日本人は、これらの終戦直後の史実を闇に葬り去ったり眼を瞑ったり、ましてや忘れることなど絶対に許されません。

そして次世代に語り継がなければ、犠牲になった日本人女性に顔向けが出来ないでしょう。



              人気ブログランキング

Munich
4年に1度開催される世界最高峰のスポーツの祭典・オリンピックには、皆さんそれぞれに記憶に残る名勝負があると思いますが、私自身最も印象深い大会といえるのが、今から45年前の今日・1972年8月26日に開幕した

 第20回ミュンヘン・オリンピック

勝利の栄光や奇跡的なプレー、そして歴史に残る悲劇が起きた大会でした。


1964年の東京大会に続き、第二次世界大戦の敗戦国である西ドイツで開催された同大会では、日本選手団は金13・銀8・銅8のメダルを獲得。

特に当時黄金時代を迎えていた体操では、団体4連覇を達成すると共に、個人総合・鉄棒・平行棒では金・銀・銅を独占。

そして世界の度肝を抜いたのが、鉄棒で塚原光男選手が成功された〝月面宙返り〟。

       

当時は超ウルトラCだったのですが、今では10代の学生選手でも普通に取り入れていることに、時代の変化を感じます。

またこの大会前に『ミュンヘンへの道』というテレビ番組を通して日本人の期待を一身に背負った松平康隆監督率いる男子バレーボールチームが、準決勝のブルガリア戦でまさかの大苦戦。

2セットを連取され第3セットもリードを許す絶体絶命のピンチから奇跡の逆転勝利。


    

個人的には今まで観戦したバレーボールではベスト・ゲームと断言できるこの試合を制した日本チームが、その勢いのまま決勝でも東独を破って金メダルを獲得した瞬間は、思わず涙ぐみました。

そして日本は関係なかったものの、当時中学生でバスケットボールに熱中していた私が大変ショックを受けたのは、常勝王者のアメリカがオリンピックで初めて優勝を逸したこと。

決勝戦でソ連と大接戦を演じたアメリカが1点差で逆転勝利・・・と思われたところ、審判団の判断で残り1秒を3秒に修正して試合を再開させられ、結局エ反対側のエンドラインから投げ込まれた超ロングパスをソ連の長身選手アレクサンドル・ベロフがゴール下でキャッチ。

アメリカ選手を振り払ってゴールを決めて奇跡の逆転勝利を収めたのです。

    

当然アメリカは猛抗議したものの、結局覆らなかった判定を不服として表彰式をボイコットし、銀メダルの受け取りを拒否。

今でもこの銀メダルはミュンヘン市役所の金庫に眠っているそうですが、同時に決勝ゴールを決めたベロフ選手はこの試合から僅か3年後に心臓疾患で急死。

当時ドーピングの影響を疑われたことでも、印象に残るゲームでした。

そして世界中の人々がこの大会を記憶しているのは、大会期間中の9月5日にパレスチナ・ゲリラが選手村に侵入しイスラエル選手9人を人質にして立てこもったテロ事件が起きたからでしょう。


    

結局ドイツ当局とテロリストの間で銃撃戦となり、人質9人全員とゲリラ5人、警官1人が死亡する大惨事に。

翌日にはメインスタジアムで追悼セレモニーが執り行われました。

半旗が掲げられたスタジアムにベートーヴェンの交響曲第3番の第二楽章〝葬送〟が悲しい響きで流れたことも、忘れられません。


    

この事件のため大会中止を望む声もありましたが、当時のブランデージIOC会長が


「オリンピックはテロに屈しない」


と力強く宣言し、大会は9月11日まで続行・・・そのおかげで、私たちは男子バレーの奇跡の金メダル獲得を観ることができました。

このテロ事件に関しては、S・スピルバーグ監督がメガホンを取ってイスラエルの諜報機関〝モサド〟がテロ組織〝黒い九月〟に復習を果たす映画 『ミュンヘン(Munich )』 を制作、2005年に公開しています。

       

007シリーズで活躍したダニエル・クレイグがモサドの一員を演じているこの映画・・・イスラエル側は否定していますが、大筋でノンフィクションと言ってよろしいかと。

華やかなスポーツの祭典の裏で起きているテロと報復劇に、東京五輪の開催を3年後に控える私たち日本人は、目を背けるべきではないでしょう。うー


              人気ブログランキング

ネズミ

「渡辺さん、この前合コンしたんですょ~。」

先日、カウンターに座るなりエネゴリ君が嬉しそうに話しかけてきました。

「おぉ、久々じゃないの。 それで、どうだった?」

「えぇ、最初は3対3の予定が、5対5になって・・・。」

「おぉ~、『フィーリング・カップル5対5』やナ。」

「えっ? 何スか、ソレ。」

「あっ、ゴメンゴメン。 君の年代じゃ知らないョナ。


でも、結果的にターゲットの数が増えたってわけだ。」

「えぇ。でも中々思うようには・・・。」

「えっ、どうして?」

「1人カワイイ子がいたんですけど、皆が彼女にアタックかけて・・・。」

「そりゃあ、そうなるだろうョ。 そんなの蹴散らせばいいじゃん。」

「いや、みんな友達ですからねェ。」

「ナニ言ってんだょ。 こと女性に関しては、友達もライバルだろうが。」

「でもネ、その子はダメだったんですけど、女性陣の幹事役とはメルアド交換出来たんですョ。
そしたら翌日、彼女から 『今度あなたのお店に行きたい』 ってメールが来たんです。」


             


「ほぉ~、そりゃあ大いに脈があるじゃん。」

「えぇ・・・でも、問題がひとつあるんですょ。」

「何それ。」

「どうも彼女、ネズミ講やってるみたいなんです。」

(あはは、やっぱり。 そうでもなきゃ、お前さんとメルアド交換しないだろうょ。)

という言葉が喉まで出かかりましたが、それを何とか抑えて

「あれま、それは困ったねェ。
でも店に来たいって言ってんだから、来てもらえば?
で、お前さんが狙った女性も一緒にどうぞって誘えばいいじゃん。


そうすれば再アタック出来るし、売り上げもアップしてオーナーにもイイ顔できるだろ。」

「あっ、そっかァ。 さすがは渡辺さん、あったまイイ~。
じゃあ、早速そういうメール送りま~す。」


素直というか、能天気というか・・・。

果てさて今後の展開は、どうなるんでしょう?

①狙った本命さんとメルアド交換してデートに漕ぎ着ける。
②来店してくれたけど、それっきり。
③口車に乗せられて、ネズミの仲間に入らされる。


皆さんの予想は?


 


              人気ブログランキング

カミソリ

最近の外務大臣や外務省のヘタレぶりに、落胆したり怒っている国民は多いはず。

しかしそんな日本にも、かつては欧米諸国と互角以上に渡り合った政治家がいたのです。

今日は、その中の一人、

 陸奥 宗光

の命日・没後120周年にあたります。

      


1844(天保15)年に紀州藩士・伊達宗広の六男として生まれた彼は、8歳の時に父親が藩内構想に敗れて失脚し10年間にわたり幽閉されたため、家族は苦しい生活を強いられました。


父親の影響で尊王攘夷思想を持つようになった彼は、15歳の時に江戸に出て律令学者・水元成美に師事。

ここで坂本龍馬や桂小五郎・伊藤博文らと交友を持つようになったことが、その後の彼の運命を決しました。

特に坂本龍馬とは互いにその力量を認め合い、彼の誘いに乗って共に勝海舟の主宰する海軍伝習所に入所したり、彼の勧めで伊達姓を捨て陸奥姓に改めます。

その後龍馬の立ち上げた亀山社中(海援隊)を支え、彼が近江屋で暗殺されるとその復讐のため海援隊の仲間と共に新選組隊士らを襲撃(天満屋事件)するほどの親密な仲でした。


そんな彼は明治維新後、岩倉具視の推挙によって外国事務局御用係となり、アメリカとの甲鉄艦受け渡し交渉をまとめるなど手腕を発揮。

その後兵庫県知事・神奈川県令・地租改正局長などを歴任するも、薩長藩閥の強い明治政府に嫌気して官職を辞し、和歌山に帰郷。

1877(明治10)年の西南戦争の際に政府転覆を謀った土佐立志社の関係者と連絡を取っていたことが発覚し投獄された宗光ですが、6年後に特赦で出獄するとそれまで彼の処遇に尽力していた伊藤博文の勧めでヨーロッパへ留学。

当地で議会制民主主義や内閣制度を学んだ彼は、1886(明治19)年に帰国し外務省に出仕すると、同年には駐米公使兼駐メキシコ公使として渡米し、日本初の平等条約となる 『日墨修好通商条約』 締結に成功。


その後第一次山縣内閣の農商務大臣に就任した彼は、第1回衆院選に和歌山県第1区から出馬し当選。

1892年に第2次伊藤内閣の外務大臣に就任すると、2年後には日英通商航海条約を締結し、幕末以来の不平等条約である治外法権の撤廃に成功すると、米・独・仏・伊とも同様に条約改正を果たしました。

また1894年から勃発した日清戦争では英・露との中立化に成功し、日本に有利な下関条約を締結して首尾よく終戦に持ち込むなど、〝陸奥外交〟は高く評価されました。

しかし既に肺結核を患っており、三国干渉の交渉指揮を病床で執っていた宗光は、1896年に外務大臣を辞任。

大磯やハワイで療養生活を送ったものの、翌1897年8月24日に54歳の若さでこの世を去ったのです。


 

これだけの実績を残した宗光ですが、山岡鉄舟や乃木希典のような武骨な武人が好みだった明治天皇には、その真逆のタイプだったためかあまり好かれなかったそうな。

それでも切れ味鋭い交渉力から〝カミソリ〟大臣と異名を取った彼の外交実績は、日本近代史の中で燦然と輝いています。

その彼が1892(明治25)年に記した 『蹇蹇(けんけん)録』 は、東学党の乱・日清戦争から三国干渉の外交交渉に至るまでの経過が詳細に述べられており、40年近く機密文書として非公開とされた第一級の外交資料・・・歴史ファンには、是非ご一読をお勧めします。

    
         
 萩原延寿・編 中央公論新社・刊

というより、まず現在の外務大臣や外務官僚に読んでもらいたいですけどネ。

今宵は本書を読み返しつつ、明治時代後期・激動の日本を支えた超一級外務大臣の冥福を祈りたいと思います。笑3


              人気ブログランキング

在 庫

「あんた、こんなの見つけてきたわョ。」

帰宅するなり、ウチの女王様が私に差し出したのが、コレ。

       

『京の黒一味』 って、なに?


缶のウラを見たら、製造元は京都の(株)丸や・・・そう、以前拙ブログでご紹介した世界一辛い唐辛子 『舞妓はんひぃ~ひぃ~』 を製造販売している会社。

※この世界一辛い唐辛子に関する過去記事は、こちら。(↓)
  https://ameblo.jp/warmheart2003/entry-12216225067.html


最初は『舞妓はん~』が辛くて食べられなかったくせにだんだん慣れて、最近はむしろ「普通の唐辛子よりも美味しいワ」なんて言っていた彼女が、たまたま東京駅構内でその 『舞妓はんひぃ~ひぃ~』 を見つけ、その詰め替え用と共に買ってきたんです。

※そのお店は全国の名産品を扱っている、『諸国ご当地プラザ』(↓)

      http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/shop/66

「へぇ~、こんなのも売ってるんだ~。」

と一瞬感心したものの、我が家にはもうこんなに唐辛子のバリエーションが・・・。


   

えっ、なんで 『舞妓はんひぃ~ひぃ~』 の詰め替え用が3袋もあるのかって?

実は女王様が買い置きしたものに加えて、最近ブロ友の紅月さんが京都旅行のお土産にってわざわざ送ってくださったんです。

紅月さん、お心遣いありがとうございました。

どうです、一般家庭とは思えぬ、唐辛子の在庫量でしょ。

「これ使い切るの大変だゾ。 それに〝黒〟はもうあるのに。」

「でも前に買ったのは〝黒七味〟。 
(※写真後列左から3番目)

今日のは〝黒一味〟だから。」


※その〝黒七味〟に関する過去記事は、こちら。(↓)
  https://ameblo.jp/warmheart2003/entry-11186497016.html


ですって。

で、いざ食べてみたら 『黒七味』 ほど辛くないんです。

そこで丸やさんのHP見たら、こんな辛さランクに・・・。



「なんだ、一味の中では一番辛くないじゃない。 

今度は、一番辛い 『黄一味』 買ってきてよ。」

嗚呼、ますます我が家の唐辛子が増えていく・・・。
あせあせ


              人気ブログランキング

【拡散希望】 卑 劣

3日連続で、〝学校で教えない史実〟のご紹介です。


1945(昭和20)年8月15日、日本はポツダム宣言の受諾を連合国側に通達、実質的に無条件降伏し武装解除を行いました。


これに対し米・英軍は即座に戦闘行為を停止しましたが、ソ連軍はそれを無視して樺太等に侵攻、多くの日本人を虐殺したのです。

その一例が、一昨日記事にした 『真岡郵便電信局事件』 ですが、もうひとつ・・・その翌々日・8月22日、更に非人道的な殺戮を行いました。 それは、


 三船殉難事件


当時日本領だった樺太には大勢の日本人がいましたが、大津樺太庁長官はソ連軍からの攻撃を避けるため婦女子・高齢者を優先的に本土へ送還させる命令を下し、船を手配。


まず始めに8月20日、逓信省の海底ケーブル敷設船の小笠原丸が約1,500名を乗せ大泊(コルサコフ)を出港。


          


一旦無事稚内に到着し約800名は下船したものの、そこから小樽港に向かう途中・・・8月22日午前4時20分頃に潜水艦の魚雷攻撃を受け沈没。


生存者は僅か61名、死者は638名にのぼりました。


       

                    小 笠 原 丸


次に同日午前5時13分頃、引揚者約3,400名を大泊で乗せた特設砲艦・第ニ新興丸が留萌沖で潜水艦から魚雷攻撃を受け船体右舷に穴が開き、更に浮上した2隻の潜水艦から銃撃を受けます。


白旗を上げて停戦した第二新興丸も、やむなく応戦。 潜水艦1隻が被弾し潜航したものの、大量の重油が海上を覆ったとか。


損傷を受けた第二新興丸は、何とか留萌港に寄港。


しかし船内で229名の死亡が確認され、行方不明者を合わせると約400名がその攻撃で犠牲になったと思われます。


     

                                       第二新興丸


そして同日午前9時52分頃、同様に大泊から引揚者を乗せて小樽へ向っていた貨物船・泰東丸が留萌沖で浮上した潜水艦の砲撃を受けます。


同船は武装していなかったため白旗を掲げたものの潜水艦はそれを無視して砲撃を続け、遂に同船は沈没。


乗員・乗客780名中、667名が死亡しました。


      

                   泰 東 丸


当時は混乱していて乗客名簿がなかったため、実質的には1,700名以上の一般人が犠牲になったと言われている大惨事でした。


2007年にサハリン州公文書館から公開された資料によれば、ソ連軍は樺太と北海道北部を占領するため留萌への上陸作戦を計画し、その偵察のため2隻の潜水艦を出していたとのこと。


その潜水艦が3船を攻撃、うち2隻を撃沈したと記録され、一方で潜水艦1隻が機雷により沈没・乗員全員死亡とも記されているとのこと。


これはどう考えても日本の引き上げ船への攻撃と、第二新興丸からの反撃による沈没だと思われますが、ソ連がこれを認めていないため公式には潜水艦は〝国籍不明〟となっています。


それなのに同国は帰還した潜水艦の乗員全員、更には近年沈没した潜水艦の乗員にも勲章を授与しているのですから、呆れるばかり。


無条件降伏を認め武装解除し、更には白旗を掲げた相手を領土獲得のため一方的に攻撃し、その事実を認めない・・・これがロシア人のやり方なのです。


こういう体質を持つ相手と外交交渉をする時、〝誠意〟 とか 〝正直〟 など全く通用しないことを前提としなければなりません。

北方領土問題を含め毅然とした態度で対応・解決しなければ、北の海に散った数多くの同胞が浮かばれません。うー


              人気ブログランキング