FC2ブログ
頂上決戦

200以上の国と地域にテレビ中継される、アメリカ最大のスポーツ・イベント・・・といえば、皆さんもうお分かりですょネ。 

アメリカン・フットボールのプロ・リーグNFLの頂上決戦、

 スーパーボウル
   Super Bowl

この第1回大会が開催されたのが、今からちょうど50年前の今日・1967年1月15日のことでした。

1920年に創設されたNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)は、1960年に後発で誕生したAFL(アメリカン・フットボール・リーグ)が急成長し肉薄してきたことを受け、1966年6月にNFLのコミッショナーとAFLの創設者が会談し、両リーグを合併させることで合意。

統合するまでの間、野球のメジャーリーグのワールドシリーズに習ってレギュラー・シーズン終了後に両リーグの優勝チーム同士を対戦させることに。

12勝3敗でNFLチャンピオンになったグリーンベイ・パッカーズと、11勝2敗1分けでAFLチャンピオンとなったカンサスシティ・チーフスが、同日ロサンゼルス・メモリアル・コロシアムで激突。

結果は35-10でパッカーズが栄えある初代チャンピオンに輝きました。


        

実はこの試合の正式名称は〝AFL-NFLワールドチャンピオンシップゲーム〟でした。

しかし上の新聞記事のように、当時からスーパーボウルという俗称で呼ばれており、こちらの方が一般的に受け入れられたことから、第3回大会から正式名称に昇格。

(※ちなみにこの名前は、チーフスのオーナーでAFLの創設者でもあったラマー・ハントが、我が子が遊びで使っていたスーパーボールと、大学フットボールのボストシーズンで使われていた〝ボウル・ゲーム〟を合体させて考案したもの。)

1970年に統合された後も、NFLリーグないは、NFCとAFCの2つのカンファレンスに分けられ、ヴィンス・ロンバルディ・トロフィー獲得を目指して両カンファレンスの優勝チームが毎年激突しています。

           


この名前は、第1回と第2回に連続優勝を成し遂げたパッカーズのヘッド・コーチ、ヴィンス・ロンバルディに由来しており、トロフィーはスターリング・シルバー製。

製作はあのティファニー社で、お値段は約300万円だそうな。驚き顔


アメリカ最大のスポーツ・イベントだけあって、その注目度はアメリカ国内でも群を抜いています。

この日に国内で消費される食糧は感謝祭に次いで2番目に多いそうで、テレビ視聴率も昨年の第50回大会では46.6%!

同じくアメリカで人気の大学のアメフト・バスケットの決勝戦でも20%行かないそうですから、その人気度が分かります。

1億2千万人以上が視聴するテレビ中継ですから、そのCM放映料も破格。
昨年の30秒CMで、平均約4億円ですって。

ちょっと日本では考えられない規模と金額ですょネ。

2月5日にヒューストンで開催される今年の第51回大会には、一体どのチームが登場し、どんなゲームになるのか? 

それでは最後に、世界中が注目する今年のハーフタイム・ショーに登場するレディ・ガガが、昨年の試合開始前に熱唱したアメリカ国歌をお聴きいただきつつ、気持ちを高めてまいりましょう!笑2


※画面最下段の〝YouTubeで見る〟をクリックしてネ!



             人気ブログランキング

スポンサーサイト