FC2ブログ
和 風

拙ブログ読者はご存じの通り、私は時々エネゴリ君の店でメニューにない料理をリクエストをします。

もっとも彼の方も、自分で考えた新作を私に毒味させるのですが・・・。

先日店に行った時に、私は彼にあるモノを仕入れて次回食べさせてくれるように頼んでおきました。

それは、信州人の私が子供の頃から大好きな、コレ。(↓)

         


そう、〝なめ茸〟なんです。

1年以上前に、これとネギを混ぜた和風スパゲッティーを作ってもらったところ、大変美味しかったことを思い出してのオーダーでした。

そして1週間後再び店に行ったら、ちゃんと彼は仕入れておいてくれました。

「おっ、偉いねェ~。 ところでちゃんと固形成分80%のヤツを買ってきたんだろうナ。」

一般的にスーパー等で売られているなめ茸には、固形成分が60%と80%の2種類があるんですが、私は80%しか口にしないんです。

以前スパゲッティーを食べた時に指定したことを、彼は憶えていたかどうか確かめたのですが、

「えぇ、もちろん憶えてますョ~。 ホラホラ。」

と鼻を膨らませながら、瓶の左下の〝80%〟の表示を指差すじゃないですか。

「おぉ、素晴らしい・・・じゃあ、それでピザ焼いてもらおうか。」

「えっ、スパゲッティーじゃないんですか?」

「あぁ。 だって前と同じじゃ面白くないじゃん。

試しに、ピザにトッピングしたらどうなるか、試してみてョ。」

「は、はぁ~。」

と小首を傾げつつ、彼はピザ生地をこね始めます。

「あの~、下地は塗るんですか?」

「なめ茸の下にトマトソースなんか合わないだろ。 そのままでイイョ。」

と言って焼いてもらったのが、こちら。(↓)

       

ハーフサイズにしてもらい、左半分にはチーズを乗せてもらいました。

食べてみると、予想通り美味しいんです。

「エネゴリ君、美味しいょコレ。 店のメニューに加えたら?」

「いやァ、ウチはイタ飯屋ですからねぇ。 それはちょっと・・・。」

「なぁにカッコつけてるんだョ。 

美味しいモノはどんどんお客さんに紹介すべきだろ。 

だいたいそうでもしなきゃ、なめ茸いつまでも残っちゃうだろうョ。」

「いや、これは渡辺さん専用ってことで・・・。」

「あのなァ、いくら好きでも毎回なめ茸ピザやパスタ食べるわけないでしょうが。」

「え~、じゃあこのなめ茸、どうすれば?」

「そんなの、お前さんが賄い作る時にピザでもパスタでも使えばいいじゃん。」

「あっ、そうか。 渡辺さん、あったまイイ~。」

いいえ、単にお前さんがおバ〇なだけです。うー


              人気ブログランキング

スポンサーサイト



チキベジ

カレーハウスCoCo壱番屋』に行かれたことがある、もしくはよく行く方も多いと思います。

かく言う私も、若かりし30歳代の頃は辛さとライスの量、それにトッピングを自由に選べるのが嬉しくて、よく通いました。

5辛でライスは500g、トッピングはロースカツなど揚げ物主体で。

とは言え、私にとっては5辛でも大して辛くなく、卓上に置いてある〝とび辛スパイス〟を雪のようにかけて食べてましたが。

しかし40歳代後半に入ると、揚げ物を食べようと思わなくなったことと、葬儀屋を始めて自動車での移動が100%となり、近くに駐車場付きの店舗がなかったことから、すっかり足が遠のいていました。

ところが一昨日、拙ブログにも何回か登場していただいた激辛党九州本部長(と私が勝手に任命している)桜白波さんが、ご自身のブログで

「ココイチで今月から発売された


 スパイスカレー THE  チキベジ

を食べてみた。 8辛を選んだけど、十分辛旨。
最高レベルの10辛にしなくて良かったかも。」

とレポート。

常にマイ激辛唐辛子を持ち歩く程の彼女がそう仰るならば、激辛党代表としては10辛を食さねば体面が保てません。

ってことで、少なくとも10数年ぶりのココイチ突撃!


    


カウンターに座るなり、メニューも見ずに

「チキベジの10辛、ください!」

女性店員は、キョトンとした顔で、「は、はぃ・・・。」

待つこと暫し、出てきたのが、こちら。

    

いかにも辛そうな真っ赤な色に、食欲をそそられます。

さっそく、一口・・・舌では辛さをさほど感じませんでしたが、少し経つと額に汗が滲みます。

半分ほど食べ終わったところで、

「とび辛スパイスかけたら、もっと辛くなるかナ?」

店員さんにそう尋ねたら、彼女は

「いや~、もう10辛になったら何かけても変わらないと思いますョ。」

ですって。 ま、そうでしょうネ。

代わりに、味に深みが出るという写真右上の特性スパイスを、(画像では分かりにくいかもしれませんが)残った半分にふんだんにかけてみました。


    


しかし結果的には、辛さが勝っちゃって私の舌ではその違いを感じられず仕舞い。

    

10辛を水なしで完食した私は、お会計の際また女性店員に、

「チキベジの10辛って、普通のカレーの10辛より辛いの?」

って聞いたら、「えぇ、辛いと思いますョ。」

グリコの 『LEE』×30倍と同等もしくは少し辛く感じましたから、さもありなん。

でもただ辛いだけでなく、野菜も入って旨味も十分だったところはレトルトと違いますネ。

952円と高めのお値段ですが、ココイチのレギュラーカレーと違う味わいを楽しめました。


これから暑い夏を迎えますから、辛いカレーを食べてイイ汗をかきたい方には、お勧めの一品です。

ただし9月末までの限定販売だそうですから、ご注意を!


    https://www.ichibanya.co.jp/menu/detail.html?id=654


 


              人気ブログランキング 

【本日のおまけ】 温故思新

令和時代・初日のランチは、何を食べようか?

いつも通り納豆ご飯の朝食を摂りながら考えていた私は、ふと思い立ってガラガラな都内の道路をトライブして、高田馬場方面へ。

目指したのは、札幌ラーメン店・『えぞ菊』(戸塚店)。

1968(昭和43)創業ですから、もう半世紀以上・・・私自身、サラリーマン時代からお世話になっている都内有数の老舗。

オーダーしたのは、もちろん味噌ラーメン(メンマ大盛り)。

    


これに唐辛子を雪のように降らせて、ニンニクもたっぷり投入!

    

注・唐辛子は半分食べたところで、再投入しました。

昭和時代の昔懐かしい味を楽しみながら、令和という新時代を思う・・・まさに〝温故思新〟の心境を楽しみました。

時代はどんどん変化するとは言え、昔ながらの良きものは変わらず愛したいですからネ。

さて夕食ダイエット継続中の私、今日の食事はこれでオシマイ。

明日の朝食にありつくまであと15時間は我慢、我慢。

令和・初のランチ or ディナー、皆さんは何を召し上がりますか?


                人気ブログランキング  

〇 辛

「渡辺さん、こんなの見つけたんですョ。

結構辛いんで、試してみてください。」


先日エネゴリ君の店に行った時、オーナーが私にコレをプレゼントしてくれました。(下写真・左)

       

今まで、激辛とか極辛などいろいろなネーミングの唐辛子関連商品がありましたが、これは〝燃辛〟。

メーカーはあのエスビー食品。 裏を見ると・・・


        

「辛さ炸裂  辛さの求道者へ エスビーからの挑戦状」

「5種類の唐辛子をブレンド」


なんて威勢のいい文字が・・・となれば、激辛党員としては受けて立たねばなりますまい。

3年前に口にした世界一辛いと銘打たれた 『舞妓はん ひぃ~ひぃ~』 と同じ条件で、早速試してみました。



日清のどん兵衛・天ぷら抜きにネギをトッピングして、その上に同程度の量を振りかけます。

    


できる限り下に唐辛子が落ちないよう慎重に箸で一口、二口・・・しかし、あまり辛さは感じません。

唐辛子が表面になくなったので、もう一度かけて食べてみました。

    

う~ん、やはり同じ。 結局麺を全部食べ終えおつゆも飲み干しましたが、〝舞妓はん〟のように動悸を感じることはありませんでした。

エスビーさんが挑戦状を叩きつけてきた割には、正直拍子抜け。

でもエスビーさんの名誉にのために申し添えると、舌では辛味を感じませんでしたが、身体にはしっかり汗をかきましたから辛い事は辛いはず。

物足りなかった私は、偶然にもこの燃辛唐辛子を手にした翌日、ブロ友の加藤ジェームズさんからいただいたこちらを続けて試食。

    

『大人限定 地獄柿ピー』 と銘打たれたタクマ食品さん製造の柿の種、こちらは〝鬼辛〟ですって。

メーカーさんもよくまぁ次々と新語(?)を編み出すものですが、写真を見てお分かりの通り柿の種だけでなくピーナツにも唐辛子がこびりついてます。

早速口に入れてみると、こちらの方が少し辛い感じ。
汗の量も増えましたし・・・。
あせあせ

 〇 鬼 辛  判定勝ち  燃 辛 ●

ってところでしょうか。 とは言え、もちろん一袋完食!

でもオーナーと加藤さんからいただいた激辛商品で、まだ肌寒いのにイイ汗をかくことができました。

激辛ダブルヘッダー、どなたかチャレンジしてみませんか?


                人気ブログランキング

新 玉

先月末、毎年取り寄せている北海道の農家から届きました。

ウチの女王様が、それまで拘っていた淡路島産から、試食してすぐに切り替えた美味しい新玉ねぎが・・・。

    

段ボール2箱で、20kg。 これだけあれば当分楽しめます。

・・・と言っても、夫婦二人でこれを一冬の間に全部平らげるのは厳しいので、これまた毎度のことながら、先日エネゴリ君の店に10個ほどお裾分け。

料理に入れても良いのですが、実はこの生産農家さんに言わせると、一番玉ねぎの美味しさが分かるのは、オニオンスライスだとか。

まぁ言われてみれば御尤も・・・ってことで、エネゴリ君に刻んでもらって、オーナー共々試食。

しかし、ただのオニオンスライスじゃ面白くないってことで、実はもうひとつ店に持ち込んだんです。

それは、先月ブロ友さんであり九州激辛党本部長(?)の桜白波さんからいただいた、〝(激辛)ハバネロしょうゆ〟。

これで先日激辛焼きそばを紹介したのに、 「全然辛くないっすょ」 と余裕をかましたエネゴリ君にリベンジしようと思ったのです。(↓)




まずは小皿にたらして、初めて見たというオーナーとエネゴリ君に舐めさせたら・・・2人共、

「うっわ、辛っっっ!」

と顔を歪めるじゃないですか。

すぐに水で口をゆすぐ2人の姿を見て、リベンジ成功!・・・とほくそ笑む私って、性格悪いですかネ?
あせあせ

そして次は、いよいよ刻んだ新玉ねぎにコレをかけた、激辛オニスラの試食。


    

「今度は渡辺さんが先に食べてくださいョ!」

と口を尖られて言うエネゴリ君に、

「分かった、分かった。」

と言いつつ、一口、二口・・・。

「あれ、全然辛くないョ。 美味しいワ、コレ。 
エネゴリ君も、食べてみなョ。」

「またまたァ~。 我慢してボクに沢山食べさせようとしてるんでしょ。」

「そんな姑息なことはしないって。 とにかく食べてみ。 ホレホレ・・・。」

と私が差し出した皿を手に取って、恐る恐る口に入れた彼は、

「あっ、ホントだ。 辛くないし、美味しい!」

「なっ、そうだろ。」

と言いつつも、舐めると激辛なのに新玉ねぎにかけたら美味しく感じることが不思議な私。

それは化学反応によって辛味が消えたのか?
それとも新玉ねぎがそれだけ甘いのか?

「キミ、どっちだと思う?」

「いやぁ、そんな難しい事、ボクには分かんないっス。
 美味しければ、それでいいんじゃないっスか?」


・・・エネゴリ君に聞いた私が、バカでした。
うー 


               人気ブログランキング

意固地

先日エネゴリ君の店に行ったら、それまでいた女性アルバイトさんの姿が見えません。

「あれ、彼女どうしたの? 今日はお休み?」

と聞いたら、彼の言うには

「いえ、先週辞めたんですョ。 彼女、昼は別の仕事して掛け持ちだったんですョ。 

でも体調崩しちゃって、親に夜のバイト辞めろって言われて・・・。」


「んなこと言って、実はお前さんがイジメたからじゃないの?」

「違いますョ~。 でも渡辺さん、喜んでください。 新しいバイトが見つかったんです。」

「何だか妙に嬉しそうじゃない。」

「えぇ、今度の子は男性なんですれど、〇〇大学に通っていてボクより頭いいんですョ。」

私はその大学名は初耳なんですが、まぁそれはそれとして・・・。

「で、何? 頭がいいから喜んでるの?」


「いえ、違います。 その子が面白いんですョ~。」

「おぉ~、キミが面白いって言うんだから、かなり期待できるナ~。」

「そうでしょ! 彼に会えば、渡辺さんならきっと何か感じるはず。」

「オレは霊能師じゃないっての。 

でもまぁ、会うのを楽しみにしてるワ。」

・・・ということで、彼との初対面が叶ったら皆さんにどれくらい面白い若者なのかレポートする予定です。

もし1,2ヶ月経って報告がなければ、予想よりつまらなかったと思ってください。
あせあせ


          


そんな会話が一段落してから、私は食事をオーダー。


この日は、珍しく酸っぱいものが食べたくて、ピクルスの盛り合わせをチョイスしました。

で、出てきたいろいろな野菜のピクルスを一つずつ口に運んでいたら、何やら見慣れない食材が・・・。


          

コロッと丸くて小さなものを口にして、彼に尋ねました。

「この小さいのは・・・もしかして、タマネギ?」


「いえ、ペコロスっていうんです。」

「えっ、ピクルスじゃなくて、ペコルス?」

「ペ・コ・ロ・ス。 ロサンゼルスの〝ロ〟ですョ。」

「そこまで言わんでも分かるって。 でも食感はタマネギだけどなァ。」

「違いますょ。 小タマネギです。」

「じゃあタマネギじゃん。」

「いえ、〝小〟がつくから違います!」

と、ムキになって否定するエネゴリ君。

「キミ、もしかして先月の〝チョロキア〟の件、根に持ってないか?」



「そんなことないっスょ。 ウッホッホ~!」

・・・い~や、絶対根に持ってる!うー


              人気ブログランキング

【拡散希望】  美 味

今日は、美味しい食材のご紹介をさせていただきます。

皆さんは〝アグー豚〟をご存知、あるいは既に召し上がったことがおありだと思います。

この豚は沖縄県の琉球在来豚なのですが、この豚肉を


 カナンスローファーム

という農場から、通販で手に入れることが出来ます。

同ファームでは、酒粕・豆腐粕・海水などを使用した独自の餌を配合しストレスのない放牧形式で飼育しているそうで、通常の豚肉にはない深い赤肉の旨味と不飽和脂肪酸(善玉コレステロール)を多く含む甘い脂肪が特徴とのこと。


     


私も実際に通販で購入し食べてみたところ、確かに一般の豚肉とは違った歯応えと甘み・・・というか肉そのものの旨味を感じました。

300gの冷凍肉4パックを、冷しゃぶや肉じゃがなどで十分堪能することができましたし、すぐにリピート買いしました。

こちらの農場では、豚肉だけでなく(季節によって)マンゴーやドラゴンフルーツなど沖縄ならではの特産品も取り扱っていますので、是非下記HPをクリックして、ご注文していただければ・・・。


     https://canaan1226.thebase.in/


     (※上記アグー豚の画像は、同HPからお借りしました)


さて、そしてこのファームを皆さんにオススメする理由は、美味しさ以外にもうひとつあります。

私が同ファームの経営者・依田啓示さんを知ったのは、FBを通じてでした。


   https://www.facebook.com/keijiyoda


依田さんは現在、左翼勢力が傍若無人に暴れ回る沖縄で、彼らに対抗する保守陣営の中心人物として現張っておられます。

故に彼は沖塙左翼から有形無形の妨害を受けており、2年前に公道で違法検問していた彼らの一部と揉み合いに。


このトラブルに関し、現在刑事裁判で係争中なのです。

※当該事件に関する詳細は、こちらをご覧ください。(↓)
     https://supportyodakeiji.ti-da.net/e9913732.html


皆さんには是非ファーム商品のご購入を通して、彼を支援していただきたいと思う次第。

(もちろん、上記HPに記載されている作家の百田直樹さんや上念司さんらが世話人を務める〝サポートの会〟に直接募金いただいても結構です。)

また同ファームには宿泊施設もあるそうですので、沖縄観光に行かれる際には是非お立ち寄りください。


       


      沖縄県国頭郡東村平良863-2  TEL&FAX : 0980-43-2468


明日投票が行われる沖縄県知事選で、依田さんら保守層が応援する佐喜真(さきま)淳候補の勝利を信じつつ、依田さんのご支援及び拡散をお願い致します。

国防の要・沖縄が、支那勢力に侵されるのを防ぐためにも・・・。扇子

              人気ブログランキング

チョロ

・・・と言っても、ゴルフの話じゃありません。あせあせ


今月3日に、ペヤングの激辛焼きそばレポートをアップしました。(↓)


実はこの時、私は2個買ってたんです。

その内の1個を、購入した日の夜エネゴリ君の店に行って、彼にプレゼントしました。

なぜなら、彼が今まで2度ほど激辛商品をくれたものですから、そのお返しの意味で。 で、彼には、


「これ、で食べてみてョ。 次回来た時に、感想を聞かせておくれ。」

※ちなみに彼、比較的辛さには強い方。

そして昨夜、店に行ってカウンターに座るなり早速彼に尋ねました。

「どう、食べてみた?」

「はい、食べましたょ。」

「ちゃんと完食したんだろ。」

「えぇ、楽勝でしたョ。 確かにカップ麺の中では今まで一番辛かったッスけど、あと2倍辛くてもイケましたネ~。」

「ほぉ~、生意気なこと言うじゃないの。
じゃあオレみたいに
『舞妓はん ひぃ~ひぃ~』 をかければ、丁度イイ感じになるんじゃない?

「『舞妓はん』って、世界一辛いっていうブート・チョロキアの粉末でしょ? そんなの、人間が食べるモンじゃないッスょ。」

「おいっ、お客に向かって言うセリフか?  相変わらずだナ、キミは。
でも 『舞妓はん』 の原料はハバネロだけど・・・ところで今、何て言った?」

「え~と、人間が食べるもんじゃ・・・」

「それはもういいっての。 そうじゃなくて、その前。 ブート・・・?」

「チョロキア。」

それを聞いた私と店のオーナーが思わずハモッてしまいました。


「チョロQかっ!」

「えっ、チョロキアじゃないんスか?」

「〝チ〟じゃなくて、〝ジ〟。 ジョ・ロ・キ・ア!(
Bhut Jolokia )」


    
         ハバネロ             ブート・ジョロキア


「あら~、今の今までチョロキアだと思ってましたョ。 ウッホッホ~!」

ってエネゴリ君ょ、そこは笑ってごまかすところじゃないだろう。
ブロの料理人が食材の名前間違えてたんだから。


オーナーの冷たい視線、少しは感じた方がいいと思うゾ。うー


              人気ブログランキング

END

拙ブログ読者はご存知の通り、私は大の激辛党。

故に過去記事では、何回も激辛商品のご紹介&レポートを掲載してきました。

その中で最も多く登場したのが、ペヤングの焼きそば。
個人的に過去最も辛みを感じたのは、こちらの商品でした。(↓)




2年前にご紹介した激辛カレー焼きそばはちょっと辛みが落ち、その後ペヤングは〝すっぱからMAX〟とか〝チャプチェ風春雨〟など今までとは違った路線開拓を始めた感が。

激辛党員としては寂しい限りだったのですが・・・先月末コンビニに入ったら、入り口にコレが山積みされていました。

       

先月27日に新発売だったそうですが、ご覧の通りのおどろおどろしいパッケージに激辛MAX・・・更にその下には “END” と大書きしているじゃありませんか。

ってことは、ペヤングが放つ激辛焼きそばの最終兵器ってことなんでしょう。

激辛党員の私としては、スルーするわけにはいきません。
早速購入して、昨日試食しました。


通常の焼きそばと同じく、お湯を入れて3分後に湯切り。

       

最近の湯切り口は随分オシャレになったんですネ。

そしてフタの上で温めたソースの袋は真っ黒。
一体どんな色に・・・と思ったんですが、いざ混ぜたら見た目は普通のソース焼きそば。

       

しかしいざ試食してみると、確かに“END”と銘打つだけあって、以前の“MAX”よりは辛味を感じました。

そして、ただ単に辛いだけでない・・・というか、仄かにまろやか味というか甘味も。

個人的にはもっと辛味が欲しい・・・ってことで、以前拙ブログでご紹介した、国産ハバネロが原料の超激辛唐辛子 『舞妓はん ひぃ~ひぃ~』 をかけて視覚的にも味覚的にも辛さをUP!

   

※『舞妓はん ひぃ~ひぃ~』に関する過去記事は、こちら。(↓)

  https://ameblo.jp/warmheart2003/entry-12216225067.html


これで十分な辛味になって、満足&完食!


       

激辛党員としては、この程度の辛さで〝END〟と言われても、少々不満が残ります。

でもマルカ食品さんの名誉のために書き添えると、普通の人には相当辛いはず。

私も舌ではあまり辛味を感じませんでしたが、額にはしっとりと汗がにじみましたから。

見た目は全然辛くなさそうですので、前日ご主人とケンカしてムシャクシャしている奥様は、これを普通のお皿に盛って食べさせれば、きっと泣いて謝るはず。

200円弱で、手軽に復讐できますョ。


ただし辛味が原因で心臓マヒを起こしても、私の責任ではありませんからネ。
あせあせ


              人気ブログランキング

死 辛

先日エネゴリ君の店に行った時のこと。

いつになくカウンター内でニヤニヤしている彼に、

「なんだか今日はやけに機嫌良さそうだナ。
何か良い事でもあったの? 彼女が出来たとか。」

「いやァ、彼女なんていないっスょ。
出来たら真っ先に報告しますって。」


「それもそうだナ。 聞かれる前に言うだろうし・・・。」

その後も他愛ない話に終始し私が席を立ってレジに向かうと、彼が急ぎ足でカウンターから出てくると、

「渡辺さん、コレ食べてくださいョ~!」

と言ってレジの下から出してきたのが、こちら。(↓)

    

「なぁんだ、コレを渡したくてウズウズしてたのか。
これをオレが完食できるかどうか、試したいんだろ?」

そう言われた彼は、満面の笑みで

「ウッホッホ!」

実は彼、以前私にトムヤムラーメンをプレゼントしてくれたことがあったんです。

※その時の記事が、こちら。 
 この時が拙ブログにおけるエネゴリ君の初登場でした。(↓)




しかしこのカップ麺、私には全然辛くなく、後日店に行った時に、


「どうせなら、もっと辛いのくれョ。」

と言ったものですから、以来ず~っと探していたんでしょうネ。

でコレを見つけて、試しに激辛好きの友達に食べさせてみたら、「こんな辛いもん、食えるか!」と言われ、自信を持って準備していたそうな。

ってことで、早速試食してみました。
敢えて裏面を読まず、予備知識なしで・・・。

見た目は、こんな感じ。

    


とかく激辛カレーというと焦げ茶色系が多いのですが、これは赤・・・というか少し橙色がかっています。

見た目は少々拍子抜けでしたが、食べてみると確かに辛いです。
と言っても、食べられないという程ではなく、水なしで一気に完食。

少しだけ汗はかきましたけどネ。


    


比較は難しいですが、以前ご紹介したLEE×30(45)倍が重い辛さだとすれば、こちらは鋭い辛さって感じ。

食べ終わってからパッケージの裏面を読んでみると、メーカーはベル食品工業。

そう言えば大昔、私が小学生の頃オフクロに

「バーモントみたいな甘いカレーはイヤだ。もっと辛くして!」


 と頼んだら、ベルカレーってのを買ってきてくれて、それが結構辛かったことを思い出しました。

そしてこのカレーは、アメリカで人気の 『ブレアーズ サドンデスソース』 を使用しているとのこと。

だから〝デスカレー〟なんですネ。

調べたら、原料が世界一辛い唐辛子とされるジョロキアやハバネロだそうですから、なるほど食べている途中からカレーよりも唐辛子の味がしたわけです。

LEEで物足りない方は、一度お試しあれ。

さてと・・・私は死ななかったので、これを通販で仕入れてエネゴリ君に食べさせ、死ぬかどうか確かめてみようっと。あせあせ



              人気ブログランキング