FC2ブログ
侮 辱

フランスの首都・バリで今月7日午前11時30分(日本時間7日19時30分)頃、週刊新聞 『シャルリーエブド(Charlie Hebdo )』 の本社に黒覆面の男3人が押し入り、自動小銃を乱射。

同紙編集長・編集関係者や風刺漫画家および警官ら12名を射殺、約20名を負傷させるという痛ましい事件が起きてしまいました。

オランド仏大統領は「間違いなくテロ」だという断定し、現在も当局は投降した18歳の少年を除く2なり被疑者を追跡。

そして昨日、銃撃戦の末に2名とも射殺され、一応事件は終結しました。

亡くなられた犠牲者のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の方々に哀悼の意を表します。


      
     
ところで、被害を受けた新聞社と同業であるマスコミ各社は、盛んに「言論・表現の自由の侵害」だと犯人を非難していますが・・・私は少し冷めた目で今回の事件を見ています。

もちろん銃を片手に押し入り有無を言わさず人命を奪うテロ行為は、絶対に許されません。

しかし今回の事件は、100%犯行グループが悪いとも思えないのです。

同新聞社が襲撃されたのは、これが初めてではありません。

今から9年前の2006年2月に掲載したのを皮切りに、2011年11月にもイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を掲載。

この直後、火炎瓶が投げ込まれてパリの同社事務所が全焼。


その際、編集長は「これで掲載を止めることはしない」と強気のコメントを出し、その言葉通り翌年9月に再び風刺画を掲載。

その時はフランス政府が20ヶ国の同国大使館・フランス人学校を閉鎖する措置を余儀なくされたといいます。

イスラム諸国からの抗議が拡大したため、同紙は一旦自己検閲をする旨発表しましたが、2013年1月にはムハンマドを漫画で描いた特別号を発表。

これを受けてアルカイダが同紙編集長を標的リストに加えた末に、今回のテロが起きたのです。

(今回の襲撃で編集長は射殺され、結果的に予告は果たされることになりましたが・・・。)

では一体、同紙はどんな風刺画を掲載したのか?

たとえば、過去にはこんなものがありました。(
 

        

この漫画では左の人物が、「ムハンマドの映画撮るんだけど、彼が豚の頭とヤったってホント?」と言っているそうな。

これ、もしムハンマドではなく天皇陛下だったら、日本人は黙っているでしょうか?

更に今回のテロ事件が起きる直前の最新号の風刺画が、コレ。(


        


上段には〝未だにテロの起こらないフランス〟と書かれており、その下にいるイスラム教信者の兵士らしき人物が、

〝待っていろ、新年の挨拶は一月末までならしてもいいんだからナ。」〟

これって、ある意味 「やれるもんならやってみろ」 という挑発ですょネ。

以前からフランス国内のイスラム系住民・移民の間には就職などで差別を受けているという不満が燻っていたそうですから、これらの風刺画を見てキレてしまう者がいても不思議ではないでしょう。

同社が風刺の対象としているのはムハンマドだけではなく、中にはイエス・キリストも含まれているそうですが、ここまで執拗に教祖をコケにする漫画は果たして〝表現の自由〟と胸を張れる代物なのでしょうか?
私は表現の自由を否定はしませんが、そのウラには責任が発生し、場合によっては代償を伴うと考えます。

(日本でいえば、30年以上にわたり虚偽報道を繰り返してきた朝日新聞も謝罪だけでは済まされないのと同じ。)

もし自分の配偶者や子供さんを揶揄したり、あるいは自分の信仰をバカにしたり否定する報道を公にされたら、皆さんは黙っていますか?

それが真実でなかったら、尚更無視できないでしょう。

時として、ペンによる暴力は武力によるものより悪質であり、人々の心に消し去れない傷を残すもの。

価値観は民族、いや人それぞれに違います。

他人の主義・思想を自分の価値観だけで揶揄したり皮肉るのは、表現の自由というより〝侮辱〟でしょう。

侮辱されたら怒るのは、人間として当然の感情。


私には今回のテロ事件、襲われた新聞社側にも責任があると考えます。

過去に自社の風刺画で国民に迷惑をかけ、また今回別の人質事件が発生して無関係の一般市民まで犠牲になったのですから、自業自得・・・これって、言い過ぎでしょうか?

(昨年、北朝鮮の金正恩第一書記を揶揄した映画を製作したことでハッキング被害を受けたソニー・ピクチャーズエンタテイメントも、同様に。)

もし彼らが売り上げを伸ばしたいがためだけにこういう風刺画を掲載し続けたなら、尚更。

今回の事件、挑発を重ねて相手が耐え切れずに反発したところを叩く・・・私には、アメリカが日本を追い詰めて戦争に駆り立たことと重なって見えてしまいます。

更には移民問題の難しさ、そしてその根底には(日本のイルカ漁批判の如く)有色人種に対して自らの価値観を押し付ける欧米白色人種の傲慢な差別意識がある・・・とも感じるのですが。うー

スポンサーサイト