FC2ブログ
真 友

江崎グリコの創業者・江崎利一氏は、松下電器(現・パナソニック)創業者・松下幸之助氏よりちょうど一回り上の同じ午年(うまどし)でした。


1935(昭和10)年頃、大坂に出てきてグリコを売り出すと共に、広告を朝日新聞と毎日新聞に掲載。

そうしたら朝日の広告部が、熱海にスポンサーを招待したことがあり、その時にたまたま同席したのが松下氏でした。

お互いに業種は違っても、事業に対する信念・精神には相通ずるものが多く、どちらも裸一貫から事業を起こした境遇が似ているせいか、非常に尊敬の念を覚え、かつ意気投合したといいます。

そして時折会って話を交わそうということになり、2人とも一文無しから商売を始めたのだから 『文なし会』 と、いつとはなしに名づけられた。


その江崎氏は、戦後間もなく長男を失くしてしまいます。


          

                 江崎 利一 氏


後を継がせるべく専務として育成中だっただけに、江崎氏は失望落胆。

既に70歳近くになり、孫はまだ幼い。 親類の人たちは

「もうこれ以上、事業を広げるべきではない。
大阪だけでこぢんまり縮小した方が良い。」

と忠告し、そうするように勧めた。

どうしたものだろう・・・江崎氏は決断がしにくいので、松下氏に相談します。 


          

                松下 幸之助 氏


すると松下氏は、

「江崎さん、今更何を言うのか。
ここまで営々と築き上げたグリコは、もうあんな一人のものではない。

日本のグリコだ。
やりなさい。 親類がどう言おうとやりなさい。

あんたがこれだけ広げたことは大したことだ。

もう息子さんのことでくよくよしなさんな。

よし、私があんたのところの重役になろう。
何でも相談に乗ろう。

あんたが死んで、後うまくいかんようやったら、私がウチの若い者を引っ張ってきて応援する。

お孫さんのことは引き受けたから、あんたは今まで通り積極的にやってほしい。 いや、一緒にやろうやないか!」

そう言って力強く励まされ、松下氏に肩を揺さぶられた江崎氏は、ただ男泣きに泣いたといいます。


松下氏の友情をしみじみと感じた江崎氏は、長男の死を乗り越え事業の鬼になることを心に誓ったのです。

そして松下氏は江崎氏の孫・勝久氏(現・江崎グリコ社長)が大学を卒業した時、

「はじめから江崎グリコに入れると甘やかされるから、一人前になるまでウチで鍛えてやる」

と、3年間預かって鍛えました。

また同社が株を公開すると、早速株を持って死ぬまで重役としてお応援し続けたといいます。


・・・嗚呼、持つべきものは真の友なり。笑3


            

                『一流たちの金言 2』(致知出版社・刊)より抜粋・編集にて

スポンサーサイト